お問い合わせ
会社概要 ソフトウェア 開発ブログ サポート

« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月30日

Windows Vistaの悩み

Windows Vistaが発売開始されましたね。実に悩ましいです。

いえ、買うか買わないか、ではなく(Windowsアプリケーション開発者として選択肢はない)、またひとつPCが増えてしまう事…、また開発環境は移行すべきかどうか。

問題のひとつは、今使っているハードウェアではVistaはまともに動作しないので、新たにPC毎新調する必要がある事です。Vistaは去年のBeta2からRC1としばらく使って見ましたが、最低CPU 2GHz以上、メモリ1Gはないとつらい感じです。さらに、複数のアプリケーションを起動して色々するというヘビーな利用するのであれば、メモリは2Gないとつらいです。グラフィックカードもましな物にしないと…。

つまり、いまどきのCPUとメモリを買うー>マザーボードから丸ごと入れ替えー>新調した方が、となり、Vistaの為に一台買わないといけなくなります。今まで利用してたまったく問題のないPCをどうすれば良いのか、というのに悩むのです。まったく問題なくある程度満足しているPCと環境を捨てるのもどうかと思うし、開発環境として取って起きたい…。ノートはすでにXPのがあるし...。

ただでさえ、Windowsアプリ開発用Windowsマシンと、Webアプリ開発用Linuxサーバーに挟まれているのに、Vista用買ったら3方囲まれてしまいます^^ 排熱で茹で上がりそう。

こういう時こそ仮想マシンの出番なのですが、仮想マシン上では確かAeroとか有効にならなかったのでテストにならない上、仮想マシンだけの為にVistaのライセンスが1つ必要なのはなんとも無駄。

で、開発環境で使うマシンはどちらにするか…。個人的には、今までのWindows OSの中ではWindows 2000が一番堅牢でしかも軽い(余計なのがついてない)と思っていて、開発マシンは未だにそれなのです。いずれは移行しなければと思っていますが、なかなか捨てがたいのです、これが。

開発環境は主にDelphi7で行ってきました。しかしVistaではDelphi7は互換性がないアプリケーションに登録されていて、動くには動きますが後々問題になりそうなので、問題なく動くDelphi Studio 2006に移行する事も考えなくてはなりません。Delphi Studio 2006は既に持ってますが、開発環境を移行する、というのは開発者にとっては実はおおごとなんです。

また、エディタで有名な秀丸の開発者の方も、古いWindowsでも動くように、何世代も前の開発環境を使って開発しているらしいですが、私も同様にそういうのも大事だと思っています。

結局私は、Windos2000の起動さえもっと早くなれば、100%それで満足なんですよ!えぇ。

投稿者 BlogWrite担当 : 13:08 | コメント (0) | トラックバック