お問い合わせ
会社概要 ソフトウェア 開発ブログ サポート

« 2004年12月 | メイン | 2005年02月 »

2005年01月31日

Yahoo! Japanがブログを提供開始

Yahoo! Japan Blogs

やっと(今さらとも言う...)、Yahoo! Japanがブログを提供開始した模様です(Mixi経由)。今現在重すぎてほとんどアクセス不可能ですが...。


かろうじて読めたFAQなどによると、トラックバックやRSS配信などの機能は一通りあるようだけれど、CSSによるカスタマイズ、JavaScriptの利用可・不可、XML-RPCやAtomAPIによる通信、または各スタンダード準拠等等々に関してはまだ不明です。

追記:上記どれもダメな模様。

投稿者 BlogWrite担当 : 17:52 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月28日

MixCast Live for Podcasting

Blogarithms ≫ Client-Side Podcasting Apps(IT Conversationsの中の人)経由。

Podcasting作成用のソフト「MixCast」デモ動画(英語ですけど...)を見ることが出来ます。

簡単に言うと、このソフトはDJが使うミキサーのPodcaster版という感じ。

音楽や効果音、フェード効果などを操作できて、MP3を生成してくれるというモノ。Podcast用の”Show”が簡単に作れるという訳です。

詳細なオプションなどが設定出来て、本格的にやりたい、こだわりのある人には、面白いんじゃないかと思います。

Podcasting - ポッドキャスティングについて

投稿者 BlogWrite担当 : 22:08 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月26日

MTパッチあて作業

先ほどSixApartさんからの情報が某SNSで流れて知りました。(まさかと思いました^^;なぜにmixi?いや早く知る事ができたから良かったのですが...ブログのRSS・Atom経由より早かった...笑)

【重要】 Movable Typeの脆弱性と対策について

ウィザシステムにて、MTを使ってウェブサイトを構築させていただきました、某社と某社の担当者様へ。現在対応を進めておりますは済みましたのでご安心ください。

これからこのブログにもパッチをあてなくてはました...。もう深夜...。

投稿者 BlogWrite担当 : 00:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月25日

NHKの「特報首都圏」とブログの信頼性

先日NHKで「特報首都圏」という番組が放映されました。何とか後半半分ぐらいを見ることが出来たのですが、見ながら「これは問題になる」と思いました。
そこで、注意してブログ界の反応を見ていたのですが...

やはり問題となっていたようで、以下のブログで、出演された当事者の方が、補足説明をし改めて誤解である事、NHK側のミスであることを説明されています。良かった。
放映されて・・・
特報首都圏についての意見と反省点
しかしながら、問題を取り上げたのが、匿名掲示板2チャンネルだったというのが、非常に残念です。

そもそも、何が問題であるかというと、NHKの番組では、「主婦達が特定の映画配信会社から金銭的見返りを受けて、映画の好意的なレビューをブログに書き、口コミとして広める請負をしている」という報道のされかたをしていたのです。今回は、これが事実と異なり金銭的授受は無かったとの事。

分かりやすく今回の問題点を解説していらっしゃるブログがあります。

記事というのは、金銭的に見返りを受けた「広告」なのか、第三者的公正なレビューなのかでまったく、受け取り方が違ってきます。同じ新聞紙面に載っている記事でも広告と記事自体では、まったく異なるのと同じです。その違いが読者に隠されていたとすれば、問題となるわけです。

アメリカでは真っ先にこうした事は議論の対象となり、例えば先のBloggerConIIIの「Making Money」セッションや、つい最近のハーバード大学での「Blogging, Journalism & Credibility」と呼ばれるカンファレンスでの議題「ブロガーは自分たちの収入源を開示すべきだろうか?」といった例にもあげられるように、非常に重要視されます。

お金をもらって宣伝することにネガティブな意見をお持ちの方は、「ブログ=日記」というとらえ方をメインに持っておられるからだろうと思います。「ブログ=メディア」というとらえ方であれば広告や宣伝行為は許容されるでしょうから。あくまでも個人的な意見として。
というご意見の方もいらっしゃいますが、今回はお金をもらって宣伝することにネガティブな意見があるわけではなく、その手法が問題となった訳です。さらに、もし「ブログ=メディア」なのでしたら、より深刻な問題となります。逆に言えばブログがメディアの一つとなる事は日本においてはありえない、という事になります。(追記:つまり、もし個人の立場で書いたと称するブログの記事に「広告」の一文も明示せずに金銭的対価を得て記事を書くような事がまかり通れば、それば決してメディアとはなりえないだろう、という意味です。個人サイトのAmazonアフィリエイトやGoogleのAdSense程度だと目くじら立てるほどのことではないかと思いますが)。さらに本当にメディアであるとすれば、公正広告なんとかに抵触する可能性するあるんじゃないかと思います。(追記:今回の件は別、適用外です。念のため)

こういった事を機会に、日本でもこういった事が、もっと表舞台(ブログとかカンフェレンス)でちゃんと議論されると良いなと思います。

今回に関しては、間違って報道したNHK、こういった問題に無知、無関心なNHKに全ての責任があるかと思いますが...。

追記(2005/05/02):
CNet Japan で記事になった模様

投稿者 BlogWrite担当 : 15:24 | コメント (9) | トラックバック

Podcasting対応ブログサービス?

Podcasting出来るブログサービス「おとみみ」(詳細未調査)が出てきたようですね...。

前に書いたエントリにトラックバックいただきまして、教えていただきました。(はじめは宣伝スパムか?とか思いかけたのですが、こういうのはぜんぜんOKだったりします。)

ともかく、人気Podcasterとかどんどん出てくると面白そうですね。
まだ、登録作品数 9、総会員数 13とかだったりしますが...。


追記:こんなのも。VOICE BLOG PORTAL - Podcasting対応/声によるウェブログ - ケロログ

投稿者 BlogWrite担当 : 04:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月24日

某業界の話

某業界の話なのですが...。
現在、ある業種で使われる業務ソフトを特定の一業務ソフトに絞り、業界団体として会員企業に利用を推奨して行こうという動きがあります。
その理由は、より良いソフトを低価格で利用したい、という事のようです。つまり、団体会員企業に大量導入する代わりに、市場価格の6割、7割引きで市販のソフトを購入し利用出来るだろうという計算かと思われます。

具体的な事を批判や反対するつもりはまったく無いのですが、しかし、ここには考慮すべき問題があります。

結論から言うと、この動きは中長期的に見てソフトを利用する消費者の利益に結びつかないのではないか、という事です。

特定のソフトが、その市場を独占に近い形で広まった場合、そのソフトは市場原理の競争にさらされません。そうなると、その業務ソフトは、より良い機能や新しい機能を追加する必要がなくなってしまいます。さらに価格も市場価格を意識する必要もなくなり、最終的に値段の設定もベンダーの意のままとなります。

ソフトの販売価格を、市場の原理を無視した低価格の設定にすることにより、ソフトベンダーは長期的な利益を得るために別の方法で収入を考えなくてはなりません。つまり売り切りで一時的に収入は入りますが、独占に達した段階で売り上げはパタッと止まります。ベンダーは継続してやっていくために、例えばサブスクリプション形式、つまり、ソフトの利用料を徴収しなければなりません。
業界がやろうとしているのは、まさにこれです。これは、いわゆる「ひも付き」です。業務ソフトですから簡単には他のソフトに乗り換えるのが難しいわけですから、5年も使えば、月々の利用料は相当なものになります。結局利用者は、市場価格で買うよりも高額な買い物をする事になります。しかも独占状態で他のソフトが蹴散らされた結果、利用者は選択の自由もなくなります。そのソフトを使い続けるしかなくなるのです。

価格だけではなく、市場を破壊してしまう事によって、その業界のソフトの発展も改良も進歩もなくなるわけで、結果として利用者の不利益となります。

では、なにをすべきか。
自由競争を促進し市場の原理にゆだねる事です。具体的にどうすれば自由競争を促進できるのか。
それは、情報をオープンにする事です。

業界団体として、良い業務ソフトの基準を設け、各種ソフトを集約し、評価し、それを一般に公開し情報を提供していく事などが考えられます(例えば価格.comのように)。 どのソフトを使うかは市場の原理、ニーズに任せ、より市場を活性化させる事を目指すのが良いと思います。

なぜかというと、なぜ独占禁止法が存在するのか、という理由と同じです。

ITの世界では常識なので、これをお読みになった一部の方は、「何を今さら」と思う方もいらっしゃるかもしれません。マイクロソフト対米司法省、日本の公正取引委員会の件、他にも、独占的ファイルフォーマット、ファイルシステム、ブラウザー戦争、Windowsに音楽プレーヤーをバンドルさせた件の裁判...ETC
そして、その結果こうむったさまざまの不利益をユーザとして実際に体験しています。

しかし、他業界に身を置くと中々気がつきにくい事なのかもしれません。また当事者であると見えにくい事も外部から見ると別の視点が見えるだけかもしれません。
という事で、第三者的立場として、一傍観者として、全体の利益を考え、一応私個人の意見を述べさせていただきました。(関係者の方たちへ^^;)

投稿者 BlogWrite担当 : 22:59 | コメント (0) | トラックバック

AtomAPI.com is FREE

atomapi.com is FREE
だそうです。

OpenDomain.Orgというところが提供していて、基本的な規約に同意すれば、ドメイン名を無料で使えるとの事...。

日本語のリソースが少ないため、AtomAPIの日本語メーリングリストか何か(Google Groupとか)作ろうかと思いましたが、私自身がAtomAPIを利用したアプリケーションを開発している関係上、もし私が管理運営すると、参加しにくいと感じる方もいらっしゃるのではないかと思います。ドメインも無料で使えるし。どなたかやりませんか?^^;

ええただ言ってみただけです。ハイ。

ちなみに、SoftwareDesignに寄稿したAtom記事の元原稿も、ある程度期日が過ぎ許可をいただいたらWeb上で公開するつもりです。

追記:rssatom.comなんかも無料ですねー。他にも、AtomBlog.Org、AtomXml.Com、AtomProject.Net、AtomBlog.Com、AtomWiki.Net...

投稿者 BlogWrite担当 : 20:39 | コメント (5) | トラックバック

2005年01月19日

[Witha]人材募集..?

こんな所で突然ですが、人材募集するかもしれません。
今現在、不動産業務ソフトの開発が大詰めになっていて、さらに私勝手プロジェクト「ブログ作成請負、RSSリーダ、ブログクライアント開発」と暴走中のため^^;、恐らく、以下のような募集になるかも知れません。

・業務アプリケーション開発補助
C/C++(Borland)によるDB開発経験者

・Webサービス開発他
PerlによるWebアプリ開発経験者

WWWに関する知識と、XML(DOM、XSLT、XML Schema)必須

詳細は未定ですが...。上記以外でも一緒に働きたいと仰る奇特な方歓迎;-)

投稿者 BlogWrite担当 : 17:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月18日

BlogClient 1.0 - Java AtomAPI クライアントライブラリ

AtomAPIネタ連発気味ですが...
たった今入ったAtomのMLのメールによると、JavaによるAtomAPIの実験的なクライアント用のライブラリが公開されたそうです。ライブラリとしてAtomAPIのツールが公開されたのは初めてでしょうか...?
ちなみに、XML-RPC(MetaWeblogAPIとBloggerAPI)にも対応しているとか。

Java使いの方はこれを使って簡単にAtomAPIでアレやコレや出来るのではないでしょうか。

投稿者 BlogWrite担当 : 19:40 | コメント (2) | トラックバック

FotolifeのAtomAPI実装が発表

FotolifeのAtomAPIが発表されました!

某所でチラッとアルファギークと呼ばれる方(笑)が洩らしていましたが、早くもリリースということで、素晴らしい。

詳しくは上記リンク先を見ていただくとして、Fotolifeは、はてなの運営するオンライン写真ギャラリーで、今回AtomAPIが実装された事により、さまざまなクライアントソフト、例えば、デジカメの写真管理ソフトや画像管理ツールとの連携が考えられます。

実際、海外ではつい最近も、BloggerのAtomAPIを利用した、デジカメの写真管理ソフトが発売されています。 このPhotoLightningというソフトは、AtomAPIにより、Bloggerと連携し、簡単にBloggerでフォトブログを作成できるようになっています。他にも、Blogger(Google)が買収した、Picasaというクールな画像管理ソフトも非常にうまくBloggerとの連携がなされています。

日本でも、この機会に上記のソフトに負けないクールなソフトが出てくる事を期待しています。

詳細についてはまた後ほど...(BlogWriteからの投稿等も検討してみます)

追記:AtomAPIとは何ぞやという方は、本屋さんへGO。まだSoftwareDesignのAtom特集があるはずです。

追追記:
はてなダイアリーのAtom対応については順次開発予定」だそうです!!!
す、す、素晴らしい!

追追追記:2005/03/05
Atom特集記事オンライン公開しました。
解説 Atom - Atomとは何か: RSSやXML-RPCとの比較、AtomAPIの使い方まで

投稿者 BlogWrite担当 : 18:01 | コメント (0) | トラックバック

BlogWriteが使えるブログ

突然ですが、BlogWriteが使える、ブログのサービスやツールって結局どれくらいあるのでしょうか...。

とりあえず、XML-RPC(BloggerAPI/MetaWeblogAPI/MovableTypeAPI)またはAtomAPIでの投稿に対応しているブログの種類は把握している限り、以下の通りなのですが、詳細が不明なのが以外に多いのです。

[サービス系]
TypePad
ココログ
ブログ人
livedoor Blog
OCN ラブログ
Blogger
News-Handler
Seesaa Blog
SweetBox Blog
NetLaputa Blog
269g(コメント参照)
LiveJournal?(未確認)

[ツール系]
MovableType
Wordpress
sb
Blosxom(BXRプラグインで対応)
Blojsom(可能だが詳細不明)
pplog2(可能だがエンドポイント不明)
Drupal(可能だが詳細不明)
Xoops(可能だが詳細不明)
COREBlog(可能だが詳細不明)
Nucleus(チト難あり)
tDiary(将来的に?)


今、BlogWriteのアカウント作成の所を組んでいて気になったので、「もっとあるぞ」とご存知の方がいらっしゃれば教えてください。確かLivedoor Blogはどこか他でも使われてるような気がするし、Seesaa Blogも結構色々な所で使われていそうです。
あと、可能なのは知っているのだけど、XML-RPCのエンドポイントが分からない等の詳細が不明なツールに、開発者の方やご存知の方に補足を入れていただければ嬉しいです。m(_'_)m

投稿者 BlogWrite担当 : 15:16 | コメント (7) | トラックバック

2005年01月16日

BlogWriteIIの近況

御報告が遅れまして申し訳ないです。

BlogWriteIIの出来は、今の所こんな感じです。(下の画像クリックで拡大)
BlogWriteIIアルファ(クリック拡大)
ご覧のように、多くの方が馴染んでいると思われるメーラタイプの3ペインで、複数エディタを開けるようにしています。

残念ながら、まだ公開する段階ではありませんが、比較的近いうちにベータを公開できると思います。ともかく、現バージョンの数倍良いモノにしたいと思っています。

公開の際には、また皆様のお世話になると思いますがどうか宜しくお願いいたします。

投稿者 BlogWrite担当 : 10:10 | コメント (0) | トラックバック