お問い合わせ
会社概要 ソフトウェア 開発ブログ サポート

« 2007年01月 | メイン | 2007年08月 »

2007年02月26日

Vistaで使うと他で化ける文字

Vistaで変更された例のアレ(詳しくは知らない)で、文字表記にまつわる混乱があるそうですが、今に始まったことではなく、またか、という感じです。

基本的にはどうも、字体の変更なので大きな影響はないよ、という事らしいのですが、一部、事情により、新たな字体が追加され、旧字体に加え、新規に文字が追加されたようです。

http://www.jisc.go.jp/newstopics/2005/040220kanjicode.pdf

表外漢字字体表(1,022字)の一部については、技術的な制約から、新しい漢字として追加を行った。」

実は、これが曲者で、

「漢字は、国際標準であるISOにおいても規格化されている。ISOの規格では、今回新規に追加した文字と既存の文字を別の字として扱っている。したがってISOの規定に合わせるため、10字については追加の規定を行った。」

という上記に該当する、既存文字と追加文字が共存する一部例外の文字に関しては、BlogWriteにおいて(HTMLエディタの方では)入力しただけで化けるようです。もちろん、例え正常に入力出来たとしても、それらの文字を使った場合、XPやそれ以前のパソコンで見ると化けて表示されてしまいます。 (なので、このまま、入力した時点で化けます、という方がBlogWrite的には良いかも)

また、幾つか実験した限りでは、Web上のCGIアプリケーション等でも、これらの文字を入力すると、数値参照に変換されてしまったりという問題も確認しました。

しかし、困ったものです…。一応、変換時に候補一覧を表示させると、「環境依存文字」と表記されるのですが、気をつけていないと、つい間違って使ってしまいそうです。一目では字体の違いがわからない同じ文字が二つ並んでいるのですから…。

投稿者 BlogWrite担当 : 20:39 | コメント (0) | トラックバック

中・長期的なBlogWrite展望について

幾つか案があります。

(1)外部WebサービスAPIの連携拡大

画像共有サイト
Flickr
フォト蔵
はてなフォトライフ

動画共有サイト
AmebaVision
YouTube

*動画共有サイトでは現状、投稿用APIは無いようなので、今の所対応は出来ないが、動向は注目しています。

ストレージサービス
Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)
Google Base

アフィリエイトサービス
Amazonアソシエイト・プログラム

特定業務系サービス
REPS

以上、これらの外部サービスとAPIを通じて連携する事が可能になった今、とても面白いものが出来ると思っています。XMLによって有機的に異なるサービスが連携する時がついに来たか、という感じです。BlogWriteはそれらを自在につまみ食いする蛸足の(触手があっちこっち伸びる)ようになったらいいなと…

ただし、BlogWriteはver1からver2への移行時に、ユーザーインターフェース的には一変したものの、内部仕様はver1から引きずっている所が多々あり、上記のサービス1つ追加するのも大変な作業となります。(そもそも、3種類のAPIをサポートし、かつ各ブログ毎の違いを吸収するだけでもかなり大変)

必然的に、内部機能をそれぞれモジュール化し、プラグイン形式でブロックみたい必要に応じて、組み合わせて動作するようにするのが理想となります。 (犠牲になる部分もあるのですが)

つまり、またver1からver2の時のように、今度は内部構造をフルスクラッチで作り直し…。それか、いっそのこと、別のアプリケーションにしてしまうか…。

そこで、検討をしなくてはならないもう1つの要素の一つとして、API規格の本命、Atom出版プロトコルの件。

(2)新たな通信規格「Atom出版プロトコル」への対応

 既存のAPIの限界や問題点を踏まえ、IETFで規格化が進んでいるAtom publishing protocol。

恐らくVoxあたりで対応してくるだろうと思われるし、Voxで利用するAPIとしては機能的に最適だとも思う。これも、既存の記事だけでなく、色々な情報が入ってくる為、機能をフルに有効活用するには、BlogWriteの内部的に大幅な変更が必要になりそうです。

という事で、BlogWriteとしてあと一歩踏み出すには、何をするにも、大幅な変更が必要になるという事が判明していて、現在、色々と悶々としている所です。

いずれにしても、あくまで今年の目標なんで、あんまり期待しないでください。

投稿者 BlogWrite担当 : 20:23 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月23日

日本発のソフトが少ないのは

404 Blog Not Found: 日本発のソフトが少ないのは日本がアメリカではないから

これに関しては、昔から色々考えていたので少し言いたい所があります。 私も以前から日本発のソフトウェアはもっと増えて良いのではないか、と考えていました。(自分の事は棚の上の天井に置いておいてw)

で、少ないことの原因を、「日本発のソフトが少ないのは日本人が英語が苦手だから」 というのは、語弊がある、またはほんの一面の中の一部しか説明していないと思う訳です。というのも、

(1)そもそも魅力的なソフトウェアが無い現実
海外でウケルだろうな、とか革新的だ、という日本製のオリジナルなPCソフト、ウェブサービスが思い浮かばない。微妙にセンス(見た目や操作性、求める機能)が違う、例えば笑いのツボが異なるような感じで、何かちょっと違うという事も多い。 それに常に2歩3歩遅れている、黒船到来してから慌ててキャッチアップしてる状態じゃぁ・・・。

(2)海外での展開なんて頭から考えていないケース
あまりにも、日本固有の事情に合わせて便利にしすぎて海外へ持っていけないというのも多い。細かい所こだわって高品質、日本人ユーザーにとっては高機能なんだけど…

(3)日本の大手ソフトウェア開発企業の根源的弊害
政府系の仕事や、天下り団体から随意契約しちゃって、下請け、孫受けに丸投げするだけの大手企業がスーパープログラマを抱え込んでしまって、人材が腐ってる。

(4)ソフト(ウェア)といっても、じゃあゲームソフトは、というのは弾氏が指摘している通りだし。

最後に、弾氏が指摘するように、アメリカをアメリカたらしめている魅力が世界から人材を集め、さらに魅力あるものになっていくというスパイラル。このせいで、多くのソフトウェアがアメリカ発(のように見える)なのでしょう。実際には氏が指摘しているように、結果として有名なソフトウェアを作った人が行き着く所がアメリカ、という事も非常に多い。

だって、アメリカから声がかかったら行きたくなっちゃうでしょw 大抵の人は。で、
>英語を操れないと世界デビューはままならず、そして世界デビューした途端に合州国から声がかかる。このジレンマをどう解決していくか。

これには、日本自体が魅力ある、つまり、声がかかったらつい来たくなる所にする必要がある、という事ではないでしょか。mixiを作った方のように優秀な方が自然と集まってくるような所に…

もちろん、最終的には英語は必要になるし、日本にいても最新動向を追っ掛けたり、基礎技術や規格文書を読むのに、英語(に限らず)読解能力はソフトウェアエンジニアとして有益なことは確かです。

但し、英語さえ出来れば、と考えてしまうと、後で大きなパンチを食らうんじゃないかと思います。英会話なんて後からついてくるもんです。まずは、物とやる気ありき。さあ徹夜だ、違w という事で、あとは若い世代に任せた。

投稿者 BlogWrite担当 : 19:20 | コメント (0) | トラックバック

JUGEMでBlogWriteが利用出来るようになりました

以前からBlogWriteのユーザーの皆様からも要望が多かった、JUGEMでのBlogWriteの利用ですが、投稿API(XML-RPC API)公開について のアナウンスの通り、ついにJUGEMが対応してくれました。

上記リンク先にもありますが、制限事項として、

    * 現在のところAPIのご利用は、1日1000クエリーまでに制限させていただいております。
    * API経由でアップロードできる画像サイズの上限は100KBです。(有料プランも現在は100KBまで・後日対応予定)
    * 子ユーザーでAPIを利用することはできません。

という事で、画像サイズ100KBというのはちょっと痛いですが、1日1000クエリーは問題ないでしょう。

現在、細かい挙動に問題がないか相性確認のテストを行なっております。結果はこのページで御報告致します。

という事で、結果報告:

現状、テストした限り、下記の問題点が判明しています。

(1)改行タグが自動で挿入されてしまい、改行が増えてしまう問題を確認。 (18:18 2007/02/26 修正を確認)
(2)画像(ファイル)のアップロード時、成功しているのだけど、リスポンスの形式が異なる(間違っている?)為、画像URLが取れない。 (18:18 2007/02/26 修正を確認)

他にもあるかも…

追記:
今、報告の返事を頂きました。来週の頭には直ってるかも、期待です!
上記、(1)と(2)の修正確認しました。 

今の所判明した制限事項として、
(3)追記が出来ないのは仕様? (JUGEMだけ固有の制限はシンドイなぁ…) (18:18 2007/02/26追加)
(4)*コメント「受け付ける・受け付けない」 *トラックバック「受け付ける・受け付けない」のオプション指定は出来ない仕様。(18:18 2007/02/26追加)

しかし、動的ページは再構築がない分、BlogWriteからの投稿処理も、相当早く感じますね!

画像等ファイルアップロード時の「metaWeblog.newMediaObject」で、リスポンスが異なる(間違っている?)件。

JUGEMが返すリスポンス:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<methodResponse>
    <params>
        <param>
            <value>
                <string>http://id.img.jugem.jp/20070223_344957.jpg</string>
            </value>
        </param>
    </params>
</methodResponse>

MT等他が返すリスポンス:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<methodResponse>
    <params>
        <param>
            <value>
                <struct>
                    <member>
                        <name>url</name>
                        <value>
                            <string>http://id.img.jugem.jp/20070223_344957.jpg</string>
                        </value>
                    </member>
                </struct>
            </value>
        </param>
    </params>
</methodResponse>

投稿者 BlogWrite担当 : 11:37 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月17日

rimo.tv スクリーンセーバー (for Win)

rimoなんですが、はてなブックマークで見つけた、rimo.tv.screensaverrimo.tv.screensaverとは)をみて、「面白いアイデア! Windows版もちょっとしたら10分ぐらいで作れるんじゃ?」と思って、試しに作ってみました。(実際は1時間ちょっとかかったorz)

動作環境
 Windows (Vistaで確認)

ライセンス
 フリー

ダウンロード
 rimo_tv_screensaver.zip (244KB)

一応、マウス操作の有効・無効を設定できます。

投稿者 BlogWrite担当 : 16:06 | コメント (0) | トラックバック