お問い合わせ
会社概要 ソフトウェア 開発ブログ サポート

« 2004年01月 | メイン | 2004年03月 »

2004年02月26日

HepCat feed:で登録

feed:http://hogehoge.com
のようなリンクをクリックすると、HepCatのFeed追加画面が立ち上がるようになりました。

設定で、関連付けの作業をする事でHepCatが立ち上がるように登録出来ます。


もう登録されてるかもしれませんが、
このサイトのAtomフィード
でお試しください。

このバージョンには、
報告いただいた、HTML表示のバグ修正も含まれます。(報告ありがとうございます)

投稿者 BlogWrite担当 : 08:02 | コメント (3) | トラックバック

2004年02月20日

HepCat 便利な機能~Tip1

要約一覧やRSSのツリー表示の立体的になっている部分、またブラウザーのツールバーの空きスペースをダブルクリックすると、レイアウトを瞬時に変更できます。
例えば、ツリー表示のバーをダブルクリックすると、要約一覧の表示・非表示を切り替えられます。
ツールバーの空きをダブルクリックすると、ブラウザー領域が大きくなります。

投稿者 BlogWrite担当 : 06:08 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月18日

HepCat Beta9 RSSやATOMで整形表示

RSS/Atom リーダーのHepCat更新しました。

要望頂いた、
content:encodedに対応し、RSSやATOMで段落表示や画像などが表示されるようになりました。

また、同じく要望頂いた「バージョンアップ時に登録したアイテムをデフォルトの登録内容で上書きしない」ようにインストーラーの設定をしました。(せっかく登録したのに、上書きで消えてしまった方、すみませんでした。)

あと、「はてな」や2chへの対応ですが、これはRSS/ATOMリーダーで対応するものではなく、何らかのレイヤー層で行うものであると考えます。

つまり、2chの場合、情報を取得してRSS形式に変換するサービスと連携してRSSリーダーでRSSを取得する、という形がベストと考えます。
あるいは、2chに特化した2chブラウザを使用するのが機能的にも満足できるものと考えます。
また、いつ2chがRSSを出力するか分かりませんし。

はてなのほうも同様ですが、すでに一部のはてなダイアリーではRSSを直接配信しているようです。

例えば、
ここなどで、HepCatのメニューの、「ツール」ー>「表示ページからフィードを探す」を実行してみてください。

投稿者 BlogWrite担当 : 18:35 | コメント (5) | トラックバック

2004年02月15日

Atom Auto Discovery テスト スイート

Auto Discoveryとは、通常のHTMLのウェッブページ内にRSSやAtomへのリンクを埋め込んでおいて、それを種々のアプリケーションが見つけて利用できるようにするための決まり事(仕様)です。

Atom autodiscovery test suite でこの仕様に対応しているかどうかテストできます。

HepCatは、XHTML1.0とHTML4のそれぞれ56のテストにすべてパスしました。
拡張子がRSSやRSF、XMLなどのリンクも探すので、これでおそらくまずほとんどのRSSとAtomフィードを発見出来るでしょう。

ただ、今回はXHTML1.1のテストは確認できませんでした。
というのも、IEの「MIMEタイプが『Content-Type: application/xhtml+xml』のものをダウンロード(保存)しようとする」という習性(バグ)のため。

「ツール」ー>「表示ページからフィードを探す」でAuto Discoveryを試すことが出来ます。

投稿者 BlogWrite担当 : 05:13 | コメント (0) | トラックバック

HepCat Beta8 公開

このままだと、Beta16
などとなってしまいそうですが、どうか辛抱強くお付き合いください。

今回の修正点、追加点は以下の通りです。

1.ヘルプを添付した。
インストールするとヘルプが入ります。まだ非常に簡単な物でしかありませんが、記事の閲覧方法やRSS、Atomの追加方法を説明しています。

2.表示中のページからRSSなどを発見する(Auto-Discovery)機能を大幅に見直し+α。フィードを複数検出した場合などに対応するため選択式にしました。

実際には、Auto-Discoveryだけでなく、ページ中の「.XML」や「.RDF」の拡張子で終わるリンクも対象にしています。

その他にも、細かいバグ修正をしています。

投稿者 BlogWrite担当 : 00:04 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月12日

RSSの添付と自動巡回とサーバー負荷

Hail2Uさんのブログ
RSSリーダーがRSSを取得する際、RSSの更新時間を元にRSSを新たに取得するかどうかのお話。
更新してなければ何もしないので、RSSを配信しているサーバーに余計な負担をかけない。

IM::Memo(InfoMakerさん)のブログ
RSSリーダ頒布時にRSSフィードをデフォルトで入れる事の問題点。

どちらもサーバーへの負荷への配慮についてです。

HepCat作成しながら、頭の隅で考えつつ、今回は特に考えさせられました。

実はHepCatに自動巡回の機能を未だに実装していないのはそのためでもあります。個人的にも好きではありません。

安易に自動巡回1分おきなどとされたら、ちょっと問題です。しかし利便性を考えると自動巡回もせざるを得ないので、最短でも30分間隔は置かないと自動巡回しないように作りたいと思っています。


RSSリーダー頒布時に大量のフィードを入れる事の是非ですが、これは難しい問題ですね。ユーザーの利便性を考えると...

とりあえず、RSSフィードは登録されてるが、デフォルトではオフになっていて意識してオンにしないとRSSを取得しない、などの工夫が必要かもしれません。また、OPMLファイルにして、任意に追加できるようにするのが良いかもしれません。

追記:
はてさて、トラックバックはどう送るんだっけ(笑

投稿者 BlogWrite担当 : 22:15 | コメント (0) | トラックバック

HepCat beta7

HepCat Beta7 公開。

そろそろ、Last-Modified をHepCatでチェックしても良いかな..と思ったので。今回ヘッダーにIf-Modified-Since を入れた。

ダイアルアップなど、通信が遅い環境では多少早く感じると思います。
あと、相手サーバーにすこし優しい。

RSSフィードをいくつか提供してもらってるHail2Uさんの所でも、
RSSにLast-Modifiedヘッダを付けてみる ともある。

しかし、Last-Modifiedを吐いてくれるところばかりではないのが...

(例えば怠け者の自分が作った某所のCGIとか)

投稿者 BlogWrite担当 : 10:30 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月07日

HepCat beta5

HepCat Beta5公開しました。
同じBeta5でも二回ほど更新してます。


追加、変更は新着記事数の表示まわり:
新着数を次回まで記憶等です。
あと、細かい所...

投稿者 BlogWrite担当 : 17:17 | コメント (0) | トラックバック