お問い合わせ
会社概要 ソフトウェア 開発ブログ サポート

« 2007年12月 | メイン

2008年03月02日

マイクロソフト - 「これからはAtomPubでいきます」

MicrosoftがWindows Liveサービス群向けに、開発プラットホームのプロトコルとして、AtomAtomPubに注力していくと発表しました。日本語ソースでは、Google Newsで検索した限り、唯一CNetでさらっと触れられていただけで、まだあまり話題になっていない様子。

 Treadwell氏はまた、Microsoftは一部のホステッドサービスにAtomインターフェースを提供することによって、「Atom Publishing Protocol(Atom出版プロトコル)」に対するサポートの充実を図っているとも語った。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20368443,00.htm

大手企業では、言わずと知れたGoogleが既にGDataAPIとして、完成直前のAtomPubから派生(現在AtomPub仕様に軌道修正中)させたAPI群を提供しており、現在までAtomから少々距離を置いていたMicrosoftが、ここに来て発表するのはちょっとびっくりでした。(Microsoftのことだから、いつ何か捻くれたキックが飛び出してくないとも限りません。"the devils in the details"と言いますからね;-) 

もしかしたら、これはある意味、SOAPへの死亡宣告になるのかもしれません。

しかしながら、このMicrosoftの動きがGoogleの時のようなモメンタムを得られるか、というと、どうかなとも思います(*1)。理由は色々ありますが、そもそもMicrosoftのWeb API とか言ってもピンとこないケースが多いんじゃないなかと。米Yahoo買収してこの分野に入ろうとは苦労しているようですが...。
(*1)但し、今回発表された、ADO.NET Data ServicesのAtomPubサポートにより、企業ネットワークでは裏方で利用が広まる可能性がある。

日本では、先日、AtomPub Interop 2008 Tokyoが開催されました。NTT Communications某氏がホストをしてくださり、参加者はNTT、リコーなどから集まり、非常に有意義なInterop(相互接続実験)でした。私は一応、Fudeを持参させていただきました。(その後で食べた餃子は結構美味しかったw)

http://teahut.sakura.ne.jp/b/2008-01-30-1.html
http://blogs.ricollab.jp/webtech/2008/02/atompub_interop/

とりあえず、今回の発表の原文から、直訳及び意訳。

Atom Publishing Protocol (AtomPub) as the future direction
将来的な方向としてのAtomPub(Atom出版プロトコル)

Microsoft is making a large investment in unifying our developer platform protocols for services on the open, standards-based Atom format (RFC 4287) and the Atom Publishing Protocol (RFC 5023). At MIX we are enabling several new Live services with AtomPub endpoints which enable any HTTP-aware application to easily consume Atom feeds of photos and for unstructured application storage (see below for more details). Or you can use any Atom-aware public tools or libraries, such as .NET WCF Syndication to read or write these cloud service-based feeds.

 In addition, these same protocols and the same services are now ADO.NET Data Services (formerly known as “ Project Astoria”) compatible. This means we now support LINQ queries from .NET code directly against our service endpoints, leveraging a large amount of existing knowledge and tooling shared with on-premise SQL deployments.

マイクロソフトは、オープンな標準(規格)ベースのAtomフォーマット及び、Atom出版プロトコルを用いて、我々の種々のサービスで用いる開発プラットホームプロトコルを統合すべく、大きな投資を行っています。今回のMixにて、AtomPubを活用する、幾つかの新しいLiveサービスを有効にし(発表し?)、HTTPを解するどんなアプリケーションでも写真や非構造的?アプリケーションストレージのAtomフィードを活用できるでしょう。(省略) AtomPubをサポートする、ADO.NET Data Servicesで、LINQ to Atom(省略)

..

Application Based Storage

Application Based storage is an experimental API which allows application developers to store a small amount of state/configuration data in the Windows Live data centers on behalf of a user. This API has an AtomPub service end point so developers will be able to call this using ADO.NET data services or other AtomPub compatible tools. The real value kicks in here if an application was to have hundreds of thousands of users as the client bandwidth and storage are offloaded to Windows Live infrastructure. 

The service and documentation will be available next week.

アプリケーションベースのストレージ(Application Based storage)は、実験的なAPIで、アプリケーション開発者が、ユーザーのために、少々の状態または設定情報をWindows Liveのデータセンターに保存できるようにする、というものです。このAPIは、AtomPubのエンドポイントを提供しているので、開発者は、ADO.NETデータサービスや他のAtomPub互換ツールを使ってこのAPIを呼ぶことができます。(一行省略)

サービスとドキュメンテーションは、来週公開されます。

...

Windows Live Photo API (CTP Refresh with AtomPub end point)

The Windows Live Photo API allows users to securely grant permission (via Delegated Authentication) for a third party web site to create/read/update/delete on their photos store in Windows Live. The Photo API refresh has several things which make it easier and faster for third parties to implement.

  • Third party web sites can now link/refer to images directly from the web browser so they no longer need to proxy images, and effectively save on image bandwidth bills.
  • A new AtomPub end point which makes it even easier to integrate.

The service and documentation will be available next week.

Windows Live フォト API は、安全にサードパーティのウェブサイトに権限を与えて、Windows Live へ写真を追加、読み出し、更新、削除を行えるようにします。フォトAPIは、サードパーティの開発者が、より簡単にすばやく実装できるように、幾つかの特徴があります。

  • サードパーティのウェブサイトから、直リンク出来ます。
  • AtomPubにより、より簡便な相互運用が可能

サービスとドキュメンテーションは、来週公開されます。

http://dev.live.com/blogs/devlive/archive/2008/02/27/213.aspx

 

投稿者 BlogWrite担当 : 05:50 | コメント (0) | トラックバック