お問い合わせ
会社概要 ソフトウェア 開発ブログ サポート

« 2004年04月 | メイン | 2004年06月 »

2004年05月30日

BlogTune...もとい、BlogWrite ベータ公開

HepSter(コードネーム)BlogTune... としてきた、Blogエディタ(Blogクライアント、XML-RPCクライアント)、 名前変えました。すみません。 新しい名前、

BlogWrite

- まだ作りが粗いですがベータ版正式に公開します。

BlogWriteの方はしばらく寝かせて、HepCatの方を少し更新しようかと思います。

あ、ちなみにHepCatをすでにご購入の方は無料、BlogWrite正式版公開後は両方買うと2千円、BlogWrite単体では1500円となるかもしれません。
あと、基本機能だけは無料でつかっていただけるようにもしようかとおもっています。

投稿者 BlogWrite担当 : 20:30 | コメント (6) | トラックバック

2004年05月24日

WYSIWYG編集のBlogTune

Blogクライアント「BlogTune」ベータプレビュー、密かに4度目の更新です。

ドリームウィ-バーや、ホームページビルダーのように「WYSIWYG」編集できるようになりました。 「WYSIWYG」とは、「What you see is what you get」の頭文字をとったもので、意味はそのまま「見たとおりのものが出来上がる」編集モードのことを指します。

テキストエディタでの入力が好きな方も、タグ打つのが苦手な方もまったく問題なくお使いになれると思います。

21:35 2004/05/24追記

5度目の更新。
書き忘れましたが、MovableTypeとココログやブログ人で使われているTypePadは同じ人が作ったもので、基本的には同じなので、おそらく使えると思います。試してませんが...。

テスト用のアカウント貸してくださいませんか?->中の人?

投稿者 BlogWrite担当 : 17:49 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月22日

検索結果をRSS/Atomで取得できる検索エンジン


検索結果をRSSまたはAtomで取得できる検索エンジン
http://www.findforward.com/

FindForwardとBulkfeedsFeedbackとの違いは、FindForwardは検索範囲が通常の検索エンジンと同じであるという事。

通常のサイトも結果に現れますので、BulkfeedsやFeedbackとの使い分けが出来ます。FindForwardは、機能多彩で、GoogleAPIを利用しているようです。「Only Japanese」として日本語の検索結果だけ絞り込むことも出来ますが、今日現在、ちょっと怪しい...例えば、「XMLエディタ」で検索すると初めは良いのですが、「Next」をクリックして次のページへ行くと、「XMLエチE??タ」に変わってしまいます。

それでも、サイトのサムネール表示など便利な機能がありますので、お勧めかもしれません。


HepCatにRSSを取り込むには、トップページからキーワードを入力して、プルダウンメニューで、「Get RSS」、または「Get Atom」を選択し、「Find」ボタンを押して出てきたページのURLをコピーして、HepCatの「RSS/Atomの新規追加」を行なってください。

投稿者 BlogWrite担当 : 22:25 | コメント (0) | トラックバック

Blogエディタ 「BlogTune」

BlogTune

- Blogging Client - aka "Blog Editor"

BlogTune

Blogエディタ「BlogTune」を詳しい方向けに密かにベータプレビューします。

BlogTuneは現在ベータ版です。

このベータ版では、

  • 機能面のみ実装しており、細かい設定の保存等はしていません。
  • MovableTypeでのみ検証しています。それ以外では確認しておりません。
  • MovableTypeに特化した機能も使っていますのでそれ以外ではエラーが出ます。
  • 重要な機能が(まだ)実装されていません。
    例)ファイルのアップロードUpdatePingの送信
  • 細かい機能が(まだ)実装されていません。
    例)HTMLコードの入力支援、フォーマット機能
  • 便利な機能が(まだ)実装されていません。
    例)サムネイルの作成
  • カスタマイズなどは(まだ)できません。
    例)フォントサイズ、エディタオプション設定の変更等
  • ヘルプなどの説明や文書がありません。
  • エラーが起きるかもしれません。
  • 大幅な仕様変更があるかもしれません。
  • 6月20日以降、使えなくなります。
  • 自己責任でのご利用、評価のほどお願いします。

簡単な説明を要すると思われる機能

  • Ctrl+Iで自動補完
  • Ctrl+SpaceでHTMLコードなどの補完候補
  • 「投稿」は、再構築なしでの投稿。
    これは、MTの作者の方の意向です。 投稿で下書き状態にするには、設定ファイル(mt.cfg)に
    NoPublishMeansDraft 1
    を追加する必要があります。
  • 「投稿&公開」で、再構築されて公開されます。

ダウンロード (1.02MB zip)

お問い合わせ:info@witha.jp


12:51 2004/05/23 追記

一部ペースト出来ない不具合、Delete効かない不具合解消。ご指摘大感謝。
ファイルのアップデート機能追加。

投稿者 BlogWrite担当 : 11:09 | コメント (2) | トラックバック

2004年05月21日

RSSリーダーでメール、RSSで映像配信

BulkFeedで発見、RSS < - > Email 経由、


MailFeed
MailFeed is a PHP script that checks a POP3, IMAP, or NNTP mailbox on demand and returns an RSS feed containing the messages in the mailbox.
(MailFeedとは、POP3、IMAP、NMTPのメールボックスを要求に応じて問い合わせ、メールボックス内のメッセージをRSSフィードにして返してくれるPHPのスクリプトです。)

RSSMail
Use RSSMail to access the contents of your IMAP inbox via RSS in an aggregator, web page, etc. Fill out the form below and RSSMail will check to make sure that it can access your mailbox and, if it can, will give you the URL of an RSS feed.)

RSSリーダーがメーラーを包含してしまう、という事を可能にするスクリプト。メーラーにRSSリーダーを統合するという従来の概念とはちょっとちがく。RSSリーダーの進化の余地はまだまだたくさんありそうです。(セキュリティ対策が大変だ)

同じページのO'reillyのサイトへのリンク先には、


「At the Walt Disney Company, we’ve seen aggressive adoption of RSS over a diverse set of applications, both internal and external.」
ウォルトデズニー社では、RSSは内部的にも対外的にも種々のアプリケーションによって採用されてきた。
中略ー
「Internally, we are also leveraging RSS as a means of collaboration and communication for our software engineering teams. All engineers maintain blogs and use NewsAggregators to track tasks, projects, and new technology. In addition, we are tracking changes on our Wiki via RSS.」
内部的には、全てのエンジニアはBlogツールを持ち、プロジェクトやタスク管理(工程チェック)に利用したり、Wikiの更新をRSSによってチェックしています。
中略ー
「Our most interesting use of RSS today is in its use as the backbone for the Motion content distribution network.
This network uses idle bandwidth to serve large media assets across the Internet for ESPN, ABC, Movies.com, and others.」
昨今の最も興味深いRSSの用いられ方として、動画コンテンツの配信ネットワークとしての用いられ方です。このネットワークはアイドル中の大域を用いて大容量のメディアをインターネットを通して、ESPN, ABC, Movies.com, 他などに配信されます。

なるほどなるほど...

投稿者 BlogWrite担当 : 09:05 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月18日

Atom API vs XML-RPC

Blogエディタを開発中であるわけなのですが、 (このエントリーもそのBlogエディタで書いているのは秘密です)結局AtomAPIではなく今の所はXML-RPCでいこうかと思います。 本来はAtomAPIで行きたかったのですが、これや諸般の理由により AtomAPIの実装はとりあえず断念します。

以降、何かの足しになればと思い公開するものであり、技術的詳細やら長話に興味がない方には申し訳ありませんが あまり興味のある話ではないかと思いますのでご了解ください。 (とか言いつつ、Blogエディタのテストがしたいだけじゃないのかという話も聞こえる)

改めてですが、Blog本体と通信し更新などの処理を行なう方法で今現在一般的なのは、XML-RPCと言われるものです。 大抵の(と言っても少ない)BlogエディタはXML-RPCで実装されていて、クライアントソフトウェアーサーバー間の 通信にXML-RPCが用いられています。

しかし、個人的に前からどうせ作るのならXML-RPCではなく、Atom APIでと思い一人去年から騒いで (..) (..) いたのには理由があります。

Blog関連に絞ったウェッブ上のリソース管理パブリッシングプロトコル(長い)として非常に強力であると認識したと同時に 現行の方法では解決できない問題を幾つか解消しつつ新しい機能を実装できるからです。 以下、つらつらとAtomAPIについて、またXML-PRCとの簡単な比較などつらつらと書いて見ます。

国際化について

・XML-RPC
ちょっと前まで、仕様により文字列に日本語などのマルチバイトを使用出来なかった。 また、日付のタイムゾーンの指定が仕様で明示的に禁止されているため、混乱が起きやすい。
・ATOM API
多分問題なし。

拡張性について

・XML-RPC
データ型の規定が存在する。利用できるメソッドを指定できる。 そのため、汎用性があるが、拡張性に乏しい。 元々は名前が示す通り、リモート呼び出し手続きに利用される。
・ATOM API
ウェッブコンテンツ更新等のために今現在裁定されつつある新しい規格。 名前空間を利用したりして、拡張するのが容易。

セキュリティについて

・XML-RPC
セキュリティ特に決められていない(?)。 今現在、Blogなどを更新するケースでは、パスワード自体が(暗号化せずに)平文で送信される。 (ブラウザーでの更新も同じ)
・ATOM API
SHA1で生成した、160ビットのハッシュ値を送るため安全性が高い。 生成されたハッシュ値からパスワードを得るのは現在の所、不可能。


より細かい比較、というかAtomの利点については、本家SixApart社のページ(英文)を参照ください。 Why We Need Echo (EchoとはAtomの旧名)

付け加えるべき利点といえば、もうだいぶ解消されてきた模様ですが、 TrackBackの文字化けも、対症療法ではなく原因から根本的に解消されます。

ずいぶん前に書いたATOM関連のエントリー
Atom and Its API

更新PingやTrackBackPingが実装されてればそれでBlog完全対応!で終わらせられるのがちょっぴり 残念で、出来れば多くのBlog関連のサービスやツールが、少なくともXML-RPC、できればAtomAPIの実装にも 力を入れていただきたいと思うこのごろでした。




投稿者 BlogWrite担当 : 17:55 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月14日

BlogWriteFreeのテスト

中央

左よせ

右寄せ


太字

アンダーライン

イタリック

  1. ナンバリング

・・引用

色つきデカ字

背景色と文字色

投稿者 BlogWrite担当 : 00:47 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月08日

RSSリーダー開発者の悩み

「不適切なRSS Feed」
という記事を見つけ、同じくRSSリーダーの開発者として興味深く読ませていただきました。

サポートフォーラムでの話題
と絡んでくるお話で、微妙で悩ましい話です。

HTMLでのタグの乱立から、ブラウザー戦争、変なHTMLページ乱立の後、標準化の動きが盛り上がったという歴史的経過から学ぶと、安易に仕様外の独自、または明らかな間違いに無理やり対処するのは結果として良くないのではないかと思っています。

ただ、短期的にみた利用者の利便性だけを考えると難しい所があるのですよね...。悩ましい...。

今の所、HepCatは記事中にあるいわゆる前者、


RSS Feedを厳密に解釈し、仕様に書いていない要素などは無視する

方針で、かつ、仕様の範囲内でならある程度カバーするようにしています(つまりちょっと緩め)。
また、取得するRSSのデータ形式(日付形式など)を信頼しすぎないようにもしています。


しかし現実的には、サポートフォーラムでの話題にもあるように、仕様を曲げて、利便性をとって欲しいといったご意見もあり...

あぁ、頭が痛いです。

投稿者 BlogWrite担当 : 15:30 | コメント (2) | トラックバック

HepCat1.0.7

1.0.7

今回までの変更点は、

・セキュリティのオプション追加
・フォントのオプション追加(お電話ありがとうございましたm(_'_)m)
・記事要約が無かったら記事一覧のシングルクリックでも、ページに飛ぶオプション追加
・他(マウスホウィ-ル回転でタブ移動の方向逆にしたとか...)、です。

Ver2 になったら、インターフェースをオーバーホールして、
内部的にもごっそりDBエンジンを変更するかもしれません。

投稿者 BlogWrite担当 : 12:47 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月02日

HepCat 1.0.1(コメントエディタ&履歴管理とか)

HepCatを1.0.1に更新しました。

内容は、

○コメント管理機能
コメントをしたサイトのアドレスと内容を保存、管理します。
(コメントエディタとしても使えると思います)
○古い記事は残さないオプション
一度に100件以上の新着記事あるようなサイトで、処理が遅くならないようにするため。
○新着件数を表示する
フォルダまたは、全更新をかけた後に新着記事数をPOPUPバルーンでお知らせします。
○ログ削除
アイテムのログを削除します。
○TreeViewのアイテムのドラッグ&ドロップ移動(上下移動)


などです。

投稿者 BlogWrite担当 : 15:01 | コメント (0) | トラックバック