お問い合わせ
会社概要 ソフトウェア 開発ブログ サポート

« 日本発のソフトが少ないのは | メイン | Vistaで使うと他で化ける文字 »

2007年02月26日

中・長期的なBlogWrite展望について

[ BlogWrite ]

幾つか案があります。

(1)外部WebサービスAPIの連携拡大

画像共有サイト
Flickr
フォト蔵
はてなフォトライフ

動画共有サイト
AmebaVision
YouTube

*動画共有サイトでは現状、投稿用APIは無いようなので、今の所対応は出来ないが、動向は注目しています。

ストレージサービス
Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)
Google Base

アフィリエイトサービス
Amazonアソシエイト・プログラム

特定業務系サービス
REPS

以上、これらの外部サービスとAPIを通じて連携する事が可能になった今、とても面白いものが出来ると思っています。XMLによって有機的に異なるサービスが連携する時がついに来たか、という感じです。BlogWriteはそれらを自在につまみ食いする蛸足の(触手があっちこっち伸びる)ようになったらいいなと…

ただし、BlogWriteはver1からver2への移行時に、ユーザーインターフェース的には一変したものの、内部仕様はver1から引きずっている所が多々あり、上記のサービス1つ追加するのも大変な作業となります。(そもそも、3種類のAPIをサポートし、かつ各ブログ毎の違いを吸収するだけでもかなり大変)

必然的に、内部機能をそれぞれモジュール化し、プラグイン形式でブロックみたい必要に応じて、組み合わせて動作するようにするのが理想となります。 (犠牲になる部分もあるのですが)

つまり、またver1からver2の時のように、今度は内部構造をフルスクラッチで作り直し…。それか、いっそのこと、別のアプリケーションにしてしまうか…。

そこで、検討をしなくてはならないもう1つの要素の一つとして、API規格の本命、Atom出版プロトコルの件。

(2)新たな通信規格「Atom出版プロトコル」への対応

 既存のAPIの限界や問題点を踏まえ、IETFで規格化が進んでいるAtom publishing protocol。

恐らくVoxあたりで対応してくるだろうと思われるし、Voxで利用するAPIとしては機能的に最適だとも思う。これも、既存の記事だけでなく、色々な情報が入ってくる為、機能をフルに有効活用するには、BlogWriteの内部的に大幅な変更が必要になりそうです。

という事で、BlogWriteとしてあと一歩踏み出すには、何をするにも、大幅な変更が必要になるという事が判明していて、現在、色々と悶々としている所です。

いずれにしても、あくまで今年の目標なんで、あんまり期待しないでください。

投稿者 BlogWrite担当 : 2007年02月26日 20:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.witha.jp/b/mt-tb-hate-spam.cgi/408

コメント

コメントしてください




保存しますか?