お問い合わせ
会社概要 ソフトウェア 開発ブログ サポート

« 2005年01月 | メイン | 2005年03月 »

2005年02月28日

不動産情報とXML

今日はちょっとお呼ばれして某大手不動産情報サイトさんの会社に行ってきました。
私ドモが一年以上前から業界に提案していた、不動産の物件情報のXMLによる標準化という動きが少し実現の方向へ向かいそうであります。

個人的には、BlogWriteでも使っている(技術評論社のAtomAPI記事にも書いた)Atom Publishing Protocolに不動産情報をのせてやり取りすればいいじゃんと思ってたりします。ハイ。

儲かりもしない事ですが、喜んで参加するつもりではおります。

不動産情報の流通という事で、現状の問題点:

■一般の不動産会社にとって各種情報サイトに物件情報を登録するのはかなりの負担。
結果として:
 ◇古い情報が残ったまま
 ◇タイムリーに情報が届かない
 ◇そもそも登録しないー>客が来ない

つまり、「一々サイト毎に一つ一つ物件情報を入力して、一々チェックしてられねーよ」という事であります。
でも、それでは客としても不便ですし、不動産業者も困る。

解決策:
  • 不動産物件の管理ソフトウェアのデータを情報サイトのデータを連携させればいーじゃんBlogWriteでやってるみたいに

よってXML(それ以外のフォーマットは考えられない)によりデータフォーマットを決定し、誰でも使えるように各種不動産物件管理ソフト等と各種不動産情報サイト等での共通の仕様として策定しようではないか。

という事だったりします。この仕組みはBlogWriteが記事を投稿、削除、更新するのとまったく同じ流れであり、項目は違えど、必要とされる機能は同じです。海外では1998年当時より不動産情報を扱う、XMLによる規格が既に存在していたりします。

また既に規格の仕様書として私の作成した(三日ででっち上げた)XMLスキーマとDTDの定義は済んでおり、後は使うだけなんですが、一人で使ってもしょうが無いですし、そもそもXMLは異種他社混合でのデータ連携に用いるものですから、皆で使わないと意味がありません。

そういった流れで、今回少し表立った動きが始まるのでは、と期待しております。

追記:XMLスキーマですが、某NTTホニャララとか某ホゲホゲで作ると数千万かかるとか....。何故にそんなにかかるのかとっても不明であります。

投稿者 BlogWrite担当 : 19:23 | コメント (1) | トラックバック

2005年02月09日

BlogWriteをご利用の皆様へ(インターフェイスがサポートされていません)

今日付けのWindowsUpodateをなさった方はお気づきかと思いますが、MicroSoftからの月例パッチをあてた後、BlogWriteで「インターフェイスがサポートされていません」というエラーとなってしまう件の御報告を頂き、急遽BlogWriteのアップデート版を公開いたしました。

BlogWrite 130 131(9:48 2005/02/11更新)

お手数をおかけします。m(_'_)m
急遽対応したため、もしバグ等を見つけた方おりましたらぜひお知らせくださるようお願いいたします。

今回のパッチにより、DHTMLコンポーネントが利用不可となったようなので、MSHTMLコンポーネントに変更しました。(いきなりサポート切るの止めてほしい...)

BlogWriteII(次バージョン)は、本当なら今ごろ公開する予定でいましたが、この所何かと忙しくて開発が捗っていません...。個人的には、とっても良いモノが出来つつあるという感じはしているのですが...。あと一、二週間じっくり集中出切れば良いんですけれど...中々そういう時間が取れずにいます。申し訳ないです。
多分今月末から来月頭ぐらいにかけて、完成させられたらと思います。

投稿者 BlogWrite担当 : 21:14 | コメント (0) | トラックバック