お問い合わせ
会社概要 ソフトウェア 開発ブログ サポート

2006年06月30日

TypePadでは、存在しないファイルもHTTP Status 200を返す!?

6月22日付けの、TypePadのバージョンアップで、BlogWriteからの画像等のファイルの上書き確認が上手く行かないとの報告をサポートフォーラムで頂いたので、調査していたのですが...

TypePadの新機能
ウェブページ上に破損画像(参照先(src)にファイルが存在しない画像タグ(img))がある場合、従来はブラウザの設定に準じた表示となっていましたが、1.8から破損画像があった場合は「Image not available」という画像を表示するように仕様変更しています。

アカウントをもっていないのでBlogWriteでの確認は出来ていないのですが、上記の記述とヘッダーを見る限り、存在しないファイルに対して、別ファイルを返すようで、つまり302で飛ばして、結果別ファイルをHTTP Status Codeの 200で返すように変更したようです。

うーむ、存在しないファイルはHTTPヘッダーに404 Not Foundで返すべきなんじゃなかったでしたっけ?

GIFファイルをアップロードしようとしていて、HEADしたら、
HTTP/1.0 200 OK
Content-Type: image/gif
が返ってきたら、そのファイルは存在する、と判断する他ないでしょう。

ということは、現実世界では結局、一つ前に書いたように、HTTPのステータスコードなんてまったくもってあてになりません。 このサイトを運用しているレンタルサーバーでもページが存在しないとデフォルトで「見つかりません」ページが200で返ってくるので時々問題にはまります。(ま、.htaccessで設定を上書きするなど方法はありますが)

BlogWriteでは画像ファイルを投稿する時、既存のファイルを誤って上書きしてしまわないように、事前に存在するかどうかHEADリクエストで確認しています。(デジカメ写真とかだと同じファイル名になりがちで、複数人で投稿するブログだと、意図しないで上書きしてしまう事があるため、BlogWriteでは上書き確認機能として持っています。個人的にはBlogWriteの優れた点の一つだと思っています)

TypePad側としてはユーザーの利便性を考えてのことだと思いますし、その姿勢は分かるのですが...。 HTTPの仕様違反というか、その副作用は理解されているのか、気になります。

Update: 検討した結果、上書き確認の機能を設定で、ブログごとにオン・オフできるようにする方向で対処したいと思います。

参考ー> Web屋のネタ帳: ステータス200なのに「その商品はありません」

投稿者 BlogWrite担当 : 15:12 | コメント (1) | トラックバック

2006年06月06日

波ダッシュ、チルダの件

ずっと昔からの問題となっていたわけですが、最近やっとチラホラと表舞台?で広く取り上げられつつある(というかそう期待している)波ダッシュとShift_JIS(CP932)の件なのですが...。

特に最近になって問題が表面化したのは、APIやRSS関連で、下記のようなケースが増えてきたからではないでしょうか。

(1)サーバー側でEUC-JPベースでデータを保存、または開発コードを作成。
(2)クライアント側がWindows(つまりShift_JIS)環境。
(3)両者のやり取りはUTF-8で行なわれる。

XML-RPCとかAtomAPIとかもろにこのようなケースに当てはまる事あ多く、実際BlogWriteでは以前から内部的に非常に美しくない様々な対処をしています。

■Livedoorブログ
「~」が「?」になってしまいます。ちょっと前までは、「~」が「〜」になってしまうだけで、少なくとも無理やり置換する事で対処出来ました。「〜」は普通にWindowsでは扱えず(左のは数値参照で表示させています)、「?」「・」「〓」に化けたりします。

ところが、いつの頃からかLivedoorブログ側で変更があったようで、投稿した段階かデータを取得した時点で既に「?」になってしまっています。これ BlogWrite側では復帰出来ない(本来の「?」と区別がつかない)感じ。

■Seesaaブログ
ちょと前まで、livedoorブログと同じく「~」が「〜」または化けた状態になってしまっていた。

という事で、仕方がないので、両者に対応するため、「~」をBlogWrite側で事前に、数値参照「~」に置換して送信していました。 所が、Seesaaブログでは何時の頃からか、「~」が表示されないという現象が起きるとの報告を最近ユーザーの方から頂きました...。数値参照を表示させない仕様になったようです。理由はわかりません。しかし、「~」自体は化けることはなくなったので、これに関しては内部で対処されたのでしょう。

という事で、Livedoorブログでの問題に対処しようとすると、Seesaaブログで問題が... Seesaaブログも数値参照を非表示にするなんて意味わからない...。

もうお手上げ状態。

大体において、Perlの例えば、Jcode.pm等を素で使ってEUC-JP <=> UTF-8変換した日本語をWindows環境で読み書きしたりすると化ける訳で、私の場合、Danさんには本当に申し訳ないですが、2年ほど前から自分が開発するPerlのアプリでは一切Jcodeの利用を取りやめ、代わりにUnicode::Japaneseを利用させてもらっています。

Jcode.pm等をメンテされてこられた開発者の立場のDanさんの仰っている事は100%納得できる訳で(対処しろとか言うつもりもまったくないです。Jcodeが悪いわけじゃないですから)すが、利用者としてはより実際問題として問題の起きない方を利用したい(して欲しい)となるのも同様に御理解いただきたいところであります。

なので、Livedoorさんも化けない方法を模索していただきたいなぁと思ったりしています。

関連リソース
http://www.kawa.net/works/jcode/uni-escape.html
http://as-is.net/blog/archives/000735.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A2%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5
http://www.asahi-net.or.jp/~wq6k-yn/code/wavedash.html

投稿者 BlogWrite担当 : 18:43 | コメント (2) | トラックバック

Movable Type 3.3 Beta 1 日本語版 と BlogWrite

Update: 2006/06/30 正式版が公開されたので、ベータから正式版の3.3に更新して見た所、下記エラー文字列の件、通常の日本語として受け取れるようになりました。開発者の方お疲れ様です m(_'_)m

ユーザーの方から早速、「BlogWriteはそのまま使えるのでしょうか?まだ、ベータ版の段階で取り越し苦労でしょうがいかがお考えでしょうか?」等の御連絡を幾つか頂いているので、一応「Movable Type 3.3 Beta 1 日本語版」をBlogWriteで動作確認した結果の御報告をさせていただきます。

Movable Type 3.3 Beta 1 日本語版、普通に動きました。BlogWriteで今までどおり利用できます。気をつけたいのは「APIパスワード」が「Webサービスのパスワード」になっている事ぐらいでしょうか。

しかし、最近特にお世話になってばかりいるのでとても言いにくいのだけど、一番失望したのは、(というよりか完全に脱力した)のは、未だにMTがXML-RPCで返すエラー文字列が日本語だけBase64エンコードされていることです。 これ、以前からずっと残ってます。

この件、去年の秋に詳しく丁寧に、1)問題点と理由、2)影響、3)原因、4)解決策を書いて直接窓口に報告し、返事までもらっているのに、未だに直っていないのでとても残念です。 私も人のこと言えないですけど(済みませんm(_'_)m)。

具体的に例を上げると、例えば利用者が「Webサービスのパスワード」何?って状態でログインすると、エラー文字列として、 下記が返ります。

44Ot44Kw44Kk44Oz44Gn44GN44G+44Gb44KT

XMLなんですし、何故に記事エントリは素の日本語で、エラー文字列だけBase64にエンコードするのでしょうか。

上記の文字列がBase64ではないかと検討をつけて、デコードすると「ログインできません」となるわけですが、デコード後のものが文字列であるかどうかも分からない、文字コードも不明な言語も不明なものをソフトウェアの中で、自動でデコードして表示、なんて気が進みません。というかそもそも、バグに依存した機能をつける事自体避けたい...。

Movable Type 3.2では、そもそも日本語ではなくて、「invalid login」というそっけない英語のメッセージが返ってきます。どっちにしても、ちょっと...という感じです。

今はMTのベータ段階でもある事なので改めて、お願いです...、エンコードした文字列を返さないでください...。

追記!

XMLRPC support for tags

リリースノートを読んでいたら、XML-RPC経由の投稿でタグのサポートが追加されるらしい。タグっていってもHTMLのタグのことではなくて、あれの事です..あれ。

なるべく対応する方向で調査検討実装したいと思います。

投稿者 BlogWrite担当 : 13:26 | コメント (1) | トラックバック

2005年11月25日

ココログフリー

広告付きでココログが無料で利用出来る!TypePad 1.6の機能が無料で使えてしまうとは...

ココログ、nifty会員以外でも利用が可能な無料の「ココログフリー」

BlogWriteユーザーももっと増えてくれるといいな。

追記:12:34 2005/11/29
ココログ フリーに対応したBlogWriteを公開しました。

投稿者 BlogWrite担当 : 02:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月02日

ブログ投稿APIと認知度

先日、某ブログサービスの中の人とお話できたのですが...。BlogWriteどころか、他の投稿ツール一般に関してご存知ないと、言われてしまいました。あまりのショックに引き篭もりたくなりました(笑)。

やっぱり投稿用ツールというかブログ投稿クライアントの存在自体、その認知度ってまだまだかなり低いんですね、便利さの割りに。もしテレビに出てるような有名人とかが「使ってます」って言うと人気になるのでしょうか。

ともかく、まずはブログサービスの提供者側として、投稿APIを公開する利点というものを整理してみたいと思います。

まず前提として、投稿API公開とは、標準規格(例えばAtomAPI、XML-RPC API) - などのオープンスタンダードに対応すればよい、という事。特別に「BlogWriteに対応」などする必要はありません。誤解されるケースがあるみたいですが、標準的規格に対応するだけで、どんなソフトでも使えるようになり、使うソフトはユーザーが好きに選べます。

投稿APIに対応すると良い事があるかもしれない点:

■サーバーの付加軽減と通信帯域の減少があるかも

APIを通じて投稿・編集されると、やり取りされるのは、XML形式のコンテンツなので、Webページに付属する画像データ、スタイルシート等の余分な行き来が減り、サーバークライアント間のデータ通信量が減少する傾向があります。また、オフラインで記事は編集されプレビューも出来るので、サーバー上でのユーザーの操作が減り、場合によっては負荷軽減に結びつく可能性もあります。

■ユーザーに選択肢を提供

人によってはエディタや通常のデスクトップアプリケーションで文章を書くほうを好む場合があります。また、ブラウザーで書いていて間違ってブラウザを閉じて書きかけの文章が消えたり、別ページへ移動して戻ったら文章が無い、などのアクシデントを防ぎ、ユーザーエクスペリエンスの向上を図る事が出来る場合があります。

■長く使ってもらえなければ意味が無い

ブログは日々利用されるもので、継続して使って(書いて)もらわなければ意味がありません。ユーザーに継続して毎日使いつづけてもらえるように、サクッと書けるデスクトップアプリの活用があってもよいでしょう。 もちろん、BlogWriteが持っている様々な機能(WYSIWYGモード、HTMLエディタ、雛型、表、画像サムネイル、ポップアップ....)等々の利用も出来るようになる、という利点もあります。

■オープンさのアピール、そしてサービス連携によるコミュニティの盛り上がり

ブログの定義はいくつかあると思いますが、オープンスタンダードに準拠していることが重要です。XHTMLとCSSで構成され、RSSを吐き出し、ブログのソフトもできるだけWebサービスを使って、そのAPIはオープンにする。そうすることで、誰でもそれらをつなげるソフトウェアを作ることができる。抱え込むのではなく、小さなデベロッパーが一緒にコミュニティーを作れるか、というのがブログの哲学ではないかと思います。ここ数年で革命的に伸びた新興企業の多くが、オープンスタンダードを用いて「自分」のためにシンプルに作る、というところからスタートし、そして成功しています。その意味では、韓国や一部日本のブログサイトは大企業が自分たちの独自技術で作ってしまっているので、旧態依然な感じがします。

 「Joiこと伊藤穰一氏、ブログの「今」を語る」 ITmedia:インタビュー

サービス間連携とコミュニティの盛り上がりの一例として、こうさぎなどのBlogPetによる投稿などが上げられます。

■万が一の時のバックアップ

サーバー上での問題が起きて、DB内の記事が消えてしまった、という事が万が一あったとしても、ユーザーの手元にコピーが残っていれば、ユーザーの怒りもそれほどではないかもしれません(保証の限りではありませんが^^;)。

■他のサービスに遅れない

あまり知られていないのかもしれませんが、かなり多数のブログ、特に有名且つ評価の高いブログサービスほど、APIに対応しています。投稿APIに対応していないと、一部ユーザーから遅れている、という評価を食らってしまうかも知れません。ブログのような(評価などの伝播が早い)サービスでは結構致命的かも...。

という事で今回は、サービス提供者にとって、投稿APIに対応し、本腰を入れる利点をあげて見ました。このような一見地味な機能も軽視せずに積極的、かつ本格的に対応していく、というのは大事だと思います。

 

追記:これとほとんど同時にPostされた「Open Data」に関する記事や、「Philosophy of Yes」も関連してきますね..。

投稿者 BlogWrite担当 : 13:09 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月18日

Atom1.0 MovableType テンプレート(案)

MovableTypeでAtom1.0を配信するためのMTテンプレートを作ってみました。基本的にはValidなんですが、細かい点で、間違いや改良点等あるかもしれません。ご指摘いただくと嬉しいです…。

追記:
atom:idにurn:uuidを使いたいのだけれど、MovableTypeのテンプレートタグに該当するタグがないと思われ。なるべくUUIDを使うのが好ましいので何とかしたいところ...。 はたまた、従来通りtag : URI(*1)を使うべきか...。 追記:TagURIを使うように変更しました。

このプログでのサンプルAtom1.0フィード

投稿者 BlogWrite担当 : 08:52 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月14日

Podcasting="Personal On Demand casting"

Scobleizer: Microsoft Geek Blogger

Scoble氏にとって、「Podcasting = "Personal On Demand casting"」

なのだそうです。
1.Podcastingは、RSSを使ってMP3などの音声ファイルを自動的にWebサイトからiPodまで流し込む事を指して、PodCasting。
2.iPodはアップルの製品
3.Scobleはマイクロソフトのギーク的ブログ書き屋さん。
あたりを押さえると笑えるかもしれません。

注:彼が思いついたフレーズではないです念のため。
注:マイクロソフト的には、Blogcastと呼びたいらしい。

同じエントリーで彼が指摘しているのは、MP3以外もPodcastingという名称で良いのか?という事です。
ある人はPodcastingで配信されるメディアは何でも構わないと言います。しかしScobleは、

Podcasting=RSS経由で配信されるMP3
Screencasting=Screen videos(Flash、WMV等)
Videocasting=Video(Quicktime, Windows Media Format, Real, MP4, Flash video等)
にしないか、と言っているようです。

PodcastingはもはやiPodだけのものではないので、「Personal On Demand casting」はなかなか良いんじゃないかと思います。VideocastingもScreencastingは賛否両論、議論の余地あり...。

同じく、Scoble氏のブログ経由:Windows Media PlayerのプラグインとしてPodcastingがサポートされているとの事
Doppler
RSS Radio

注:iTunes4.9ではすでに本体に正式対応されてます。

関連記事:Podcasting - ポッドキャスティング

投稿者 BlogWrite担当 : 01:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月13日

テレビブログ=?

テレビブログというブログサービスが立ち上がったらしいですが、個人的には「無料で使えるTypePad」ということで非常に貴重かと認識しております。将来的に有償になるかもですが。 (追記:ウワっ橋本さんの会社だった、し失礼いたしました^^;)

因みにテレビ繋がりで、地上波放送局がWebでテレビ番組配信か、とか言うとすわっ「放送と通信の融合の試金石か」とか昨日今日になってメディア(*1)(*2)が書きたてますが、USENのGyaoなどは、とっくに各種番組放送しているわけで、なにか時代錯誤というか、既存メディアの現状認識とWeb上の動向の乖離が激しい気がするのですよね...。 それに、「融合」ってそんなもんなのか、という疑問も残ります。堀江さんはもっと別のこと念頭に置いていたと思うのですが...。放送するだけじゃ、所詮放送であって、通信はどこにいったの?ともかく、日本は地理的事情もあってケーブルテレビはアメリカほど普及しないわけですが、多チャンネルなWebの特性もケーブルテレビとか有線では普通のことなので、とても相性が良いですし、今後も期待してます。

しかし、Gyaoが無料なのに対し、日テレ、フジともに視聴が有料だというのですから失敗するつもりで始めるのか、よっぽど番組に自信があるのかのどちらかでしょうか。

因みにGyao、IEでしか見れないのは酷く苦痛ですが、今やってる「ピッチブラック」やら「Dune砂の惑星」など美味しいです^^;

投稿者 BlogWrite担当 : 22:15 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月16日

総務省による子供総ブロガー計画

子どもはみなブログを持て!」(読売新聞)
 総務省は14日、小中高校生のだれもがブログ(日記風の簡易ホームページ)を書くような環境をづくりをめざす方針を決めた。同省が設置した「情報フロンティア研究会」(座長=國領二郎・慶応大学教授)が、日本の「IT(情報技術)力」を強化する方法として、「あらゆる児童・生徒がブログを持つべき」と報告書で提言したのを受けたものだ。

物凄いことになってますね。なんというか、コメントする言葉が見つかりません...。

投稿者 BlogWrite担当 : 02:57 | コメント (2) | トラックバック

2005年06月14日

BloggerのRate Limit

どうもBloggerでは「Rate Limit」というのが導入されていたらしく、ある特定の回数Bloggerに記事を投稿すると、”Rate Limit”に達して、一度Bloggerのサイト上でログイン+人間にしか読めない(という事になっているが時には人間にも読めないという噂の)画像に表示された文字を打ち込まないといけないらしいです。これはAPI経由の投稿だけでなく、Webベースの投稿も同様だそうです。

これにより、スパマーによる悪用を防ぐという効果があるからだそうです。では何回ごとにこのリミットに達するのか、というのはナイショらしいです。つまりは、ここまで対策をしなければならないほどひどく悪用されているという事でしょう。

とっても危ういと思うのは、日本ではExcite(なぜか独自APIですが)とかS*e***さんのブログのように、API経由でプログラミング的に自動でアカウント作成からブログの作成、記事の投稿、トラックバックまで打ててしまうと、スパマーに悪用される危険が非常に大きい(Bloggerよりも)のではと思います。 (BloggerではアカウントもブログもAPIでは自動で作れないようになっている)

スクリプトでちょちょいとやると、あっというまに...。数千のアカウントに万のゾンビーブログが手当たりしだいトラックバックスパムを連射しまくり、という悪夢を想像してしまいます。

各サービスの対応はどうなんでしょうか...

以下考察...

IPアドレスで弾くのも無理があるし...。関係ないネットワーク丸ごと弾くというリスクもあるし...

クッキー食べさせるー>そのたびにクッキー破棄されたら無効

...結局、ExciteブログとかS*e***ブログさんとかは、BloggerのまねしてRate Limitのようなものを導入するか、アカウント作成する独自APIを捨てるしかなくなるんじゃないか、と...。少なくともこれ読んでなにかしら対策をしてくれると少し安心かもしれません...

もっともAPI使わないでやる方法もあるにはあるので、悪用される可能性があるのはどのブログサービスでも同様かとは思いますが、悪用し易さというか敷居の低さは大きいと思います。

投稿者 BlogWrite担当 : 18:13 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月26日

Tivoとテレビ、メディアの今と明日への挟間

今まさに起きているメディアの変化、そして近未来のメディアとマーケティングについて、良くまとまっているAd InnovatorによるPDFの資料を発見。
欧米の最新トレンドから見るネットマーケティングの近未来(PDF)」 さすがです。 (発見元)

投稿者 BlogWrite担当 : 21:39 | コメント (0) | トラックバック

コメントスパム撲滅後の戦い - トラックバックスパム

このブログではコメントスパム対策をした結果、最近コメントスパムはほぼゼロになりました。対策と言っても単にMTの標準機能であるコメントの事前許可制をオンにしただけです。
所が最近、新手の技で(いつか絶対くると思っていた)TrackBackによるスパム行為受けるようになってきました。これには以下の二つの事が関係しています。

fake blogs: spam行為のために機械的に作成されるblog」SEO効果を狙った「リンク付きページ生成マシーン」と化したブログ(Fake Blog)について。

SixApartのトラックバックスパムとの戦い」トラックバックスパム対策について。(この記事では、MovableTypeのプラグイン、DSBL、MT-Blacklist、MT-Moderateの利用が現時点では勧められている。)

騙しブログを作って機械的にSEOまがいの事をする、さらに、不特定多数のブログにトラックバックをばら撒く。この二つが今後とっても「うざく」なってくるものと思われます。次のMovableTypeのリリースあたりで、これらの対策がなされると良いですね...。

投稿者 BlogWrite担当 : 20:59 | コメント (0) | トラックバック

私的ライブドア感

(最近ちょと外れ気味な話題ですみません)

私的ライブドア感という事で突然ですが、最近巷で言われるような「年代で分かれるライブドア評」、なんて単純では無いと思います。何処をどう見るかで違うだけだと思います。

これも一つの見方に過ぎないのですが、私が初めてライブドアに注目したのは今から二年前、2003年3月、
Open Souce Webアプリフレームワーク『Sledge』
「株式会社オンザエッヂ(当時)が自社開発のWebアプリケーションフレームワーク・SledgeをGPLもしくはArtistic Licenceで公開した。」
というスラドの記事を読んだ事がきっかけでした。

当時の感想は普通に、へぇ凄いね、というものでした。Sledgeがオープンソースで公開された事により、ちゃんとした技術志向の所みたいだな、という良い印象をもったのを覚えています。ただ、その頃から色々な会社を買収とかをしていて、一部では微妙な評価もあったものです。

それから株式100分割で話題をさらい、Livedoor買収&名称変更(ISPとしてのLivedoorの無料ダイアルアップ・サービスにはかなりお世話になりました)、そしてポータル開始。証券会社だかとちょっと揉めたあと、ブログ等のサービスで人気にもなり、あれよあれよと球団買収、ニッポン放送の件と...。

別に株主でもないですし、個々の出来事や人物評に関してここで云々するつもりはありません。ただ、ライブドアという会社は良く考えると、外資系でない(Yahoo!JapanとかExciteとかみたいな、海外で確立されたブランドに依存する会社ではなく)日本発で、かつ過去の負債(日立系列やNTT系列がもっているような古い体質的負債)を背負っていないインターネット時代のIT系で、ある意味独力で一からそれなりになった訳で...変遷を思い起こしてみると何故かふと感慨深くなりました...。

で、今ライブドアの件を見て思うのは、100分割前に株買っとけば良かった...かな?とか(笑。
(もちろんこの先の事は知りませんが)

こんな事書いてないで仕事しろよ、という感じですが、ブログの記事を書く事により、より企業価値を高め、お客様へのサービスとして還元するためです、とか意味不明な事を書いてみるテスト。

投稿者 BlogWrite担当 : 08:16 | コメント (0)

2005年03月25日

Skypeで仕事

ホテルや短期賃貸マンションにもSkype端末、無料通話が可能に - CNET Japan
という記事を読んでいて思い出したのが、
来客・来訪の対応業務を全てSkypeだけにする試み - Slashdot.jpでも話題になった、
「有限会社グローバル・フレックス・プランニングは、2004年12月、訪問、来訪対応などの一切の対面対応を行わないと発表した」件。

そして、その結果報告が面白い。

「最初にSkypeをほめたり、けなしたりの時間が3-4分あったのですがあとは通常の電話と同じ感じでした」

フフフ
経験アリマス(笑

Skypeで打ち合わせしましょうと言ったらその後連絡が途絶えた会社 2社

ウムム
技術的に出来なかったのか、それほどまでの重要性がなかったのか...それとも...

私の場合の利用方法は、最近ブログによる企業サイトを作る際の担当の方とのやり取りに使う事が多いです。事の始りは、お会いしてお話している時の「地理的に距離が遠いからSkypeを使うという手もありますね」、という会話からでした。

一昔前まで、個人的にはチャットのようなものは作業時の集中を妨げる、と思って嫌っていたのですが、一緒に良いモノを作ろう、というパートナーとしてのお客さんとの距離がとても心地よく、最高のコミュニケーションが出来ます。

ウェブサイトを作る上での確認や要望を話合う際、Skypeで相手先の担当の方が、今オンラインであるか、忙しいかどうかが一目でわかり、気軽に通話出来ます。

実は昨日も、夜の11時だというのに、「どもすみません、例のブログのサイドバーなんですが...」なんて会話をしてました。通常の電話では、夜遅くに担当の方のご自宅に電話なんて、よっぽどじゃないととても出来ません。Skypeでオンラインだと確認できるからこそ、気軽に通話and/orチャットして聞いてみるか、となります。

Skypeで担当の方とお話し、その場で即断、即決、即実行。ページを編集してその場で作り、確認してもらう事もあります。仕事とはこうでなくては、と思います。(もちろんいつもそう出来る訳ではありませんが...)

投稿者 BlogWrite担当 : 22:29 | コメント (0) | トラックバック

「ブログを書く事があなたのキャリアにとって良い10の理由」

久しぶりに電車にのって広告とか見ると、雑誌の広告見出しで「こんなに怖いブログで解雇」とか、煽り記事を見つけてくだらないのですが、釣られてみました。

「ブログを書く事があなたのキャリアにとって良い10の理由」
元記事「Ten Reasons Why Blogging is Good For Your Career」Tim Bray氏


1. 昇進するには注目されなければならない

2. 就職するには注目されなければならない

3. 「ああ、それについては書きました。***のキーワードでググッ(検索し)てください。検索結果のトップに出るのがそれです」とか、「私の名前で検索してください」とかいうのは、効果テキメン。

4. いかにあなたが素晴らしくとも、あなたのキャリアはコミュニケーションにかかっている。コミュニケーションも含め物事に熟達するには練習が必要だ。ブログを書くのは非常に良い練習となる。

5. ブロガー(ブログの書き手)はより多い情報量が集まってくる。より多くを知っているという事はあなたのキャリアにとって、特に有利である。

6. より知っているという事は、より興味深い仕事の応募を見つけやすい、という事でもある。

7. ネットワーキング(人脈)はあなたのキャリアにとって良い事だ。ブログを書くという事は、人と出合うための良い方法だ。

8. もしあなたがエンジニアであるなら、ブログ書きは「worse-is-better」(私注:「悪い方がよい」原則参照の事http://cl.aist-nara.ac.jp/~daiti-m/text/worse-is-better-ja.html)「80/20(80対20の法則)」
の原則を非常に良く理解できるだろう。このような技術を用いる事は非常に助けとなるだろう。

9. もしあなたがマーケティング担当であれば、急速に変化するルールを理解していく事が必要となるだろう。ほとんどの人がそれに対応出来ていないが、ブロガーは比較的それに耐性があるようだ。(意訳)

10. 外に対する「声」を持っている人間を解雇するのは比較的難しい。なぜならそれが公に認知されてしまうからだ。


Tim Bray氏も言っていますが、メインストリーム系のメディアで盛んに「ブログで解雇」系の話の取材命令が出ているらしく、100万人に一人とかの事例を持ってブログで解雇とか煽るメディア。これメディア?

投稿者 BlogWrite担当 : 21:02 | コメント (0) | トラックバック

テクノラティの日本サイトがオープン

テクノラティの日本サイトがオープンしました。去年から首を長くして待っていました。まだα版のようです。

ブログ界隈のほぼリアルタイム動向検索とでも言いましょうか...。RSSと連携していない(?)ので個人的には利用頻度は高くないですが...。色々と便利に使えそうです。

さらには、
こんな風に、自分のサイトにリンクしてくれている記事を見つけるコトも出来ます。

RSS・Atom・XML-RPC Pingによる通知に、検索エンジンを融合させるという、新正統派的(?笑)検索エンジンというだけでなく、他にも面白い機能やAPIを用意(少なくとも本家では)しています。日本サイトにも期待しています。(HepCatのようなRSSリーダとの連携も含めて)

こういったものを活用して何が良いのか、と聞かれる方に対する返答は、カスタマーが求めているものをより早く、より的確に収集することが出来るからだ、と答えています。

日本では以前から、BulkfeedsやFeedBack、ライブドア未来検索といった有名なRSS検索サービスがあり便利に使えます。

投稿者 BlogWrite担当 : 20:07 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月17日

Yahoo! 360°

本家Yahoo!で始まる、Yahoo! 360°のベータテスト登録して見ました。連絡が来ないと試用できません。 Yahoo! 360°関連ニュース
An easy way to keep connected to friends and family with blogs,photos and more. Blog(ブログ) Create your own blog or online journal. Share thoughts, ideas, experiences, pictures. Mobile(モバイル) Send text and photos from your mobile phone to your blog. Photos(写真) Let your friends view your Yahoo! Photos albums. Lists(リスト) Recommend books, music, movies, TV shows, and more. Blast(ブラスト) Share a quick communication your friends can reply to -- an idea, attitude, question, or web link. LAUNCHcast Station(ローウンチキャスト) Let your friends listen to your Yahoo! Music station. Reviews(レビュー) Rate and review local restaurants and businesses.
と。うーん。機能だけ見ると、凄いですね...。 日本のYahoo! Blogs勇み足か..。日本Yahoo Blogsは韓国Yahooで使われていたブログシステムを採用したそうだから、日本のユーザーはどうなっちゃうのでしょうか...。 過去記事:Yahoo! Japanがブログを提供開始

投稿者 BlogWrite担当 : 23:55 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月15日

Blog Hackers Conference 2005

やるんですか?

そういえば、4月に今年もやります Blog Hackers Conference 2005。詳細は追ってお知らせ(未定ともいう)。

去年のBlog Hackers Conference!は濃かったですねー(笑

今年?もちろん行きます!

そこでBlogWriteIIの発表とかしようかしら...。いや、それは...こっ恥ずかしいので止めます。^^; Hackじゃないですし...。

投稿者 BlogWrite担当 : 13:54 | コメント (2) | トラックバック

2005年03月12日

Blogger AtomAPI 認証方式がWSSEからBasic Authへ

BloggerのAtomAPIの認証方法に変更があったようなので、BlogWriteからBlogger.comのブログにログイン出来ない場合があります。
Authorization: Status on SSL/Auth Basic?

認証方法が、WSSEからBasic Authになったようです。が...SSL通信はまだのようなので、ほにゃにゃらエンコード(笑)したユーザー名とパスが普通のHTTPで送信されてしまいます。まったくの平文のXML-RPCよりはマシというぐらいです。Blogger.comの意図がちょっと見えません...。

という事で、
BlogWriteアップデートVer.1.4.0です。


追記:
SSL通信が有効になったそうです。
エンドポイントも、
https://www.blogger.com/atom
に変更出来ます。
一、二週間したら、すべての
http://www.blogger.com/atom
へのリクエストは、https://...のSSLの方にリダイレクトされるそうです。


追追記:
Bloggerから「Blogger AtomAPI Documentation」公開
http://code.blogspot.com/archives/atom-docs.html

投稿者 BlogWrite担当 : 01:05 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月11日

Google ニュース 「このページをカスタマイズ」

Googleニュース日本Google Newsも)でニュースページのセクション等をドラッグ&ドロップで簡単にカスタマイズする機能が今朝追加されていました。

とっても嬉。というのも、英語のGoogle Newsでは「テクノロジー」の記事が上から3番目なのに、Google日本ではなぜか一番したの5段落目にあって「なんだかなー日本では技術軽視なのかー?」とか思っていたので...。^^;

順番を早速カスタマイズ。
さらに見ると、「カスタム セクションの追加」なるものが...。キーワードを指定して自分のセクションを追加出来るのはかなり...。

投稿者 BlogWrite担当 : 06:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月10日

Kijiji

うひょっ Kijiji - Craigslist Competitor

Craglistの日本語版とでも言いましょうか...「eBay、日本などで新サイト「Kijiji」立ち上げ
これはデカイ。実は密かに似たような計画を練って様子見していたのは秘密です(笑。

Kijiji
Craglist
イーベイ、人気コミュニティサイトの株式25%を取得--地域サービスに進出

1995年創業のCraigslistは、 45の都市向けにさまざまな情報を提供するコミュニティサイトで、必要最低限の機能だけを備えた飾り気のないページデザインが特徴だ。網羅されている情報の範囲は、アパートの空き状況やデートの相手探し、野球観戦チケットなど多岐にわたる。同Webサイトは、オンラインで売買を行うユーザーの間で大人気を博しつつあるが、バナー広告のないシンプルなページデザインは創業以来変わっていない。

Craigslist創設者が語る成功の秘訣とは?

Q.ニューヨーク市の不動産ブローカーの問題とは?
ニューマーク氏:彼らがわれわれのサイトを利用していることです。一部では、Craigslistがニューヨー市のアパート物件に関する最大のリソースになったと見る向きもあります。それを実証する数字もありますが、これはあくまでも好奇心の範囲内であって、われわれがやっていることの主たる部分ではありません。

これ既存の大手サイトを揺さぶるんじゃないでしょうか...。ソニーの新会長だかがライブドアの件を指して「アメリカ的だ。既存の自信過剰の企業を時々揺さぶる必要があるから良いんではないか」というような事を言っていましたが、大手不動産検索サイト等にもこういった対抗馬が出てくる事によって、切磋琢磨し、もっともっと良いサービスを提供するようになって欲しいものです。

新聞広告の売上をさらう無料コミュニティサイトのCraigslist

新聞社のサイト自身がこういった事をやってれば良かったのに「直リンク禁止」とか「引用禁止」とか(Webを理解していないような事を)言っている大手新聞社はどんどん自己破綻していきますね...。未だにRSS配信している大手新聞社はAsahiのみですし...。新しい技術を恐れて否定するのではなく、活用すれば良いのに。

昔テレビの野球中継に対して「球場に人が来なくなる」として盛大なテレビ叩きが合ったらしいですが、今ではテレビの放映権だより。他には、鶏が怖がって卵を産まなくなるといって宿場町にJRの線路がくるのに反対した町は結局廃れたと言う...後になって自腹を切って私鉄を誘致したとか。

話がどんどんずれている気がしますが...キニシナイ。

投稿者 BlogWrite担当 : 16:41 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月09日

ベクターのアフィリエイト希望


リンクシェアCOO、アフィリエイト成功の秘訣を伝授

の記事を読んでふと思ったのですが、オンラインソフト販売のベクターがソフトウェア販売のアフィリエイトをしてくれたら素晴らしいだろうと思いました。

ブログ上でHepCat&BlogWriteの試用レポートを書いてくださる方々にも得ですし、ソフトウェアを開発する者にとってもプラスです。もちろんベクターさんにとっても販路拡大&広告費削減&売り上げ増加でウマーという事で...。

やってくれないかなー...ベクターさん。少数精鋭の会社らしいからすぐとかは難しいかな...。

投稿者 BlogWrite担当 : 09:03 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月03日

解説:Atom

技術評論社の編集者の方より寛大なる許可を得て、技術評論社「Software Design」2005年1月号 第2特集「次世代Webテクノロジ:Atom基礎講座」オンライン版を公開したいと思います。

解説:Atom - Atomとは何か: RSSやXML-RPCとの比較、そしてAtomAPIの使い方まで

どぞ。

#草稿を元にXHTMLを生成したので、タイポやバグってる所があるかと思います。おいおい修正いたします。なお、執筆は2004年の10月頃のため、一部情報が古くなっている個所がありますがご容赦ください。これもおいおい余力が出たら更新いたします。
もし、記事に間違い、勘違い、誤解ありましたらぜひツッコミ頂きたく思います。m(_'_)m

投稿者 BlogWrite担当 : 17:42 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月01日

AtomAPI Photo UploaderをC#Builderでコンパイル

何はなくとも XML InfoSet: 続 AtomAPIPhotoUploader
はてなフォトライフアップローダー

AtomAPIを使った写真のアップロードクライアント。

ブログは前からHepCatで購読してました。あのアマゾンの吉松さんだとは知らずに^^; blog.bulknews.net: AtomAPI Photo Uploader

ちょっとタイミングが遅れましたが、ダウンロードしてみました。ソースの方を。
手持ちのC#Builderでコンパイル問題なく通りました。プロジェクトファイル作って二行ほど変更するだけでした。

BorlandのC#Builderは無料でダウンロード出来るはずなので、みんなでウリャーと開発出来るのではないかと思ったり。それだけ興味がある人が居るのかどうか不明ですが...。(私?はBlogWrite&HepCatで手一杯だったり...)

ただし、ライセンスの方が記載されていないので、それがはっきりすれば開発に参加しやすいのではと思います。クリエイティブ・コモンズとかにして、SourceForgeとかに登録してCVS使えば便利ですしね。

投稿者 BlogWrite担当 : 16:10 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月31日

Yahoo! Japanがブログを提供開始

Yahoo! Japan Blogs

やっと(今さらとも言う...)、Yahoo! Japanがブログを提供開始した模様です(Mixi経由)。今現在重すぎてほとんどアクセス不可能ですが...。


かろうじて読めたFAQなどによると、トラックバックやRSS配信などの機能は一通りあるようだけれど、CSSによるカスタマイズ、JavaScriptの利用可・不可、XML-RPCやAtomAPIによる通信、または各スタンダード準拠等等々に関してはまだ不明です。

追記:上記どれもダメな模様。

投稿者 BlogWrite担当 : 17:52 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月28日

MixCast Live for Podcasting

Blogarithms ≫ Client-Side Podcasting Apps(IT Conversationsの中の人)経由。

Podcasting作成用のソフト「MixCast」デモ動画(英語ですけど...)を見ることが出来ます。

簡単に言うと、このソフトはDJが使うミキサーのPodcaster版という感じ。

音楽や効果音、フェード効果などを操作できて、MP3を生成してくれるというモノ。Podcast用の”Show”が簡単に作れるという訳です。

詳細なオプションなどが設定出来て、本格的にやりたい、こだわりのある人には、面白いんじゃないかと思います。

Podcasting - ポッドキャスティングについて

投稿者 BlogWrite担当 : 22:08 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月26日

MTパッチあて作業

先ほどSixApartさんからの情報が某SNSで流れて知りました。(まさかと思いました^^;なぜにmixi?いや早く知る事ができたから良かったのですが...ブログのRSS・Atom経由より早かった...笑)

【重要】 Movable Typeの脆弱性と対策について

ウィザシステムにて、MTを使ってウェブサイトを構築させていただきました、某社と某社の担当者様へ。現在対応を進めておりますは済みましたのでご安心ください。

これからこのブログにもパッチをあてなくてはました...。もう深夜...。

投稿者 BlogWrite担当 : 00:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月25日

NHKの「特報首都圏」とブログの信頼性

先日NHKで「特報首都圏」という番組が放映されました。何とか後半半分ぐらいを見ることが出来たのですが、見ながら「これは問題になる」と思いました。
そこで、注意してブログ界の反応を見ていたのですが...

やはり問題となっていたようで、以下のブログで、出演された当事者の方が、補足説明をし改めて誤解である事、NHK側のミスであることを説明されています。良かった。
放映されて・・・
特報首都圏についての意見と反省点
しかしながら、問題を取り上げたのが、匿名掲示板2チャンネルだったというのが、非常に残念です。

そもそも、何が問題であるかというと、NHKの番組では、「主婦達が特定の映画配信会社から金銭的見返りを受けて、映画の好意的なレビューをブログに書き、口コミとして広める請負をしている」という報道のされかたをしていたのです。今回は、これが事実と異なり金銭的授受は無かったとの事。

分かりやすく今回の問題点を解説していらっしゃるブログがあります。

記事というのは、金銭的に見返りを受けた「広告」なのか、第三者的公正なレビューなのかでまったく、受け取り方が違ってきます。同じ新聞紙面に載っている記事でも広告と記事自体では、まったく異なるのと同じです。その違いが読者に隠されていたとすれば、問題となるわけです。

アメリカでは真っ先にこうした事は議論の対象となり、例えば先のBloggerConIIIの「Making Money」セッションや、つい最近のハーバード大学での「Blogging, Journalism & Credibility」と呼ばれるカンファレンスでの議題「ブロガーは自分たちの収入源を開示すべきだろうか?」といった例にもあげられるように、非常に重要視されます。

お金をもらって宣伝することにネガティブな意見をお持ちの方は、「ブログ=日記」というとらえ方をメインに持っておられるからだろうと思います。「ブログ=メディア」というとらえ方であれば広告や宣伝行為は許容されるでしょうから。あくまでも個人的な意見として。
というご意見の方もいらっしゃいますが、今回はお金をもらって宣伝することにネガティブな意見があるわけではなく、その手法が問題となった訳です。さらに、もし「ブログ=メディア」なのでしたら、より深刻な問題となります。逆に言えばブログがメディアの一つとなる事は日本においてはありえない、という事になります。(追記:つまり、もし個人の立場で書いたと称するブログの記事に「広告」の一文も明示せずに金銭的対価を得て記事を書くような事がまかり通れば、それば決してメディアとはなりえないだろう、という意味です。個人サイトのAmazonアフィリエイトやGoogleのAdSense程度だと目くじら立てるほどのことではないかと思いますが)。さらに本当にメディアであるとすれば、公正広告なんとかに抵触する可能性するあるんじゃないかと思います。(追記:今回の件は別、適用外です。念のため)

こういった事を機会に、日本でもこういった事が、もっと表舞台(ブログとかカンフェレンス)でちゃんと議論されると良いなと思います。

今回に関しては、間違って報道したNHK、こういった問題に無知、無関心なNHKに全ての責任があるかと思いますが...。

追記(2005/05/02):
CNet Japan で記事になった模様

投稿者 BlogWrite担当 : 15:24 | コメント (9) | トラックバック

Podcasting対応ブログサービス?

Podcasting出来るブログサービス「おとみみ」(詳細未調査)が出てきたようですね...。

前に書いたエントリにトラックバックいただきまして、教えていただきました。(はじめは宣伝スパムか?とか思いかけたのですが、こういうのはぜんぜんOKだったりします。)

ともかく、人気Podcasterとかどんどん出てくると面白そうですね。
まだ、登録作品数 9、総会員数 13とかだったりしますが...。


追記:こんなのも。VOICE BLOG PORTAL - Podcasting対応/声によるウェブログ - ケロログ

投稿者 BlogWrite担当 : 04:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月18日

BlogWriteが使えるブログ

突然ですが、BlogWriteが使える、ブログのサービスやツールって結局どれくらいあるのでしょうか...。

とりあえず、XML-RPC(BloggerAPI/MetaWeblogAPI/MovableTypeAPI)またはAtomAPIでの投稿に対応しているブログの種類は把握している限り、以下の通りなのですが、詳細が不明なのが以外に多いのです。

[サービス系]
TypePad
ココログ
ブログ人
livedoor Blog
OCN ラブログ
Blogger
News-Handler
Seesaa Blog
SweetBox Blog
NetLaputa Blog
269g(コメント参照)
LiveJournal?(未確認)

[ツール系]
MovableType
Wordpress
sb
Blosxom(BXRプラグインで対応)
Blojsom(可能だが詳細不明)
pplog2(可能だがエンドポイント不明)
Drupal(可能だが詳細不明)
Xoops(可能だが詳細不明)
COREBlog(可能だが詳細不明)
Nucleus(チト難あり)
tDiary(将来的に?)


今、BlogWriteのアカウント作成の所を組んでいて気になったので、「もっとあるぞ」とご存知の方がいらっしゃれば教えてください。確かLivedoor Blogはどこか他でも使われてるような気がするし、Seesaa Blogも結構色々な所で使われていそうです。
あと、可能なのは知っているのだけど、XML-RPCのエンドポイントが分からない等の詳細が不明なツールに、開発者の方やご存知の方に補足を入れていただければ嬉しいです。m(_'_)m

投稿者 BlogWrite担当 : 15:16 | コメント (7) | トラックバック

2004年12月21日

Top 10 Weblog Tools in 2004

今年も終わりに近づき、ブログ界隈でも色々と一年を総括する話が聞こえてきますが、こんなのはいかがでしょうか。

2004年ブログツールのトップ10

上記リンクでは、どれも人気ツールが上げられています。個人的に知らなかったのは、
・Buzznet - 画像系ブログ(Photo Blog)・モブログ提供サービス
・Multiply - 画像系ブログ提供サービス
でした。やっぱり写真の公開メインというのは、文字を書くほどはかしこまりたくない若年層やカジュアル層には人気があるのでしょうか。

個人的なトップ10ツールは、
BlogWrite
HepCat
Bulkfeeds
FeedBack
MovableType
Blogger.com
FireFox..
思いつかない...

投稿者 BlogWrite担当 : 18:54 | コメント (0) | トラックバック

記事とかお礼とか

 暫く更新を怠っていたため、ついにトップページに表示される記事が無くなってしまっていました。肩の力を抜いてまた気楽に更新していきたいと思います。

 技術評論社さんから「Software Design」の一月号が発売され、Atomの特集記事が掲載されています。もし不明な点、間違い等ありましたら、ぜひお問い合わせいただければと思います。
 また、感想などいただけたら非常に嬉しく思います。

 さらに、月刊SOHOドメインさんのブログ特集で、アマヤホームさんの件が詳しく取り上げられていますのでビジネスブログに興味のあるかたはぜひご覧になってみてください。
追記:『月刊SOHOドメイン』に特集されました。経由:オンラインで読める(PDF)ようです。

PS.窓の杜大賞のノミネートの件では皆様暖かいご支援ありがとうございます。個人的には、開発者本人が投票しても良いのか悩んでいる内に投票期間が過ぎてしまった^^;のですが...。FireFoxやらiTunesとかある中で、BlogWriteが銅賞でも良いので、入賞したらすごいだろうなーと思います。結果の発表は明日の22日だそうです。

投稿者 BlogWrite担当 : 10:55 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月06日

MSN SpaceでのBlog投稿API

マイクロソフト社に所属する、RSS Banditの開発者でAtomのMLで活発な発言もしているDare Obasanjoさん。今はMSN Space(MSが提供するブログ)のチームにいるみたいで、MSN SpaceでのBlog投稿APIを検討しているとか。

(以下超概要)
What Blog Posting APIs are supported by MSN Spaces?
Q.MSN SpacesではどのBlog投稿APIはサポートされてますか?
A.今のところどのAPIもサポートされてません。現在のXML-RPCのAPIではセキュリティ等がダメ。でも今検討中。例えば、

・Blogger/MetaWeblog API over HTTPS/SSL「Blogger/MetaWeblog API(XML-RPC)」
もっともツールが対応しやすい。
しかし機能的に足りない所がある。

・MSN Spaces specific API over HTTPS/SSL「MSN Spaces独自API」
独自APIではツールの開発者が大変である。
対応するツールも限られてしまうだろう。

・Atom API over HTTPS/SSL
予定では数ヶ月後に完成だが、予定が不透明である。
Atom Projectの予定に振り回されるのもどうか...

フィードバック歓迎....

だそうで...
どこも悩む事は一緒^^;

しかし、既存のXML-RPCのAPIでは機能不足、だから独自APIをXML-RPCで作る。そんな事をみんながみんな始めたら、破綻するのは分かりきっているわけです。
だからこそXML-PRCではなく、AtomのようなRESTで拡張性のある文書モデルを利用し、独自拡張機能はXMLに元々ある名前空間で対応しようという動きになった訳です。

ExciteさんとUbicastさんのやった独自APIはその破綻する方のやり方な訳です。

個人的に思う今現在のベストな対応方法としては、既存のXML-RPC APIにとりあえず対応し、独自機能についてはAtomAPIを待つ、という事だと思います。今検討されていらっしゃる方にはそうお勧めしています(例えば数ヶ月前にお会いした某社の方とかに...そろそろかな?)。

Atomはどちらにしても数ヶ月後になるのですが、なんにしてもDareさんこれまでAtomに結構貢献しているのだから、結果は見えてるような気がしないでもないですが....。どうでるか興味深く見てみたいと思います。

投稿者 BlogWrite担当 : 09:10 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月04日

RSSとAtomは対立しない

RSSとAtomの話題がチラホラ聞かれるようになった最近。

個人的には、RSSとAtomの対立という構図ではなく、しばらくはRSSとAtomは共存し(これは予想)、上手く使い分けられていく(希望的観測)と見ています。

避けられない本当の対立という構図は、実はRSS自体にあると思います。RSSにはRDFベースのRSSとそうではないRSSの2系統があります。日本ではRDFベースのRSS1.0がどうやら広く使われているようですが、特にこれといった理由なく使われているケースが多い気がします。つまり、RDFという構文(多少複雑)を持ち込んだわりに、その利点がそれほど活用されていないと思えるケースが多々見受けられます。
逆に海外では、RSS2.0に代表されるRDFベースではない方の系統が主流となってきているという話を聞きます。

「RSS1.0 (RDF Site Summary) は失敗だ」と。

個人的にはどうなるかとても興味があります。

投稿者 BlogWrite担当 : 12:24 | コメント (2) | トラックバック

2004年12月01日

フィードの数と情報過多

前の記事でのHepCatと登録RSS数の件にトラックバック頂いてコメントも付けましたが面白い話題なので、ちょっとずれますが少しばかり掘り下げたいなとか考えます。

 丁度二、三日前に、IT Conversationsが配信しているMP3を利用して、Bloggercon IIIのOverloadというセッションを聞いていました。

 これは、Bloggerカンフェレンスでの「RSSなどにより最新の情報が沢山入手できるようになった。がそれと共に、情報過多という新たな問題が起きている。いかに大量の情報を重要なものを振り分け、処理するか」、というブロガー達による議論でした。

 日々自分のしている作業も振り返り分析しつつ、微妙に考えをまとめて見たいと思います。

 このセッションの司会はMicrosoftのRobert Scoble。彼は、957のウェブログを購読してるそうです。なぜ彼はそんなに大量にRSSを登録しているかというと、「top of the world」に居たいからだ、と言います。つまり、いつも技術やトレンドの最先端に居たいからだ、という理由からだそうです。
 が、このように大量のRSSを購読していると日々大量の記事を処理しなければなりません。解決策は何か...

 「ソフトウェア的にフィルターをかまして、重複した話題やゴミを排除する」という意見。

 これに関して、PubSubというRSS検索エンジンの開発者(Atom支持者)が、システム的に自動で検閲してしまう事の危険性を指摘。(ここでRSSの第一人者Dave Winerがぶち切れる^^;)

 ソフトウェアがフィルターしてしまう事の問題点とは、自分がすでに知っているまたは注目している話題しか入ってこなくなってしまう、つまり新しい発見をする事が出来なくなってしまうという欠点です。さらに、重複した話題を扱っている記事でも、その重複しているという事自体に意味があり、例えば3人の人が話している話題はきっと重要であろう、などと判断する事が出来ます。
 Scoble曰く、「私としてはフィルターされた情報ではなく、生のあなたを知りたい」と。

 Dave Winerがぶち切れたせいで、ココで話題が技術的に解決する事から別の解決策の方へ移ります。参加者の人が曰く、「私は情報をフィルターするのに人を使っている、例えばScobleとか」と。

 つまり、Scobleのような情報通、早耳で頭が良い人の書いているBlogを購読することによって効率的に重要な情報を得ていると。個人的にこれ良いナーと思いました。

 そこで、Attention.xmlというのものに注目が集まるわけです。Attention.xmlとは、ある人が読んだもの、注目している事などを公開するための皆で決めてる策定中のXMLの規格の一つです。しかし、プライバシー的にどうかと思う訳で、自分が読んだものではなくて、いっそ逆に自分が読まなくなったものを公開した方が良いのではないかとかいう話...。

 他にも、Blog等の配信側に出来る事として、Blogのカテゴリーが役に立つと。カテゴリで整理した情報が読み手にとって必要な情報を得るために役に立つと。このBlogでも、BlogWriteやHepCatに関した専用カテゴリを設け、カテゴリ毎にRSSを用意しています。また、リンクBlogを用意して、自分が購読しているBlogのリストを公開する事によって自分がどれに重要度を置いているかを読者に提示することが出来ます。

結論

結局、自分と似た興味を持ち、かつ早耳で頭いい人のブログを登録しておく、というのが一つの方法かなと。「人」を利用した情報抽出ということです。その「人」を見つけるには結局多数のRSSを登録したり、検索しなければわからないわけですが、そのうちある程度の数に落ち着くのではと思います。
 例えば、Blog界隈のニュースを追いかけるにも、初めは全てのBlogサービスのRSSをそれぞれ取得していましたが、BLOG界の出来事のRSS一つで済むという事に気付きます。他にもあの人やあの人の情報を押さえておけば大丈夫、みたいな事があると思います。

 同じような事は、リアルな人間関係でも似たような感じで起きている事なんじゃないかなぁと思ったりします。

投稿者 BlogWrite担当 : 11:28 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月12日

BlogWriteに強力なライバル出現

BlogWrite for CEOs
企業トップのためのブログ書きについて、といった感じのコンサルタント系のブログ。「名前がカブッテイル」とか言ってアメリカ流に訴えるか、「どうでっか?」とBlogWriteを売り込むか...。

両方やると、脅迫とかいうらしい...笑。

投稿者 BlogWrite担当 : 02:17 | コメント (0) | トラックバック

短い時間で効率的にブログを書くために

短い時間で効率的にブログを書くために
Managing Your Time for More Effective Blogging

Blogの書き手のための時間管理に関する6っつのチップより抜粋。

1) Blog in Small Chunks.
大きなアイデアを解説するのではなく、一つのポイントを一つの記事にしてみる。

2) Blog the Way You Talk.
しゃべる時のようにブログを書く。

3) Get an Aggregator.
ネタ探しにアグリゲータ(RSSリーダ)を使う。

4) Schedule Your Blogging.
優先順位をつけたスケジュールを決める。週二回何曜日とか...

5) Take Note of Your Blog Ideas.
ネタを思いついたらメモる。

6) Use Blog Tools for More Effective Blogging.
デスクトップ用のブログクライアントやモバイルブログツールを活用する。


みなさんは、どんなことを心がけてブログを書いていますか?
私のモットーは「思いついたら即書く」というものだったりします。

投稿者 BlogWrite担当 : 01:44 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月09日

ノキア、AtomAPIクライアントを搭載した携帯発表

ITmediaモバイル:Nokia版“おサイフ携帯”やBlog携帯も~Nokiaが新モデルより引用、

最大の特徴は640×320ピクセル、6万5536色のタッチスクリーン。ペン入力による手書き文字認識も可能だ。1メガピクセルカメラを搭載し、インターネットWebブラウザや電子メール、PIM、MP3音楽プレイヤー、FMチューナー、WebLog機能の「lifeblog」など、ハイエンドな電話機能とエンタテイメントの要素を併せ持つファッション端末。
モバイルでのBlog利用にも対応。内蔵のmoblogクライアントを使えば、ブログサイトに写真やテキストをアップロードできる。

あれ、もう出たの?えっ?

HepCat Dev and Test: Nokiaの携帯でAtomを利用したBlogへの投稿が2005年初めには可能により引用、

「Nokia のLifeblogはオープン標準のAtomにより実現され、2005年初めには利用できるようになる。」

のSixApartと提携してサービス展開するという,ノキアのAtomクライアントですよね...。


そろそろ携帯買おうっと.....。

auだとアプリ作って楽しむ事が出来ない(Brewは"勝手"アプリ作れないらしい)から,結局ボーダフォンか...ウムム。

投稿者 BlogWrite担当 : 13:40 | コメント (0) | トラックバック

Podcasting - ポッドキャスティング

巷で,もとい一部の人達の間で話題になりつつある,Podcasting. 海の向こうでは,そろそろBloggerconで大いに話題になっているのではないかとかいう話が聞こえてきます.

Podcastingとは何ぞや..

ネット音声をiPodで聴く『ポッドキャスティング』
Sotto Voce: A Weblog: Podcasting
Sotto Voce: A Weblog: Recent Podcasting Favorites
Podcasting: blog.bulknews.net
iPod情報局: Podcastingが熱い!【前編】ネットラジオをiPodに自動転送

関連するリンク:
IT Conversations
技術系の話題を扱っていて,開発者のインタビューや,カンフェレンスの録音などをmp3形式などで配信している.
Audioblog.com
映像や音声を主にFlashベースの技術を使い公開できる.扱っているフォーマットはmp3やwavファイル.


日本での広まり,幾つかのポイント?

・音声などのコンテンツ配信
 日本ではどれだけコンテンツがあるか.これは,鶏が先か卵が先かの話ではないかと思います.つまり,簡単にコンテンツを作成&配信するツールが無いからコンテンツが無い.または,配信するコンテンツが無いから,ツールが出てこない.
 どこからブレイクするか,イマイチ見えてきません.先日触れたデジオが先駆けとなるのでしょうか..
 さらに,Audioblog.comの運営者の方が話していたのですが,「ある人は文章を書くのがとても上手い。しかし,すべての人がそうというわけではない。文章を書くという事を非常に苦手としている人もいるのだと.Audioblog.comでは,電話をかけるだけだ」と...

・需要?
 これは色々あると思います.聞きたかない,というような意見もあるでしょうが...
 しかし,上記のリンクにもあるように,IT Conversationsのサイトで配信されている音源は非常に面白いです.Audioblog.comの運営者の話とか,My Yahoo!でのRSS対応の話,Amazon Web Service開発者のお話など非常に勉強になります.また技術系以外でも,例えばインディーズ系の音楽は言うに及ばず,若手芸人のコントとか..

・コンシューマ&利用者
 ユーザから見ればどれだけ簡単に利用できるのかという点がポイントとなるのではないでしょうか.今の所,Podcastingという話に限ってみれば,iPodユーザしか利用できないような気がします.
 このままでは,マスマーケットに到達することは難しいのではないでしょうか.これは,iPodとオンライン音楽ストア自体にもいえることで,例えば,Dellのエライ(CEO)人が最近,これに関して,
デルの禁句は「アウトソーシング」と「プロプライエタリ」--CEOスピーチより - CNET Japan
「iPodで『(Appleは)素晴らしい仕事をしている』とRollins。だが、Appleが今後も同端末に搭載される技術をプロプライエタリなものとして扱い続ければ、『Appleは、PC事業で犯したのと同じ失敗を繰り返すことになる』という。Dellでは、(プロプライエタリよりも)標準化された技術の方が安価で簡単に入手しやすいため、市場の勝者になりやすい」と.
 しかし,携帯プレーヤに直接転送までしなくても,勝手にPCに保存して,PCのプレーヤ用のプレイリストを生成するだけでも,それなりに便利かも知れません.これは,恐らくPodcastingとは呼ばないかもしれませんが....
 しかし,Podcastingの魅力は,適当に放置しておいて,勝手にiPodのような携帯プレーヤに保存されて,外出時に持っていくだけ,という所がミソなわけで,やはりより多くの携帯プレーヤに対応出来るかどうかがキーのような気がします.

・帯域と容量
 これに関しては、時間が解決する?という期待が持てます.ギガ級メールサービスも出てきた事ですし.

・検索とメタデータ
 今の所無理.

 という事で,新しいサービスが出てくる事を期待してワクワクしつつ,BlogWriteでは,PCのマイクで録音した,音声などを,簡単にブログに送信できるような機能を実装したいと思っています.実際,録音する機能は作ってあり,あとは,mp3に変換する機能とBlogWriteに組み込むか,簡易ツールとして,別ソフトにするかを決める,という段階です.実際に公開するのは,残念ながら1,2週間先になってしまうかもしれません.

追記:
最近発表された,Skype(スカイプ) APIを利用して,ある特定ののアカウントに電話をかけると,それが自動的にブログみたいなカタチで,公開されるとかいうのは...。意味なさげだけど,面白そう....。

投稿者 BlogWrite担当 : 11:06 | コメント (1) | トラックバック

2004年11月07日

iアプリなXML-RPCクライアント

あそびをせんとやうまれけむ: 携帯電話が直接XML-RPCをしゃべる経由
YappoLogs: iアプリなXML-RPCクライアント配布開始しましたより引用、

Movable TypeのXML-RPC APIに対応したDoJaなクライアントの一般配布を始めました。

だそうです。(というか、よく見たらトラックバックもらっていた..orz)
ここでも話題になった、
Nokiaの携帯でAtomを利用したBlogへの投稿が2005年初めには可能に
携帯でAtomによるBlogクライアントの技術的問題点と新しい提案

携帯でブログを編集するiアプリ公開されたようです。面白そうですね。

で、あやまらなくてはならないのは、携帯でAtomするにはHTTPのヘッダが問題になるという事で、回避策があったけど改めて報告するといったきり、してなかった件です。ごめんなさい。

ということで、携帯でAtomする「MobileAtom」を紹介したいと思います。
「MobileAtom J2ME」携帯のJavaアプリでAtomAPIを実装こちらで、スクリーンショット付きの非常に詳しい解説があります。ソース付きです。

携帯でAtomクライアントを作成するのには、とっても参考になるのではないでしょうか。日本の携帯でも動くようになったら嬉しいですね。

投稿者 BlogWrite担当 : 10:08 | コメント (0) | トラックバック

業界標準を無視したエキサイトブログのXML-RPC

ついに、恐れていたことが現実のものとなってしまいました。

「旅行びと日記」日記: エキサイトブログがXML-RPC対応・・?より引用、

ubicast Bloggerがエキサイトブログに対応したとのこと。
で、ということはXML-RPC機能に対応してきたのかなと思いエキサイトでリリース文なんかを探すものの、発見できず。
「???」
という状態で色々調べてみたんですが恐るべきことが判明(萎・・

詳しくは上記リンク先を読んでいただくとして、何が問題かというと、
すでにある「業界標準」仕様を無視したプロプライエタリな独自仕様
混乱を避けようというBlog界の動きを完全に無視した動き

また、これらは混乱をもたらすものでしかなく、ユーザをも無視したものでもある、と言えます。

海外では、競合する各社でも開発者どうしが協力しあって、積極的に標準的な仕様を裁定しようとがんばっているさなかに、こういった独断的に協調や連携を阻害するような事をすると、せっかくのBlogにおける利便性が損なわれることになります。

RSSやAtomにしても、標準仕様というのがあって、みんなが同じものを使えるからこれだけ便利になり、種々のツールやサービスが生まれました。

オープンな標準と相互運用性がキーなのです。

市場においてある程度の位置にある一社がそれを無視した動きをするのは、おそらくは無知からきたものだと思われますが非常に残念であります。

おそらく、エキサイトとubicastさんの中の方たちは、Atom APIというものをご存知ないのかもしれません。これは、私もいままで積極的に情報を発信してきたつもりですが力不足の面があったかもしれません。また、Atom APIに関して日本語の情報がまだ少ないという事もあるかもしれませんね。

そういう事もあり、ちょうど今、技術系の雑誌にて、Atomについて記事を執筆させていただいています。ここにて、XML-RPCとAtomAPIについて詳しく書かせていただきました。XML-RPCにおける混乱を懸念していましたが、間に合わなくて本当に残念です。

投稿者 BlogWrite担当 : 09:29 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月30日

テクノラティ日本上陸?ついに政治家もブログ!

ネットは新聞を殺すのかblog : ブログを変えるテクノラティの衝撃より引用、

さてそのテクノラティがいよいよ来年早々にも日本語サービスを開始する。正式発表は11月初旬に行われる予定。

お?日本上陸するんですか?
期待大です。(追記:JPドメインもしっかり取得済みみたいですね。http://www.technorati.jp/)


同じく、山崎拓「先生」までがブログで知った、"ele-log (エレログ)" 選挙情報専門サイトElection.がお送りする政治家Blog
いつまで続くのか注目したいです。

投稿者 BlogWrite担当 : 21:29 | コメント (0) | トラックバック

BounceがRSS配信開始

タワレコいった時(かれこれ五年以上昔の話...)、よくもらって帰ったのがBounceという雑誌...。結構読んでました。
このたび、RSS配信始めたそうです。リンクされてはいないのですが、RSSのアドレスはここ。これで、音楽情報もばっちり?

投稿者 BlogWrite担当 : 18:30 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月27日

Yahoo! News 検索結果をRSS対応に

Nick Bradbury氏のBlog経由:

Yahoo!の検索結果がRSSで取得できるようになったようです。(前から出来ていたのですが、今回をもって正式公開という事だそうです。HepCatのログには6月からの記事が残っていました) ちなみにRSS1.0だったのが、今回からRSS2.0だそうです。

例えば、この結果をみると、右側にRSSのリンクがあります。

そのすぐ上にあるのは、My Yahoo!への追加ボタン。My Yahoo!でお気に入りのRSSをまとめて見れるやつです。

以下、Yahooのブログ、Yahoo! Search blog: Search Tricks #2: News Searchより

高度な検索オプション:

ニュースソースは7,000以上、高度な検索もサポートしているようです。例えば、

source:bbc blair

とやると、BBCニュースに絞り込んだ、ブレア首相のニュースを検索できるとか。
他には、
場所 : iraq location:canada とやると、カナダのニュース配信社でイラク関連のニュースを検索
カテゴリ : cat:sports houston とやると、スポーツのカテゴリで、ヒューストンのホームチームに関連するニュースを検索
言語
ニュースタイプ : newstype:pr ibm とやると、IBMのプレスリリース
など。


日本のYahoo!まで辿りつくのは、早くて半年、一年後でしょうかね。日本のニュース配信社とのあれやこれやで、どうなるのか不透明な所がありますけれど...。

ニュースに限らず、本家Yahoo!は頑張ってます。こんなにRSSを配信してるんですから。さらに、いつからか正確に覚えていないですが、Yahoo! Groupsの投稿もRSSで配信されています。

投稿者 BlogWrite担当 : 19:06 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月24日

デジオ

デジオ(ってイワユル音声ブログというんですか?)が面白そう。

難しいこと考えずにBlogWriteでもマイクから録音した音声をMP3化したものをブログに上げられるようにして見たり?



Yahoo!ショッピング - BlogWrite

投稿者 BlogWrite担当 : 14:48 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月21日

Atom Hackathon

「XML Conference & Exposition 2004」というカンフェレンス&エキスポが開催されるにあたり、「Atom Hackathon」というのがフィーチャーされるようです。

The goal is to demonstrate interoperability between as many client- server combinations as possible in doing four operations: 1. creating a new post that includes a picture. 2. replacing the picture with another. 3. changing the text of the post. 4. deleting the post.

という事で、Atomを実装したシステム間の相互運用性をデモンストレーションするために、Atomを実装したソフトを使い、1.新規記事を画像つきで投稿し、2.画像を別のものに差し替え、3.記事の文章を変更し、4.記事を削除する、という4っつの事を出来るだけ多くの種類のクライアントソフト、サーバー間で行なう、というもの。

とっても参加したいのですけれど....。11月16-18日、Washington DCか..。今の所、参加者は6人。さすがに世界中に散らばってるとなかなか難しいですね。のでIRCで時間決めてやるか?という話も出ています。

AtomAPIでの画像等の投稿の仕様が追加されたばかりのため、まずそれを出来るようにしなければなりませんが、Blogger、TypePadとライブドアも含めてまだ対応していない様子...。しかし、GoogleでBloggerを開発されている方が参加表明されいる事から、Bloggerは対応してくると予想。

この機会に、AtomAPIで画像の投稿が出来るようになると嬉しいな。


アップデート:(12:27 2004/10/21)参加者6名。テストされるツールとして、BloggerとEctoの名前が挙がっています。くやぢー。BlogWriteもダセー...。

Atom Publishing Protocol draft ver 02

投稿者 BlogWrite担当 : 06:14 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月19日

国会議員すべてにブログツールを与える法案?

Webマーケティングの近未来 第10回~欧米での企業ブログの現状 その3 - nikkeibp.jp - 注目のニュースより引用、

スウェーデンでは、国会議員のすべてにブログツールを与えるという法案がちょうど提出され、話題になっています。
という所が驚き。日本の国会議員は多分そもそもの話殆どタイプ出来ないと思うけど、欧米はその点違うからまた話が別という話も...あるけれど、日本でもやって欲しい面白い試みですね。

また、

まず、ブログのメリットについて検討してみてください。私が考えるメリットは、顧客や業界関係者など重要なグループの人たちともっと近い関係を作る、あるいは、業界のリーダーとして自分たちのポジションを確立するといったことです。その答えが「Yes」なら、次に企業メッセージのコントロールを緩め、個々の社員に企業のブランドの代表になることを許す気があるかを自ら尋ねる必要があります。そして、その答えも「Yes」なら、企業ブログを始めるべきでしょう。
というメッセージ...。確かにこのブログを始めてから、ユーザーの皆さんとの対話という所まで来ている実感があります。ここまで、ユーザーの方々との距離が近いと感じるのはブログを書いているからこそといっても過言ではないと思います。ハイ。

ブログによる情報発信、情報収集にとどまらず、小難しいことや面倒なことをより簡単に、学ぶこともあるけれど、それをより楽しく出来るようにお手伝いすべく、頑張りたいです、ハイ。

投稿者 BlogWrite担当 : 11:22 | コメント (0) | トラックバック

ゴッゴル

ゴッゴルとは何か、それは弊社が開発したソフトの愛称です。というのはウソ。ゴッゴルという単語をGoogleの検索結果の一番上にもってくるとかいうSEOコンテストがあるらしいですが、それは別として、ちょうど、Blog投稿を支援するソフトウェアのBlogWriteの無料版の最新版を公開するにあたり、名前を考えてたのです。

無料版とかいうのはとっても格好がよくないので、"ゴッゴル"という愛称で公開してみます....
BlogエディターBlogWrite無料版を期間限定で公開、その名はゴッゴルという。






とかして良いんでしょうか?(笑)

多分やらないですけど、これを読んだ他の人に似たような事をやられたら悔しいなぁ。 あとでどうするか考えて、決めたらここでゴッゴルを限定公開します。セコスギ...^^; まぁ、こういう手もあるぞとい事で勘弁ください(笑)






追記:(はてなダイアリー)というかグループが強いですね...人力SEO^^;というかなんというか...。そういう手もあったか...。現時点(20:04 2004/10/20)では、ここは9位につけてます。ただ書いただけにしてはぜんぜん悪くないですね。"ゴッゴル"って検索して、約3,860件中9番目。今後BlogWriteの無料版を"ゴッゴル"として公開するかはいまだ未定です^^。




(9:26 2004/10/21)今13位に落ちてますね、ここ。てか、"ゴッゴル株式会社"って何よ、みたいな(笑)。みんな気合はいっているな~。



第 1 回 SEO コンテスト

投稿者 BlogWrite担当 : 09:57 | コメント (5)

ブログツール - sb でのXML-RPCサポート

古くからテスターしてくださっているnogoさんからの御報告で、MTのようなブログツール、sbに対してのBlogWriteの動作報告を頂きました。

追記、画像アップロード、カテゴリー(複数カテゴリーはないようですが..)等うまく動いているそうです。

確かに、マニュアルに詳しく書いていないので分かりにくいのですね…
http://(sbのパス)/admin.cgi
がエンドポイントとなるそうです。

この場を借りて、御報告いただいたことに感謝いたします。

投稿者 BlogWrite担当 : 09:03 | コメント (0) | トラックバック

GoogleがBlogger含め全面的によりセキュアなアカウントシステムに移行へ

Bloggerのメーリングリストで流れたアナウンスですが、この数週間の内にBloggerのAPIに動きがあるそうです。Google全体として、よりセキュアなアカウントシステムに移行する動きの一環のだそうです。

基本的には、よりセキュアの通信を行なうために、Blogger APIやAtom APIを利用する際、SSL通信を使えるようになるとのこと。これにより、XML-RPCでパスワードが平文で流れるというリスクをカバーできます。逆に言うと、平文でパスワードが流れるような通信は今後出来なくなります。BlogWriteではAtomAPIを使っていますので、そもそもパスワードが送信されるわけではないのでまったく問題ありません。

SSLに対応していないシステムのために、新しい個人認証番号を導入し、ユーザーは特別のパスワードを利用することが出来るそうです。

BlogWriteはすでに、Seesaa BlogでのSSL通信での稼動を確認していますので、SSL通信対応に関してはまったく問題ありません。

動かなくなる可能性のあり、変更が必要なシステムは、XML-RPCのみ対応しているSSL通信が出来ない系のものに限りそうです。


BlogWriteでは変更なしで、問題ないと見ています。


さらに良いしらせで、このシステムアップデートで、BloggerでAtomAPI利用時の問題(過去記事を取得すると、日本語などが化ける-文字コードをIS0-8859-1としてしまう-バグ)が修正されるそうです。

追記:BDNでも掲載されていました
http://www.blogger.com/developers/2004/10/apis-and-ssl.pyra

投稿者 BlogWrite担当 : 08:53 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月17日

orz:ブログのリンク変更したので...

すみません。ブログのURLの設定を、http://witha.jp/blogからhttp://www.witha.jp/blogへ変更したため、RSSなどで多数の記事が重複して配信されてしまっていると思います。申し訳ないです。

これはRSSの欠点です。記事Itemを識別するためにRSSではIDとして記事へのリンク(URL)を用います。このため、”www”をつけただけで、別の記事つまり新しい記事として認識してしまうのです。(RSS2.0にはオプションでGUIDを付けられる)

Atomではこれを解決するために、URLではなく、記事毎に一意のIDを生成します。しかし、現時点でのIDの生成の方法が、ドメインを元にしているため、wwwが入ると、IDも変わってしまい、やっぱり別記事として認識してしまいます。

AtomのWG(作業部会)でもこの記事重複問題に関して壮大なる議論が繰り広げられていたのは記憶に新しいのですが、お手軽に確実なグローバルにユニークなIDを生成するにはドメインを使うのがもっとも合理的なので、どうしてもサブドメインを変えた場合、別記事になってしまいます。

という事でいかんともしがたい所です...。

投稿者 BlogWrite担当 : 21:01 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月12日

MovableTypeで再構築時にでるエラー:Prototype mismatch: sub Params::Validate

今、あるサーバーでMovableTypeを設置して、また企業ブログ用にテストサイトを構築しています。そこのサイトにインストールされているPerlのバージョンは古くて、MovableTypeをインストールする前から少し不安はあったのですが、やはり問題があったようです。

テンプレートを編集してデザインをカスタマイズしている内に、
Indexページの再構築時に、

Prototype mismatch: sub Params::Validate
というエラーが出るようになってしまいました。

さくっと調べると、方々で報告があるようで、「はてな」でも質問されていたようですが、解決にいたっていません。
movableType3.01デベロッパー版(JA)を使っています。ある日突然再構築中に以下のエラーが出るようになってしまい、エントリーの新規投稿時にはinternalServerErrorが出るようになりました。修復方法はないのでしょうか。

ところが、
http://www.iay.org.uk/blog/2004/09/movable_type_31_1.htmlに原因を発見した方がいました。日本語の情報がないので、紹介しておく価値はあるかなとおもいまして...。
その記事によると、古いバージョンのPerl (5.005_03)が、MovableTypeに含まれる Perlのモジュール Validate::Params(0.73)と相性が悪く、問題を起こしている模様です。
この人は、自サーバーにBlogを設置していたので、このモジュールを0.74にアップデートして解決したようです。
しかしながら、Cバージョン(要管理者権限)とPerlバージョンがあって、Cバージョンしか修正されていないそうなので、レンタルサーバーに設置しているケースでは、自分では対処のしようがありません。

追記:TrackBackいただいたように、レンタルサーバーの方にお願いするしか方法はありません。しかし、経験上あまり反応はよくありません。「検討します」といわれて放置される事がほとんどだったり…。でもお願いするのは良いと思います。
追記2:「はてな」の質問にトラックバックを打てるのですね!?!? 早速今打ってみます。


企業サイトのBlog構築まだまだ来ます、がんがん行きます。

投稿者 BlogWrite担当 : 11:51 | コメント (1) | トラックバック

2004年10月10日

Atom Publishing Protocol draft ver 02

The Atom Publishing Protocol (通称Atom API) のドラフト最新版が上がってます。

ぱっと見、違いとして目に付くのは、新たに ResourcePostURI が新たに追加されている事でしょうか。でもMLであんまり突っ込んだ議論されてない仕様なのに本当によいんかなと...。

この ResourcePostURI が、Atom APIにおける画像やファイルのアップロード送信先となります。具体的には、HTTPの標準的なPOSTと同じ。

POST /_do/exampleblog/post_resource HTTP/1.1
Host: www.example.com
Content-Type: image/jpeg
Content-Length: nnn
...raw bytes of image go here...

な感じ。なんだツマンない...もとい、シンプルなのは良い事です。

成功時のHTTPレスポンスコードは、201Created。
送信された画像などのアドレスは、HTTPのLocationヘッダーに入る...。

投稿者 BlogWrite担当 : 16:50 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月04日

BlogWriteがベクターで買えます

トラックバックで教えてもらったのですが、BlogWriteがベクターで買えるようになったらしいです。

ってか今の今まで知らなかった...orz。 教えていただいてありがとうございます。m(_'_)m

投稿者 BlogWrite担当 : 15:58 | コメント (0) | トラックバック

便利なMTプラグイン二つ

hirata's techknow MTで便利なプラグインが二つ公開されています。
一つ目も便利ですが、二つ目の通知リストのエクスポートは欲しかったのでウレシイ!!

通知というのは、MTの機能の一つでメルマガに近い事が出来ます。ユーザーにメールアドレスを登録してもらい、エントリーを書いたあと、登録されているアドレスあてに、エントリーが追加されたというメールを一斉送信出来ます。

しかし、登録されたメールの数が多くなってくると、外部ソフトを使ったメールの送信をしたくなったり、登録リストのバックアップを取りたいという時がままあります。

そういう時に便利な通知リストのエクスポートのためのプラグインのご紹介ですた。

投稿者 BlogWrite担当 : 08:57 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月30日

ミンナハヤスギ

キヌガサWebService対応宣言が出てるし、Bloglinesは前に言ってた事がもう本当になっちゃうし、Amazon Web Servicesもキニナルし、そんな時に他にも業務入ってるし...。 アレモコレもしたいのに、もう現実のスピードにとっくのトウについていけなくなっている今このごろカモ...。

投稿者 BlogWrite担当 : 11:59 | コメント (3) | トラックバック

2004年09月29日

またIEのバグにはまる

またIEのバグにはまる。この際だから徹底的にIEを貶して見ます。

Blogの広がりと共に、サイトのエンコーディングがUTF-8のページが多くなって来ました。が、またまたIEのバグにより思わぬ落とし穴がありました。

HTTP/1.1 302 Found
Location:http://www.hoge.hoge

でリダイレクトされるとIEはUTF-8のページの文字コードを誤認識します。

回避策は、いくつかありますが、完全なのは、.htaccessファイルに


<Files "index.html">
ForceType 'text/html; charset=UTF-8'
</Files>

とやる事でしょうか。


CSSにもUTF-8にも対応しきれていないIE!!とか煽ってみます...。(これで少なくとも5人には恨まれたな....。)

投稿者 BlogWrite担当 : 10:16 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月23日

文字の周り込みとIEのバグ

BlogWriteで画像を挿入した場合、画像に対して文字等の回りこみ(align)指定をする事が出来ます。これをすると、画像を右によせて、文章を画像の周りに回りこむように配置することが出来るのですが、これを指定した場合、画像のサイズによってははみ出して次のエントリーにまで侵食することがあります。

これを回避するには、回り込み解除を適当な場所に挿入します。<br clear="all" />などを回り込み解除する場所(文末など)に挿入します。

しかし、これをすると特定の環境でIEで閲覧中に問題が起きます。有名なIEのバグです。どんな問題かというと、画像を挿入している所の幅(Width)が自動になっていると、その部分が真っ白になってしまうという問題です。最新のバージョンのIEでこれですから、IEを使っているSleipnir(スレイプニル)やHepCatでも同様の症状です。

つまり、このBlogでは出来ません。ここは中央部分の記事コンテンツ部分をウィンドウサイズにあわせて可変にしていますので、上記の事をすると真っ白の憂き目にあります。

市場で圧倒的なシェアをいまだ持つIEがこういったバグを長い間放置しているのは、なんだかなぁ、という気持ちです。

ウェッブデザイナー(ウェッブ開発者含む)は技術だけでなく、こういった細かい個々の環境でのクセを知っていなければなりません。数年前はもっとシンドかったですが最近はNetscape4.7系が滅びてくれたので楽です。今はIEが一番の問題となっています。

という事で、BlogWriteで画像に回り込み指定をした場合、下に侵食しないように自動で文末に回り込み解除を入れようかと考えていましたが、結局回避不能っぽいので、止めました...。<br />とかで調整するしかないかもしれません。

追記:どんな風になるかというと、それらしい写真付きページがココ。イヤー綺麗な人ですね...。^^;

投稿者 BlogWrite担当 : 17:21 | コメント (9) | トラックバック

2004年09月22日

FireFoxでRSS・Atom自動発見ー>HepCatに登録...

IEのシェアを奪いつつあるFireFox。FireFox正式版一歩手前のRC版がでたので、ここしばらく自宅で使っています。大きな新機能といえば、RSS・Atom AutoDiscoveryに対応し(ページ内からRSSやAtomへのリンクを発見する仕様:HepCatもすでに対応済み)、「お気に入り(Live Bookmarks)」でそれを管理出来る点でしょうか。

「ライト」なRSSユーザーを対象とすれば、これはキラーアプリではないでしょうか。RSSに関する認知が広まり、RSSの配信と、RSSを利用するユーザーが増えれば素晴らしいと思います。

しかしこれは、HepCatとかち合うのではないか、というと、そういう訳でもなさそうです。個人的にそもそも普段のWeb閲覧はFireFoxでおこない、RSS・Atomからの閲覧はHepCatという風に目的別に切り分けています。ですので、普段の閲覧時に自動的にページ内からRSSやAtomを発見してくれると、新しいRSSなどを見つけることができて嬉しいわけです。FireFoxで発見したRSSやAtomを、HepCatに登録してあとでまとめて更新したり閲覧する、という用い方が出来ます。

そんな時に便利なFireFoxの拡張を早速作ってくれた方が居ます。

Feed Your Reader

これを使うと、FireFoxでページを閲覧中にRSSを自動発見した時にRSSをクリックすると、HepCatが立ち上がってRSSの登録画面が表示されます。簡単。
無敵です。

FireFoxの拡張というのは、FireFoxに拡張機能を付加するツール群を指します。
個人的には、以下の拡張を使っています。

adBlock(広告を遮断します)
All-in-One-Gestures(マウスジェスチャー)
Live HTTP Header(サーバーとのHTTP通信を覗けます)
Tabbrowser Ext(タブブラウザーの機能を大幅に拡張)
IE View(今みてるページをIEで開く。HTML作成時の確認に楽)
GoogleBar(Googleツールバー)
GooglePageRank(Googleのページランクが分かります)
EditCSS(見てるページのCSSをリアルタイムに修正できます。BlogのCSS作成に最高)
GmailNotifier(Gmailの受信通知)
User Agent Switcher(IEやOperaなどに身分を詐称できます。IEにしか対応してないダメなサイト用)

便利すぎです。

投稿者 BlogWrite担当 : 00:40 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月21日

Blogory

Findory というところがBlogoryというのを始めたそうです。パーソナライズされたオンラインブログリーダーという事で、RSSを意識しないで「My ニュースページ」見たいのが作れます。米Yahoo!のMy Page 見たいですね。でも見た目はGoogleニュースみたい。

Blogory : Your personalized weblog reader.

さらに、パーソナライズした版と、していない版のトップニュースをRSSで配信してくれます。

投稿者 BlogWrite担当 : 23:52

2004年09月19日

理想的なBlog環境...

現時点での理想的なBlog環境というモノを個人的な視点から考えて見たいと思います。というかただの妄想です。

1.すべてのサイトがRSS・Atomを吐き、
2. HepCatでコメントとTrackBackも取得できて、なおかつ
3. ブラウザー経由ではなく直接BlogWriteからコメントをつける事が出来て、
4.そのまま、BlogWriteで自分のBlog用に記事を書いて自分のBlogにアップして、TrackBackも打てる。

というものだったりします。

つまり、HepCat&BlogWriteですべて完結。



なんてなったら面白いな~。

投稿者 BlogWrite担当 : 17:13 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月18日

Blog(ブログ)の企業における利用

Modern Syntaxの記事経由で、

「コミュニティとメディアの可能性---ブログが拓く世界」というインタビュー連載がありました。
「マーケティングにおけるブログの活用」という事でこれからの企業におけるBlog(ブログ)の活用やRSSの利用などについて、よくまとまっているとおもいましたので、ご興味がある方はぜひ。

さらに、モダシンさんの「単にBlogを社内利用にもっていくだけでは、ダメじゃないのかな」「別にブログでなくてもいいじゃん」という指摘にはその通りだと思います。社内利用にはむしろ、そこの記事のトラックバックにあるとおり、「イントラネット向けには “はてな” が向いてる?」気がします。パソコンが得意な方が居る所は無料のWikiなどを入れるかもしれません。

大手企業などでは、ライセンス料金がウン百万円とかする商用CMSやグループウェアを導入するんでしょうけれど...

投稿者 BlogWrite担当 : 13:32 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月17日

Now Playing...

先のBlog Hackers Conferenceで「アサマシ」ネタで盛り上がりっていたわけですが、BlogWriteに付けられそうな何か小技はないかと思案しつつ、お昼休みに作れそうな、「Hacking the Hack #92: iTunes COM API で今聞いている曲を Blog エントリに掲載」、いわゆる「Now Playing..」を付けようかとか、とか... しかもやるなら、Winampにも対応させてみようと...

Winampの方はCOMというかActiveXではなく、Plug-InのAPIが用意されています。BlogWriteはPlug-inではないので、今回はPlug-inのふりをしつつ、Winampプロセスを乗っ取りそのメモリー領域を覗いて、MP3ファイル名を取得し、IDタグから曲情報を取得するという、トリッキーなHackしてます。よって、WinampでCDなどを聴いている場合は除外です(CDDBにアクセスとか、なんかもう違う所にいっちゃうので...)。

とりあえず作って見ただけなので、これがどうなるかは今の所不明です..。

Now Playing... Fatboy Slim - 「Demons (Featuring Macy Gray)」 (Halfway Between The Gutter And The Stars [Bonus Track])

投稿者 BlogWrite担当 : 08:21 | コメント (0) | トラックバック

「eXtyle」やら、XML編集やら、「CSVからXMLへ:eXconv」、などHack、Hack、Hack

今まで、HepCat担当やらBlogWrite担当などと失礼ながら名乗らせていただいておりました。「個と会社を区別すべし」、という事を肝に銘じる、という理由などもあったからなのですが、最近、素で名前を晒され始めているので、この機会にちょっとだけネタばらし。

先日の「BlogHacks」のHack#9で、チラッと紹介されていた、「eXtyle」というソフト、手前味噌ですが私が作りました。

あそこは、もうかれこれ、4年ほど前に個人的に作ったソフトの置き場です。2、3年まったく弄ってない放置サイトのくせに、なぜかグーグルランクが5とかいう不思議なサイトです。 あそこにあるソフトで1番人気は、「eXconv」といって、CSVなどのデータファイルをXML形式に変換するソフトです。なぜか海外で人気があって、今でも毎月のように、海外から「ソース キボン!」とメールがやってきます。すべては、更新止めてる私の責任です。

もう少しソフトの説明すると、

eXeed
これは、XMLファイルを簡単に編集するソフトウェアです。最近多いXML形式のファイルを手軽に編集できます。(XMLは決まりが多いので、素のテキストエディタで編集するのが難しいケースがあるため、だれでも簡単に編集できるように作りました。当時、どこぞから、1万2千円ほどで販売されていた同等のソフトがありましが、その対抗でもありました^^; 今そのソフトは販売されていません。8-O ...)これを使えば、例えばHepCatの設定ファイル(HepCat.xml)を編集することも、Jugemのエクスポート形式がXMLになりましたが、それなどを直に安全に編集する事も出来ます。もちろんRSSやAtomを作成&編集する事も出来ます!

eXconv
何故か、日本語版と英語版で大きな違いがある...のは愛嬌で....。よくExcelやAccessからCSV形式でデータをエクスポートする事があります。eXconvは、そのCSVデータをXMLに変換してくれます。つまり、データベースに保存したデータを、一括してRSSやAtomに変換する事なども可能なのです。

通常、CSVからXMLとか、AccessからXMLへ、といったケースでは決まりきった構造のXMLしか作れませんでした。例えば新しいAccessがXMLでデータを吐き出せるといってもそれはAccessでのXMLであり、任意のXMLを作成することは出来ません。eXconvは、DSD: Data Source Definitionという定義ファイルを作成し、CSVから任意の形式のXMLを簡単に作成する事が可能です。ちなみにDSDは私のでっち上げ規格です。

これにより、データベースより直接またはCSVを通して間接的にRSSやAtom形式のXMLをがんがん生成する事だって簡単になるのです。

ちなみに、Googleでウェブ全体から「CSV XML」を検索すると、この2、3年ずっとトップに来ています。よっぽどマイナーな分野なのでしょう...。

そして、「eXtyle
この使い道は、BlogHacksを買って本を読みましょう!とか...。実はタイプに疲れてきたからだとか...。
個人的には、eXtyleという名前がとっても良いと思っています。

ええと、すみませんが上記ソフトは会社としてはサポートしていません、ご了承ください。また要望などをいただいても、反映されるとかあまり期待しないでください、すみません。

XML Hacks
Blog Hacksが日本のオライリーからでたけれど、本家オライリーから、今はやりのHackシリーズの「XML Hacks」(記事)なんてのが出てますが、日本語版がでるとしたら(出ないで、単に訳がでるだけだと思うけど)、きっとこのハックが紹介されるでしょう!違



あぁ、言ってしまった...。

Now Playing...The Dave Brubeck Quartet - 「Everybody's Jumpin'」 (Time Out)

投稿者 BlogWrite担当 : 04:26 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月16日

Blog Hackers Conference!

常日頃の引きこもり状態から抜け出すべく、良い機会だったので、「Blog Hacks」発売記念イベント「Blog Hacks Conference」行ってきました。

まずは、紹介。
著者の一人Naoyaさんの記事より BroadBand Watch の記事、 また、「Blog Hackers Conference 2004」行ってきたのリンク集、 「Blog Hackers Conference 2004.」Hail2UさんModern Syntaxさんの記事など.

皆さん、才能あり、かっこよく、ユーモアに溢れながら、とっても気さくな方達で、とにかく楽しく収穫もあり良かったです。

いろんな方とお話できたのですが、自己紹介すると「あ、Blog読んでますよ」とか、「ああ、あの」とか言ってもらえると もう嬉しくて、初対面という気がしませんでした。(始めに名前を言っても、「ハイ?」見たいな...笑)。 楽しんだのはもとより、いろんな意味でインスパイアされました。

皆さん、それぞれちょっとしかお話できずに済みませんでした。日頃から存在は知りつつも、お顔を知らないために今回はご挨拶できなかった方もいます。この場をお借りして、失礼しました...と。

皆さんに読まれても恥ずかしくない記事を書こう、などと考えると、まったく書けなくなるので、いままでどおりに書くときは気ままに書いていこうと思います。

投稿者 BlogWrite担当 : 22:19 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月13日

携帯でAtomによるBlogクライアントの技術的問題点と新しい提案

Javaありの携帯で、Atom PPを利用したアプリケーションを開発する際に、幾つか問題がでてくる点が指摘されている訳ですが。

今のAtomPPの仕様で最低限必要となる機能は:
・カスタムHTTPヘッダーを吐ける事。
・HTTPメソッドのPUT/DELETEを使えること。

1番目のは、WSSEという認証のために認証情報をヘッダに入れて送信するために必要です。
2番目は、PUT->編集、DELETE->削除で必要になります。

そこで、Yappoさんが、ここで教えてくれたように、J2MEなどを利用していて、POST/GET以外のメソッドを使えない端末、はどうするのかという話になりますが、つい数週間前、Atom Syntax mailing list延々と議論されていたのであえて蒸し返すのもなんなので、しばらく様子を見たいと思いながら、今公式Wikiで新しい仕様が提案されているので、一応紹介まで...。
PaceAtomActionHeader

必要となるのは最低限、GET、POSTが出来る事。それ以外(PUT、DELETE)が無理な場合は、Atom-Actionヘッダーに、"PUT"・"DELETE"のメソッドを指定しPOSTできる。

記事削除のサンプルヘッダー:

POST /path/myLastEntry.atomapi HTTP/1.0
Content-type: application/atom+xml; charset=utf-8
Atom-Action: DELETE

ご覧になると分かるように、文字コードの指定があるので、Shift_JISでも構いません。

さらに、編集のPUT:

POST http://example.com/myRecentEntry HTTP/1.0
Content-type: application/atom+xml; charset=utf-8
Atom-Action: PUT

<?xml version="1.0" encoding='utf-8'?>
・・・以下Atomエントリー形式のXMLドキュメント(省略)

という代替策も用意しようという事が提案されています。もしこれが正式に採用されたら、携帯でもAtomPPをフルに使ったBlogクライアントになる事が可能になるんでしょうか...

気になるのは、
>HTTPヘッダやPOST/GET以外のメソッドを使えない端末の為の逃げ道
があれば、十分という事ですが、「HTTPヘッダ」を使えない端末、というのが、カスタムHTTPヘッダーの事、例えば、X-WSSEやAtom-Actionといったヘッダーを自由に設定できない環境だと、今の所無理です。また、例え使えても、中継するキャリアー(というのかな)がヘッダーを削除してしまう事もあるかもしれない、という点がまだはっきりしていません。

いや密かに、携帯版「こうさぎ」、モバイルこうさぎとか期待しているわけですよ!

投稿者 BlogWrite担当 : 22:48 | コメント (0) | トラックバック

PubSubのREST API

(技術的でつまらない話ですが、すみません)

先日の、「Atom over XMPP」での件でもちょっと書きましたが、海外の有名なサービスで、PubSub.comというものがあります。日本でいう、RSS検索エンジンの、BulkFeedsFeedBackにプラスαしたものといった感じです。

PubSubは、REST形式の独自APIを公開し(多分日本語ではまだあまり紹介されていない..と思います)ていて、無料で利用出来るようになっています。

これの面白い所は、キーワードを登録しておくと、PubSubが更新を見張っている膨大なBlogの記事の中からキーワードにマッチした記事を、PubSub自らPOSTしてくるのです。RSSリーダーで引っ張ってくるのではなく、向こうが送信してくれます。もちろん、HTTPのPOSTで送られてくるという事は、サーバー上にPOSTを受け取るCGIなどのスクリプトを用意する必要がありますが、サンプルもあり、簡単なスクリプトで十分そうです。

Jabbarのネットワークに乗っかってAtomが送信されてくるという、先の件にしろ、これにしろ、こういった技術が今注目され始めているのは、米国ではRSSを利用するユーザー数の圧倒的な増加により、RSSを配信するサーバーに負荷がかかり、帯域も馬鹿にならないほど必要になって来たためです。例えば、マイクロソフトとか...

最近ダウン気味?のBulkFeedsとか、最近新戦力を得た、はてな、とかいかがでしょうか^^?
あ、BlogHacksのネタにもいいかもしれませんね。とかなんとか、テキトーに振ってみます...

投稿者 BlogWrite担当 : 00:38 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月12日

ブログで構築した企業サイト、その後

デザイナーズ賃貸のアマヤホームさんのサイトを先日ブログで 再構築するお手伝いをさせていただいたのですが、公開から一ヶ月経たないうちに、めざましい効果 を上げていらっしゃるので、なんというか本当に嬉しい限りです。

早速、有名賃貸情報サイト や、デザイナーズ賃貸マンション情報サイト「賃貸博士」などにピックアップされてました。

アマヤホーム
東横線を中心に、他とはちょっと違う「住みごこち&使い勝手」を意識したアノニマスデザイン。既製品の寄せ集めではない、オリジナリティ溢れるインテリア。これが賃貸? とにかく情報量が凄い!お部屋はもちろん、周辺の環境まで情報が記載されていて、とても親切なサイト!

また、不動産ブログ必見!『amayahome.com』:『不動産Webフラッシュ』編集長日記では、

それにしても、『amayahome.com』は素晴らしい。
など、ありがたい反響いただいています。この一ヶ月間で、Web上でのプレゼンスがかなり高まったのは確実かと思います。

通常、普通のサイト構築では、お客様から「サイト、ウチで変更したいんだけど」「え?出来ないの?」といった反応を頂きます。さすがに、HTMLとCSSを勉強してPhotoshopで画像加工してFTPで送信してください、とは言えません。そんな経験をイヤというほどしてきた事が、BlogWriteに力を入れるきっかけにもなっていました。

アマヤホームさんが精力的にコンテンツを用意され、日々更新する努力をされているからこそなのですが、今回、Blogの導入とBlogWriteによってより生き生きとしたサイトが生まれて、お手伝い出来て良かった、と思った次第でした...。
#密かにスタッフ日記のノリを楽しんでいたりもします...。

やはり嬉しいので、自画自賛自慢燦爛状態の文章おゆるしくださいませ..。

また、デザインを担当されたGhettoDesignにも一票!。私にはあんな秀逸なデザインは逆立ちしても出来ません...orz.

投稿者 BlogWrite担当 : 23:53 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月10日

Nokiaの携帯でAtomを利用したBlogへの投稿が2005年初めには可能に

携帯大手ベンダーのNokiaとSixApartとの提携

Nokia and Six Apart Announce Mobile Web Logging for Content Sharing

"The blogging capability of Nokia Lifeblog is based on the open ATOM standard, and will be available early 2005."

「Nokia のLifeblogはオープン標準のAtomにより実現され、2005年初めには利用できるようになる。」

関連日本語記事「米Six Apart、モバイル対応機能を強化した「TypePad 1.4」発表」

つまり、これにより、携帯からBlogへの投稿、編集、削除、写真の公開などが出来るようになります。基本的にはBlogWriteと同等の機能が携帯から出来るようになります。今現在の携帯からの投稿は時代遅れになるでしょう。

これでXML-RPC vs Atom PPの将来的見通しがたったような気がします。今現在は、日本ではXML-RPCしか実装していない所が多いですが、これからさらに、Atom Publishing Protocol(Atom汎用出版プロトコル?)に圧倒的な注目が集まっていく気がします。

携帯って日本は進んでいるはずではなかったでしたっけ?さぁ、Blogサービス提供業者のみなさん、Atomに対応しましょう!BlogWrite使いましょう..って話ではありません..。どちらにしても携帯もっていない私には使えないのですが...

投稿者 BlogWrite担当 : 13:15 | コメント (8) | トラックバック

2004年09月03日

「和香のキモチ」のRSSとAtom

今話題の井上和香さんの、「和香のキモチ」というBlogがあります。そのBlogが配信するRSSとAtomがやっと、担当窓口の方にお願いするなどすったもんだの末、やっとまともになった事をお知らせします。

原因は、絵文字などの機種依存文字などをそのまま貼り付けていたため、コントロールコードがXMLに混入してしまい、HepCatはもとより、Headline-Reader、RSS Banditなどでも「不正なXMLです、無効な文字です」というエラーになっていました。

もしや、と思う場合は、「FeedValidator」でちゃんとしたRSSであるかチェックしましょう。

投稿者 BlogWrite担当 : 20:22 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月01日

MozillaのサイトリニューアルとRSS配信

本家Mozillaの公式サイトが今日付けでリニューアルしたのですが、まず目に付いたのがトップページにある三つの「RSS」アイコン。更新情報などのアナウンス、Mozillaを話題にしている最新Blog記事一覧、コミュニティサイト(MozilaZine)のニュース一覧がRSSで取得できます。

ソフトウェアの更新情報などを提供する方法としてRSSが完璧な手法となりえます。もう海外では(マイクロソフトはもとより)RSSによる情報配信はあって当然といった感じになっています。使用しているソフトウェアの更新情報を管理するのは非常に大変です。例えば秀丸という超有名なエディタがありますが、エディタの最新版公開などの情報をRSSで取得できます

Mozillaについてご存知ない方へ:Mozillaとはブラウザーの一つで、とても人気があります。セキュリティ的にも安全とされ注目されています。日本の公式サイトはコチラ

以下駄文:

日本では、システム関連やソフトウェア開発者ですらRSSの事をご存知でない方がまだとても多いです。個人的にお会いするソフトウェア開発者の中にも「RSS?何それ?」という方が多い...。また、XMLに関しても、「そんなに良いものなら、なぜXMLは使われていないのですか?」という質問も多数受けます。初めて言われた時は、開いた口が塞がらなかったのですが...

どうやら、ソフトウェア開発者の中にも世代というものがありまして、インターネットの出現前から活躍していた開発者は未だソフトウェア開発という観点において、インターネットを活用するという事がどうしても出来ない方々が(一部)いるような気がします。同じように、数年前からインターネットを席巻しているXMLに関しても、新しい技術(XML)に適応出来なくて(またはしたくなくて)、意味も無く否定的な態度を取る方が非常に多いと思います...。現状を鑑みるに、日本の大手企業ではそのような壁に阻まれ中々RSSを活用させていこう、という流れになりにくいのでは、と思います。
Blogのお陰で開発者よりユーザーの方の方がXML(RSSなど)を積極的に活用し始めているのかもしれません。

以上、BlogWriteのテストを兼ねた駄文でした。

投稿者 BlogWrite担当 : 22:22 | コメント (0) | トラックバック

2004年08月30日

Blogger.comのFTP機能

Blogger.comという海外で非常に有名な古くからあるサービスがあります。(しばらく前にGoogleに買収されています。)

これは、サポートフォーラムで教えていただいたのですが、BloggerにはFTP機能がありまして、Bloggerにログインして記事を書くとFTPを使って別のサイト(例えばCGIなどを設置できないレンタルサーバーのサイト)にBlogの記事を書き込める、という画期的なものだったりします。参考にこの記事をご覧ください。

で、ちょっと前にサポートフォーラムにて、BlogWriteから投稿するとそのFTP機能が上手くいかないで記事が投稿されないという報告をいただきまして、Blogger.comに報告すると返答させていただきましたが、今あらためて実験した所、上手く動いていますので報告させていただきます。

ただし、Blogger.comで設置して公開しているBlogの設定が、デフォルトのUTF-8以外(例えばShift_JIS)に設定していた場合、過去記事を取得すると文字化けした記事がBloggerから返る事を、サポートフォーラムで御報告いただき、確認したので、これはあらためてBloggerにバグとして報告しました。

御報告いただいた皆様、ありがとうございました。

投稿者 BlogWrite担当 : 14:45 | コメント (0) | トラックバック

2004年08月29日

Blosxom - XML-RPC対応へ

玄人志向のBlogツールにBlosxomというのがありますが、個人的に残念だと思っていたのは、XML-RPCやAtomAPIに対応していない所でした。Blosxomの利用者の方は好みのエディタなどで直書きするのが得意・好きな方が多いのかもしれませんが、BlogWriteなどで投稿できるようになると利用者も増えるのでは、などと勘ぐったりします。

そんな中、BlosxomでXML-RPCの対応を始める方が出ました。
BXR The Blosxom XML-RPC Interface

BXR (Blosxom Xml-Rpc)というプロジェクトのようです。Yahoo Group:BXRも作成されたようです。

想定しているAPIは、Blogger API、MetaWeblog API、そしてAtom APIだそうです。また、もし要望があれば、CVSを用意してくれるそうなので、Perlの心得がある方は開発に参加できそうです。

追記:
たった今(16:00 2004/08/29)、ベータ2が出たみたいです。

full support for the blogger, and metaWeblog API
という事で、ファイルのアップロードを除いてblogger APIと metaWeblog APIに完全対応だそうです。ソースはココから。BlogWriteではまだテストはしてません。

さらに追記:
ファイルアップロードも大体終わり、次はWebベースで更新できるようにするインターフェースに取り掛かるのだそうな...。 MTのようにブラウザー上で編集できるようにしたいと...しかも、将来的には HTMLAreaのようなWYSIWYG編集も実現させたいそうな...。AtomAPIはそのあとだそうです(まぁAtomはまだ正式じゃないから...)。

投稿者 BlogWrite担当 : 12:58 | コメント (0) | トラックバック

「Feed リーダーはもっと便利になるべきだ」

方々で話題になっている 記事 「What's Wrong With: Feed Readers」

この記事は、現在のRSSリーダーを、単にRSSを見やすい状態に整形しているだけである、と切ってすてます。

曰く、

なぜ自宅で読んだ記事を職場でまた読まなければならないのか。既読未読をサーバー上に保存すればよいはずだ。
(親愛なるBloglinesのユーザーへ:黙れ!Web Appはクソだ。)
ベイジアンフィルターはどこへ行った?
なぜ、Googleのようなランキングシステムによって、記事の重要度を指定出来ない?
複数のフィードのアイテム間の関係をリンク出来ない?
カテゴリー別にランク付けできない?

まぁ、もっともなのですが...言うはやすし...

FeedDemonの作者はこれについて、

RSSの全ての概念を持ち込むとユーザーはとっつき難いと感じるであろう。しかし今後さらに機能は増やして行けるだろう。
ランキングや個々の記事のレーティングは実際的ではないと思う。
http://nick.typepad.com/blog/2004/08/whats_wrong_wit.html

ほかにもくだんのサイトでコメントなどによって突っ込みがされていたりしますが、個人的には、RSSリーダーはもっとサーバー上のシステムと連携を深める事によって指摘のあるような機能を実現すべきだと思っています。

例えば、(ホンの例えで)Bloglinesのようなサービスが、ユーザーが購読しているFeed一覧のOPMLと既読未読状態を含めたRSSを配信すればよいのです。そうすれば、Bloglinesのサイトでも、デスクトップのRSSリーダーでも同期の取れた情報を見れます。

またランキングですが、これもサーバー上のシステムで何人の人が読んだかなどでランキングをつけたRSSを配信できます。そして、閲覧に適したデスクトップのソフトウェアで表示すればよいのです。現状ではこれに近いのでは、ReadOneがありますが、よく言われるように、ReadOneはそれ自体で完結してしまっていて、クライアントに配信するレイヤーとしては動作しません。

サーバーのシステムとの連携で上手くいっている例は、BulkFeedsやFeedBack、FeedSterなどのサービスがあります。また特定のカテゴリのRSSを集めてRSSとして配信するサービスもすでにあります。

記事の閲覧する目的によって勝手にフィルターされたら困るケースもあるでしょうから、
個人的な使い方では、
・だれだれの記事は全て目を通すー>直接RSSを取得
・全Blogから特定のキーワードを追うー>BulkFeedsやFeedBack
なので、RSSリーダーは閲覧環境の充実をはかり、個々の便利なサービスを活用する方向が良いような気もします...

HepCatの方も基本的機能の充実を図っていくのは当然として何か独創的な機能をつけられないか検討中であったりはします。

追記:そういえばHepCatをUSBに入れて、持ち歩けばどこでも見れるんじゃん!という事を思いだしました...ヤッタ。

投稿者 BlogWrite担当 : 06:12 | コメント (1) | トラックバック

2004年08月25日

Atom over Jabber[解説]

Blog.BulkNews宮川氏の記事

Atom feed のアップデートを Jabber 上の XMPP (eXtensible Messaging and Presence Protocol)ってなプロトコルで通知する IETF draft。
Atom over Jabber
の解説。

この、氏曰く「Atom feed のアップデート」とは、Atom形式で配信された個々の記事の「削除」、「更新」イベントなどを指し、そのイベント情報をPush形式で通知するするために、JabberでのXMPPの拡張を利用するというもので、XMPPの拡張によって流れるのはイベント情報を表すAtom形式になります。

これが利用可能となれば、ユーザーはリアルタイムに新規記事が公開された事を知ることが出来ます。

いきなりこれを読むと、そこまでしてFeedの更新情報知る必要なんかない、と思うのですが...。この仕様案は、どちらかというとBtoBをターゲットとしている感があります。すでにニュース記事配信仕様としてNewsML(日本では毎日新聞などが採用している)がありますが、このNewsMLで似たようなことを実現している記事のステータス情報部分(つまり、公開可、更新、取り下げ、削除など)をAtom Feedから分離してXMPP経由で実現しよう、という背景があります。

Atom Feedとは別途こういった仕組みにしたのは良いと思います。使わない人は使わないで必要な人は使えるわけですから、今までのRSS/Atomアグリゲーターでの方式に変更をせまりません。

メーリングリストを読んでいると、出版関係の方々がこういった仕組みを利用したいようです。

ちなみに、知る人ぞしるJabberというのはチャット(最近ではIMというらしい)のソフト(仕組み含む)の事で、RSSやAtomと同じくXMLを利用しています。それを拡張して最近はこのような事にも利用されるんですね...

「どちらかというとBtoBをターゲットとしている感があります」と書いたわけですが、リアルタイムに情報を取得するというのもアリで、実際PubSubという海外のサービス(日本でいうBulkNewsやFeedBackのようなサービス)ではpubsubxmppというのがあって、キーワードにマッチした記事がリアルタイムに通知されるサービスが存在します。

つまりキーワードを登録しておいて、IMのようなものを立ち上げておくと、キーワードにマッチした新規記事がリアルタイムに通知されるわけです。ここでいうリアルタイムとは本当の意味でのリアルタイムで、ライブドア社が発売するRSSリーダーNewz***の宣伝文句(マーケティング用語)での”リアルタイム”ではありません。IMの会話なみのリアルタイムです。所謂Push型とPull型の違いです。

個人的に思うことは、この仕様はもし裁定されたとしても、すぐに流行ったりはしないだろうなと。しかしながら、参加している人などを見るに...ApacheなどのWebサーバーに組み込まれたり、通知を受ける仕組みがFireFoxやMozillaなどのブラウザーに組み込まれる可能性があるので、そうなると実装するのも楽になり、利用する人も増えるのではと思います。

投稿者 BlogWrite担当 : 23:38 | コメント (0) | トラックバック

2004年08月23日

有名人のBlogなど

ここ経由[日経BPがTypePadで配信を開始]。
nikkeibp.jp - 楽天消費動向研究所 ちょっと面白そうです。

「今、ネットで一番売れてるものって何?」、「えっ? なんでこれが売れてるの?」――。

素朴な疑問と野次馬根性をベースに、インターネットでのモノの動き、消費者の行動を観察してみよう、というのが「楽天消費動向研究所」です。思わず買ってしまうときの不思議な消費者心理や、売れ筋商品にまつわる“ウンチク”にも言及していきます。

あと、以前紹介したかどうか覚えていませんが、有名人ブログ集【blog Celebrities】がたくさんの有名人のBlogを集めていらっしゃいます。また、有名人といえば、池田信夫さんのBlogを最近知りました。

さらに有名人といえば、井上和香さんのBlogが有名ですが、今日HepCatのユーザー様からメールを頂き、井上和香さんのBlogのRSSがエラー出ていると御報告いただきました。チェックした所配信されているRSSに問題があるようです。他のRSSリーダーなど(3っつほど)試しましたが全滅でした。さすがに井上和香さんに直接「RSSがバグってます」と言ってもアレだと思うので...^^;どうしようか悩んでいます...。Blogからリンクされていないので、HepCatのRSS・Atom自動発見機能を利用して見つける井上和香さんのBlogのAtomフィードをFireFoxで開くと、「XML Parsing Error: not well-formed」とエラーになります...。文字コードが変みたいです。

投稿者 BlogWrite担当 : 21:22 | コメント (0) | トラックバック

2004年08月22日

MT3に移行

MTが壊れるバグにより、また壊れたので、予定していたMT3への移行を急遽今日行なう事にしました。デザインまだ変える余裕がないのですが、なるべく早くテンプレートをカスタマイズして作りこんでいこうと思いますとりあえず完了しました。

スパム対策機能も少しは効くと思いますし、コメント管理が楽です。何より、ファイル名が97.html~101.htmlなどと予測可能なファイル名ではなくなり、xmlrpc.htmlなどとなったので、細かい所でいろいろと良い事が起きそうです。よって古いリンクは切れてしまうので、今の所古いファイルも残しています。また同じ理由でRSSリーダーなどでは重複した記事が表示されるかもしれません。

また、スパム対策でコメントを認証タイプにしました。コメントが表示されるまでしばらく間があくかもしれませんが、ご了承ください。

投稿者 BlogWrite担当 : 12:05 | コメント (1) | トラックバック

2004年08月21日

「Blog Hacks」で腰を抜かす

方々で話題になっている「Blog Hacks」。実は先ほど本屋さんで手にとる機会がありました。何気なくパラパラめくっていたら、なんと私が個人的に3年ほど前に公開したフリーソフトが文中に紹介されているではないですか...

しかしひっくりかえりました。文字通り本を取り落としました。不意をつかれてあまりにも動揺してしまったのでそのまま本屋さんを立ち去る羽目になり、結局本は買っていません^^;。 もちろん作成したソフトウェアが取り上げられるというのはのは嬉しいです。

ともあれ、Blog ツールをHackしたい方は、一度手にとって見られるのはよいのではないでしょうか。あまり読んでないのにあれですが(すみませんm(_'_)m)、ボリュームもあってお得感がありそうです。
「BlogHack」目次

投稿者 BlogWrite担当 : 12:49 | コメント (0) | トラックバック

2004年08月20日

マーケティング用語

IT系の業界に関係をお持ちの方はピンと来るかと思いますが、IT業界には色々なマーケティング用語があります。一昔まえには一部で「Java」というのは単なるマーケティング用語だとまで言われてました。つまり、流行のIT用語を用いて(潜在的顧客などを)煙に巻き、なにかすごいものだ、それですべてが解決する、と訴えるために利用され(る事もあり)ます。

個人的にそういったマーケティング用語を利用するのは嫌いですし、名前ではなく物自体の良し悪しを、別の言葉で表したり、実際にソフトウェアを作成して立証したりするのが好きだったりします。

そこで、BlogWriteの話になります...。ライブドアBlogに記事を投稿するのに、Atom API(Atom Publishing Protocol)というのを利用しているのはかねてから話題にしていますが、このAtom API(マーケティング用語として使うつもりは無い)を利用したアプリケーションは、実は昨今大流行の重量級IT系マーケティング用語:

SOA(Service Oriented Architecture)
XML Web Service
REST
Semantic Web

以上のすべてを実現しているアプリケーションだったりします。
(という事に、今日気がつきました...)





だ、だからなんだよ、と言われても...

投稿者 BlogWrite担当 : 01:52 | コメント (0) | トラックバック

2004年08月18日

Blogで構築した企業のサイト

最近はBlogで構築した企業サイトも増えてきましたが、今回こんなサイトをBlogで構築させていただきました。私が担当したのはBlogの設置&カスタマイズとCGIの作成などです。
まだ、手を入れる所が残っていますが、横浜や東横線近辺でおしゃれな賃貸マンションをお探しの方はぜひ。

はい。しっかりとBlogWriteも購入していただきましたとも、ええ。(笑)

投稿者 BlogWrite担当 : 19:54 | コメント (0) | トラックバック

2004年08月15日

シーサーBlogの追加API

シーサーBlogで新しいXML-RPC APIが追加されたそうですが....、このAPIには今の所対応する予定はありません。

別にシーサーさんからお金頂いているわけではありませんので、一サービスにのみ利するようなサービス固有のAPIを実装するメリットはありません。またユーザーの方々からの強い要望も無いですし、何より、BlogWriteはずっと前からシーサーBlogに対応しているのに、ナンデBlogWriteの事が何も書いてにゃいんでしょうバグつぶしに協力してあげたのに。ねぇシーサーさん?なんちゃって。

ム?

「Seesaaショッピング」などでも、このようなウェブサービスを通じて様々 なインターネットサービスやクライアントソフトとの連携を強化していく予 定...
http://release.seesaa.net/article/443230.html
面白しろそうですね。

投稿者 BlogWrite担当 : 13:12 | コメント (2) | トラックバック

2004年08月12日

MT用特殊タグファイル - テンプレ編集ソフト

ありがたいです。

MTの特殊タグをいっぱい登録したファイルを公開してくださっています。 自分で使っていてもまだ不満があるので、もっと改良したいです。以下不満点。

  • HTMLを直接ブラウザーに書き出しているので、OnloadでのJavaScriptが動かない。
  • 検索と置換ぐらいツケロ
  • 編集後に保存するか訊く
とかでしょうか。

いっそのことBlogWriteと一緒に頒布してしまうってのもいいかもしれませんね...。もちろん単体ダウンロードも可で。

BlogWriteの次バージョン(といってもバグFixと画像のサムネイル機能)を公開するのが先だという話もありますが...

投稿者 BlogWrite担当 : 10:06 | コメント (3) | トラックバック

2004年08月07日

MTのAtom API 認証用トークン

MovableTypeでAtom APIが動かない理由という記事を書きました。

結論は通常のパスワードはサーバー側で暗号化されている為、認証エラーとなりログインできない、という事だったわけですが、ベン(MTの作者)曰く、MT3のプロフィールの設定のとこの「Atom API 認証用トークン」というのをパスワードの代わりにつかうんだ、と言っていたそうです。まったくの予想ですが、これは生パスワードにSalt混ぜてCryptしたものかと思います。
という事で、MTでAtomAPI経由で投稿するにはこの「Atom API 認証用トークン」をパスワード代わりに使うようです。
だったらそう書いといてくれー(とココロから叫びたい)。

ただ、これで動くかどうかテストはしてません。レンタルサーバーでは大抵SHA1というPerlのモジュールが入ってないので、AtomAPIが動かないのです。テストした殆どのサーバーで入っていませんでした。標準モジュールではないからだと思います。また、PurePerlではないので、ユーザーが入れる事も出来ません。どなたか、PurePerlのSHA1モジュールで動くようにするパッチ作ってくれないかなぁ...

LinuxマシンにMT3をいれてテストしていたのですが、最近別件で使っているためテスト環境に使用できないので、ちょっと今は無理です...。

投稿者 BlogWrite担当 : 13:35 | コメント (0) | トラックバック

2004年08月03日

Blogのテンプレ編集ソフト2 TmplEditor

前のエントリーで書いた、Blog等のテンプレート編集支援ソフト公開してみます。

tmpleditor.exe
mt.xml (MT用特殊タグ置換リストファイル)

使い方
1.HTMLエディタ部にテンプレートを読み込み(または貼り付け)
2.特殊タグ置換リストを読み込み
3.テンプレートを編集
4.プレビューで確認
5.テンプレートをコピーして、MTにログインしてテンプレート編集のところに貼り付け

という感じです。

注意点
終了時はたは新規作成時に変更確認してませんので、編集中のファイルを残したい時は適時保存してください。
ローカルにテンプレートを保存する際、ファイルのエンコーディングはShift_JISになります。
HTML内に埋め込まれるエンコーディング指定も置換リスト内で置換定義をShift_JISとしてください。MTで言うと、<$MTPublishCharset$>をShift_JISに置換するように定義してください。

特殊タグ置換リストの変更は、読み込んだ後、マウスで項目を選択し、左下のエディットボックスで変更し「更新」。
項目追加は「追加」ボタンをおして、エディットボックスに入力して「更新」です。このリストはソフト終了時に保存されます。新規に作成したりする場合は必ず保存してから、新規に作成してください。

あと、お約束ですがこのソフトウェアを利用しておき得る問題に関して責任を取ることが出来ませんので、皆様の責任の上でご利用ください。無料のソフトです。

投稿者 BlogWrite担当 : 16:08 | コメント (1) | トラックバック

2004年08月01日

MTのテンプレ編集ソフト

仕事柄、MTなどのBlogベースのサイト構築等を依頼されたりするのですが、そのテンプレートを編集するのが苦痛でなりませんでした。テンプレートを編集された方はご存知かと思いますが、ブラウザーでMTにログインして再構築かけながらのデザインと結果の確認は非常に非効率的だと思います。(皆さんどうされてるのでしょうか...)。

MTなどのテンプレートには特殊タグが挿入されているので、単にローカルで編集して確認しようとしても、まずマトモには表示されません。関連するCSSなどももちろん読み込まれないので、表示の確認どころではありません。

こういう時は何時も、エイやっ...で作りすてのソフトをでっち上げて対処しています。今回作ったのはテンプレートに出現する特殊タグを登録した文字列に置換して内蔵ブラウザーで置換後のHTMLを表示させようというものでした。

見た目はBlogWriteと同じような感じで、HTML色つけエディタでテンプレートを編集し、別タブにブラウザーでのプレビューがされるというものです。置換する特殊タグはXMLファイルで定義しますので、Jugemやココログ等にも対応出来きるはずです。例えば、<$MTBlogURL$> を 実際のBlogのアドレスに置換するように定義してやれば、CSSなども適切に読み込みデザインもちゃんと表示されます。これをローカルのフォルダを指定してやれば、ローカルでCSSも編集できます。

このソフトがなければまったくやる気がしなかったかもしれません。少なくとも時間的に大変な事になっていたかもしれません。あと、サーバーに対する負荷とかを考えるとこういったソフトを利用した方が優しいかなと思います。

で、こういうソフトの需要はあるのかなと...。

必要に迫られて出来た副産物なので、フリーで公開しても構わないと思ってますが...数時間ででっち上げたものなので公開するにはもうちょっとちゃんとしなければならないので、今すぐは公開できません。ともかく、皆さんはどうされているのでしょうか...。

投稿者 BlogWrite担当 : 18:38 | コメント (4) | トラックバック

2004年07月29日

IEBlog

マイクロソフトのブラウザー:IEのブログ。

IEBlog : the Microsoft Internet Explorer Weblog

え?マジ...8-0

すごいことになってます^^; 標準準拠のブラウザーを作る立場の開発者がヘタメタなHTMLなBlog作ってどうすんだよ!とかツッコミドコロ満載...。

ついでに、Wikiも。

何がすごいことになっているかというと、IEの開発者が開口一番「IEサイコー!」と叫び、コメントに「オイオイちょっと待て...CSSやXHTMLの標準準拠に関してIEはバグだらけではないかよ...」との反応の嵐。

珍しいことにコメントOKで、TrackBackはペケ。

投稿者 BlogWrite担当 : 16:53 | コメント (0) | トラックバック

2004年07月25日

MovableTypeでAtom APIが動かない理由

MovableType3.0の新機能という触れ込みでAtom APIが紹介されてきましたけれど、機能として実装されてはいるが、現在の所動くとは言えないというのが結論となります。

念のため、なぜMovableTypeでAtom APIが使えない(かも知れない)理由を書いておきます。MT3.0でAtom APIを試そうという奇特な方がいらっしゃるかもしれませんので...観測気球のtsupoさんとか、tsupoさんとか、tsupoさんとか(あれ?笑)


ネックとなるのはMTの認証です。TypePadのAtom API仕様書等すでに公開されているように、WSSEの認証を用います。
WSSEの場合、素のパスワードをサーバーに送信するのではなく、以下のようにして作成してPasswordDigestと呼ばれるものを作成し、nonce と timestampと共にサーバーに送信します。

Base64(SHA1(nonce + timestamp + password))

サーバー側では、受け取ったnonce + timestampとすでに保持しているpasswordを元に、クライアントと同様にPasswordDigestを生成してそれが送られてきたPasswordDigestと一致するかどうかをチェックします。同じPasswordとnonce、timestampからは同じPasswordDigestが生成されるはずですから、同じだったらOK、違ったらパスワードが違いますエラーです。

とここまでは一応確認で、すでに一般情報なのでOKだと思います。

それで、クライアントとサーバーが同じPasswordDigestを作成するには両者が同じPasswordを知っていなければなりません。ところがMovableTypeの場合、Passwordを素のまま保存するような事はなく、セキュリティを考慮してPasswordを暗号化してサーバーに保存します。この暗号化(Unixで一般的なCrypt)は、一方方向の暗号化で元に復帰させる事ができません。となると、MovableTypeがクライアントから送られてきたPasswordDigestと比較するとき、素のPasswordが分かりませんと比較のしようがありません。MovableTypeのソースを変更してPasswordの値を見て見ると暗号化されたものが使われているのがわかると思います。これでは幾ら試しても認証をパス出来るわけがありません。

現在の所Atom APIの仕様は0.3のドラフト、IETFの01だとしてもこれでは仕様違反です。MovableType側から見ると、共有サーバーにインストールされる事が多いMTではPasswordは素で保存しない方がセキュリティ的に安全である。WSSEの方法を実現するには、このポリシーを変更する事になり、そうすると今まで他の処理でも暗号化していた意味がなくなってしまう。という状況。

Atom自体の仕様もまだ流動的なのでなんとか別の方法もサポートできないか、積極的に提案できないか... という所で模索しているが、中々上手くいかず立ち往生しているような状態みたいです。


Atom APIをサポートと言いつつ関連文書、情報を一切公開できずにいるのはそういう背景のためかもしれません。

実際の所、WordPressも似た状況に立たされているという話です。

個人的な感想では、
・こういうのは公式にサポートしているとは言えない気がする。
・どうせなら「Atom API非対応」で構わないと思う、XML-RPCの実装がちゃんとしているのだから。
・上記のような状況でもある程度状況説明含めた文書があっても良かったのではないか。(だってここまで調べるの大変だったんだもん、世界中探しても情報ないから...)
という所。


関連情報:
http://www.movabletype.org/support/index.php?act=ST&f=29&t=41904&s=480ccec46c84af01c0459d7e655bda7b
http://www.imc.org/atom-syntax/mail-archive/msg05562.html


Update:
MTのAtom API 認証用トークン

投稿者 BlogWrite担当 : 13:30 | コメント (0) | トラックバック

RSSやAtomベースのニュース検索エンジン:FeedsFarm.com

厳選された900以上のRSSやAtomフィードを5分ごとに取得して、常に新しいニュースを配信するニュース検索エンジン。英語物で申し訳ないですけれど、ちょっと注目。

FeedsFarm.com

普通の検索エンジンとの違いは、1.ニュースの取得元がRSSやAtom形式である事。2.厳選されたニュースサイトからのRSS・Atomに絞っている事。3.検索結果をRSS1.0、2.0、Atom形式で取得することが出来る事(RSSリーダーなどに登録可)。

普通のRSS・Atom検索サービスとの違い、特徴としては、トップページにジャンル別にカテゴリー分けされた一覧もRSSやAtomで取得できるようになっているため、特定のキーワードを追うだけでなく新しい発見も出来る事。普通のBlogサイトを含まないという差別化がされていること。

日本国内では、似たようなものとしてCeek Newsなんてのもありました。

投稿者 BlogWrite担当 : 12:25 | コメント (0) | トラックバック

2004年07月23日

BlogWrite英語版

本家SixApart社の人にテスト用に必要かも(Atomに対応しているクライアントはechoとBlogWriteぐらいだし...)と思って手が空いた時に、 エイやっと英語化してみました。マニュアルもまだ日本語のままですし、海外の人振り込めないし...意味なさげであれなんですが...

BlogWrite英語版

地域の設定を英語圏にしているとBlogWriteが化けると仰っていた方にも良いかもしれません。(あぁ..とすると無料版も英語化しないと...) ただ、やっつけでやったのと、過去記事一覧などのフォントを変えられないので一部まだ化けるかもしれません。メールやコメントでセッツいてください。

追記:
MTでAtom プロトコル(旧Atom API)を使えるようになるのはおそらくMTの次のバージョン以降になるはずです。MTではXML-RPCがあるので無理してAtomを使う理由もないですけれど。

投稿者 BlogWrite担当 : 16:31 | コメント (0) | トラックバック

2004年07月18日

MT3.0.1の不具合

1.XML-RPC経由のTrackBack付き日本語エントリーをバークレーDB利用でUTF-8のBlogへ投稿でMTが壊れる。
前から報告しいるけれど、流されている致命的なバグ。
2.Atom APIが動いていない。何をしても、「1」という値しか返ってこない。
これはどうも勘違いの模様。どっこにも、本家にすら説明はないけれど、mt-atom.cgiにBlogIDを渡す必要があるらしい...。でもそれでも動かない...。今、本家SixApartの人が連絡をくれたので協議中...

何故にこんな所に書いているかというと、MTのサポートフォーラムとか無いので、ココに書いてTrackBack送るしかないのでした...orz。

他にも参考: 3.01不具合まとめ

とか不具合ありまくりなMT3でも、買うつもりなのですが(笑

投稿者 BlogWrite担当 : 13:46 | コメント (0) | トラックバック

2004年07月17日

息抜き...

(´・3・)あとむ外伝:似顔絵で知った、 似顔絵イラストメーカーで似顔絵作って見ました...。

うゥゥ..潜在意識が睡眠不足を訴えているモヨウ...)。


HepCatをお使いで、セキュリティのオプションでJavaScriptをオフにしておられる方は、似顔絵作成ページではオンに。

BlogWriteで、生成させるGIF形式の画像ファイルをアップロード出来ない事に気が付いたので、更新予定に追加しました。

投稿者 BlogWrite担当 : 11:34 | コメント (0) | トラックバック

LivedoorのAtomAPIについて

いつのまにか(おそらく今日?)、 この記事のコメントにある問題が修正されている事に気が付きました。 これで、LivedoorBlogでも問題なく投稿出来ます。担当の方お疲れさまです。

しかし、Livedoorが利用しているAtomAPIでの問題なのですが、幾つか不都合な点があるので、改めて整理して見ます。

追記

すでに追記がある記事をAtomAPI経由で取得すると、追記が本文に含まれてきます。それで、その記事を更新(Put)すると すでにある追記はそのままで、記事に埋め込まれた追記と重複してしまいます。

以前は”続きを読む”というリンクが埋め込まれていましたが、これがかわりに追記文そのものが記事本文に埋め込まれて 来たという感じです。

個人的には、単に追記はまったく含めずに記事本文だけ編集できたらと思います。将来的にAtomAPIで追記のサポートがあるかも知れませんし...。

改行

AtomAPIでは、”自動改行”などといったオプションがありませんので、BlogWriteでの記事投稿時に改行の設定をコントロール できません。それで記事投稿すると、LivedoorBlog側の改行の設定になってしまいます。デフォルトは自動改行ですので、 何もせずにBlogWriteから投稿すると、HTMLにさらに改行を付加してしまいます。HTMLタグの中に改行タグを入れて しまうケースもあります。

AtomAPIの仕様にまだ無い件なので、難しいと思いますが、とりあえずの回避策として、 AtomエントリーのContentタグのType属性が、text/htmlまたはapplication/xhtml+xmlだった場合は自動改行処理を 行なわない。text/plainだった場合は自動改行処理を行なうなどはどうでしょうか。

投稿者 BlogWrite担当 : 00:47 | コメント (2) | トラックバック

2004年07月15日

MT3.0 Beta3

MTのベータ3が出たようなので(MT-3.0D-ja-b3)、 例のバグ( BlogWriteがMovableType2.661の致命的バグをついてブログを破壊する件について
XML-RPCでトラックバック付き日本語エントリーを投稿するとMTが壊れる )が再現するかどうか確認してみました。残念ながらまた壊れました。投稿した時はエラーが出なくなりましたが、エントリーは化けています。また、以前と違って、 とりあえずその後もなんとか投稿は出来ます、管理画面下部なのにエラーがズラズラと出ていますが...。

7月15(今日)正式版公開予定という事ですが、どうなるのでしょうか…。

投稿者 BlogWrite担当 : 12:19 | コメント (3) | トラックバック

BlogWrite1.0.1

一つのCPUを擬似的に二つのCPUっぽく動作させるというハイパースレッディングのWindows XPマシンで、 BlogWriteが起動時にエラーを吐いて落ちる事がある不具合に対処しました。(Kemo様ご報告&検証感謝です)

BlogWrite 1.0.1
BlogWrite Free 1.0.1

投稿者 BlogWrite担当 : 09:55 | コメント (0) | トラックバック

2004年07月04日

XML-RPCの投稿日時

また技術的な話になってしまいますが、お許しください。

観測気球さんが前々からココログ(TypePad)での投稿日時のずれをご指摘なさってますが、よくよく調べると他の実装系でも 混乱の極みであるようです。ココログでも根本的な解決策は見ていません。

以前の記事(Atom API vs XML-RPC)に書いたように、 「日付のタイムゾーンの指定が仕様で明示的に禁止されているため、混乱が起きやすい。」と書きましたがやっぱり表面化しています。

そもそも、XML-RPCでは日付時刻の決まりに癖があります。これがそもそもの原因なんですが、以下引用: http://www.xmlrpc.com/spec

*What timezone should be assumed for the dateTime.iso8601 type? UTC? localtime?

Don't assume a timezone. It should be specified by the server in its documentation what assumptions it makes about timezones.

*dateTime.iso8601 型のタイムゾーンは何を想定すべきでしょうか? UTC?それとも 現地時間?

タイムゾーンはサーバ側の文書で、どのタイムゾーンを使用するか指定します。

仕様では、タイムゾーンの指定は含めてはいけないとなっています。つまり、
2003-08-11T11:34:15+9:00(間違い)
2003-08-11T20:34:15Z(間違い)Ubicastがこの間違いをしている。News-Handlerはそれに合わせてしまって両方ペケ
2003-08-11T11:34:15(正しい)

で、タイムゾーンはBlog側で設定しておくれ、という事だと思います。 MovableTypeだとBlogのタイムゾーンを変更できます。普通日本語のBlogだと日本時間をつかいますのでそのように変更してあると思います。 ですので、2003-08-11T11:34:15とすると、日本時間の2003-08-11 11:34:15の投稿と認識します。が、ココログの場合、Blogのタイムゾーンの変更が出来ない上 (本来はユーザープロフィールの地域の設定に合わせるべき?)、 世界協定時(UTC)で扱うため、意図しない9時間のずれが起きます。ココログには未だこの問題が残っています。

という事で仕方ないので、クライアントで対応できる所は対応したいと思いますので、UTC形式で指定するというオプションをつけました。ココログ(TypePad系も?)専用です。 オプションが複雑になりすぎている気がしますが、サービス側で対処していただければ必要なくなりしだい削除できます。

さて、News-Handlerさんの件。
まず、新規投稿、及び更新時の日時指定を省略した時にはサーバーの時刻をユーザーの指定したタイムゾーンまたは日本時間で(日本でのサービスでしょうから)設定するようにしてください。 現在は投稿できずに、エラーも返らず、本来XMLが返る所が空文が返ってきます。 次に、日付時刻の表現に幾つかバリエーションがありますからそれらに対応しているかどうかもご確認ください。例えば:2004-07-02T11:30:34と20040702T11:30:34など。色々大変で しょうが頑張ってください。

あまり、こういった欠点をあげつらって糾弾するような文章は書きたくは無いのですが、ユーザーを代表してスムーズなXML-RPC環境を作成していきたいと思って頑張ってます。

投稿者 BlogWrite担当 : 08:06 | コメント (2) | トラックバック

2004年07月03日

RSSリーダーと連携する検索エンジン

日頃から、HepCatのマニュアル等でも紹介させていただいている、Bulkfeeds さんやFeedBackさんの検索エンジンをHepCatから登録して利用させて頂いています。

HepCatは5分おきや15分おきに無闇にアクセスする行儀の悪いRSSリーダーではありませんが、やはり相対的にユーザーが増えてくると、アクセス集中時に 検索結果のRSSが取得できない時があります。

そこで、今日は FeedBackBulkfeeds 、以外の選択肢を幾つかご紹介し、負荷を分散する方法をご紹介したいと思います。

■未来検索 Livedoor
Bulkfeedsのライブドア版といってよいと思います。検索結果もほぼ同じ結果が得られます。

JUGEM に全文検索エンジン「シュリ検」
主にJugem内の検索結果が多そうです。

Goo Blog検索
他と違った検索結果が出るので重宝します。

投稿者 BlogWrite担当 : 21:09 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月30日

ココログ Atom API の小さくて大きな問題

という事で、BlogWriteを使ってココログ試してみました。まず、XML-RPC経由ではとりあえず問題なく投稿出来ました。 観測気球さんが教えてくれたカテゴリーの件は後でゆっくり調べます。

でAtom APIの問題(厳密にはWSSEの)。(技術的な話になりますけどすみません。)

Atom APIでは認証にWSSEというのを使います。これが問題です。

現在BlogWriteでは、LivedoorとBloggerでAtom APIでの投稿を確認しています。そこで、ココログ(つまりTypePad)でAtom APIを試そうと思うと、

X-WSSE PasswordDigest is incorrect
というエラーが返ります。簡単に言うと認証に失敗した、という事です。

で、なぜBloggerとLivedoorBlogでOKで、ココログではダメかというと、WSSEのPasswordDigestの扱い方法が違うんです。やばいです。 みんながみんな自分の方法でやってるような物で、こういったのはしっかり仕様で決めないとよくないです。 TypePadのAtom API(仕様)には、

base64(sha1(Nonce . Created . Password))として、作成した物をHTTPのヘッダーに以下の様にして送信する
X-WSSE: UsernameToken Username="Melody", PasswordDigest="VfJavTaTy3BhKkeY/WVu9L6cdVA=", Created="2004-01-20T01:09:39Z", Nonce="7c19aeed85b93d35ba42e357f10ca19bf314d622"
とあります。実際そうなんですが、これだけでは仕様が不十分です。穴があります。WSSの穴。 だから[Blooger、LivedoorBlog] 対 [TypePad(ココログ、ブログ人)、(そしておそらくMT3)」]で違いが出来てしまうのです。

で、仕方が無いので、いったんココログのPasswordDigestの扱いにあわせて送信すると、観測気球さんの報告( ココログで Atom API を使ってみる)にあるように、

Can't call method "type" on unblessed reference at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.1/XML/Atom/Thing.pm line 95.
というエラーが返ります。(このエラーはおそらくAtom APIの処理でバグっているのだと思いますが中の人ではないのでなんとも言えません。)

という事は、観測気球さんはおそらくココログではとりあえずテスト出来ているが、BloggerやLivedoorでAtom APIのテストをしようとすると、「Invalid Login」とかなってしまいませんか? Atomクライアントは少ない(個人的にはecho、echo for win)しかしらない。echo for winはやっつけでやったのでテキトウらしいし、どの道、 echo for winは一度もまともに動いた事が ないので(言い過ぎ)テストしませんが、今後大きな問題になるかと思います。

で、肝心のどこがどう違うんだよ!という質問は、企業秘密なのでお答えできません。ー>嘘 あとでしっかり調べてしっかり書きます。

現状ではどっちに合わせようか悩む所なのですが、ココログにはXML-RPCがあるし、ココログのAtomサポートはココロもとないので、今まで通りBloggerとLivedoor Blogに合わせます。



は!という事はココログで一ヶ月以内にちゃんとAtom APIがサポートされないと、自分の支払った250円が意味無いじゃん...俺の金返せ~...。冗談です。

投稿者 BlogWrite担当 : 14:01 | コメント (5) | トラックバック

思いついた事を独り言っぽく羅列して見ます。

思いついた事を独り言っぽく羅列して見ます。

Livedoor のAtom API今のうちに言いたい事を言います。 今なら変更も取り入れてくれやすいかもしれないからです。

・追記、概要、FileUploadどうにかならないかなー
まず、Atom API形式で追記出来ないかなーと思います。がしかし...Atom APIの仕様で決まってない気がしますので...。 概要はあるようなのですが、BloggerではなぜかContentではなくSummary(概要)の方に内容が入っていて、Contentが存在しない ので、使えるのかどうか分かりません...、すでに仕様が混乱しているのかな..。

次にこれはLivedoor Blogに要望というかなんというか、ブラウザーでログインして書いた追記がある記事を取得すると、「続きを読む」 というリンクが_毎回_挿入されてくる。このため、何回も、記事取得+更新を繰り返すと「続きを読む」 がズラズラと増えていきます。Atom API経由の時はこれ入らないように出来ませんでしょうか...

やはり、細かい動作は実際に動かして見ないと分からない。
ココログのAtom APIサポートなどどの程度なのかしっかり使って見ないとなんともいえません。 仕方がないので、ココログに登録してみようかと思います。一ヶ月で退会って出来るんでしょうか...;-) ゴメンナサイ。 で、料金プラン

月々250円(税込263円)/1時間
(超過時間分:5円/分(税込5.3円/分)を加算)
ってなんだ?なんか登録画面変ですね。もしかして、ISPの申し込み画面そのまま流用してませんか?....やっぱり。

投稿者 BlogWrite担当 : 12:35 | コメント (3) | トラックバック

2004年06月27日

Livedoor のAtom APIのXML名前空間

Livedoor のAtom APIを試しています。

エントリーを新規にPostすると、投稿されたエントリーがAtom形式のXMLで返って来ます。その名前空間に問題があります。 どこに言えばいいのか分からないのでココで書いて、TrackBackして見ます。以下。

<entry xmlns="http://purl.org/atom/ns#">
と名前空間が宣言されていますが、XML中に以下の、宣言されていない名前空間"dc"で定義された要素が出現します。
<dc:subject></dc:subject>
これは、ValidのXMLではありません。 よって、このXMLをXMLパーサー(もしくはXMLエディタなど)で読み込もうとすると、XMLパーサーエラーが起きます。
XMLパーサーエラー:未宣言の名前空間の接頭語を参照します: 'dc'

ソフトウェアがXMLを処理するにはほとんどのケースで、パーサーを使いますし、ほとんどのパーサー(Perlの標準のパーサーは除く)はValidかどうか チェックし、ValidでないXML(つまりなんだかわからない形式)は拒否します。よってソフトウェアからこのXML(もどき) を扱うことができないという事になります。

これを回避し、ValidなXMLにするには以下のように名前空間の宣言を追加する必要があります。

<entry xmlns="http://purl.org/atom/ns#" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/" >

ちなみに、AtomAPI経由でLivedoorBlogに投稿問題なく出来てます。しかし、編集が上記の問題のため出来ません。(EditURIが取れない)

投稿者 BlogWrite担当 : 13:48 | コメント (9) | トラックバック

2004年06月24日

livedoor blogの Atom API

blog.livedoor.com Atom API Specによると、

XML::Atom::Client: 日本語は UTF-8 bytes で入れると、base64 エンコードされる。 # UTF-8 文字列でいれるとサーバエラーになる>調査中

既知の問題: dc:subject にマルチバイト文字列で syswrite エラー

ってーゆーと...もしかして使えない...?
XML::Atomと言えば、MovableTypeやTypePadを作ったBenさんが(主に?)作って、Miyagawaさんとかパッチかましてる奴だから、MTやココログでも同じなのかも...
そういえば、MTのXML-RPCでエラー文字列に日本語文字列混じると日本語復帰できないBase64エンコードの文字列が返ってくる 気持ちの悪い仕様と同じだ。
ココは一つ大和魂こめて頑張ってください>中の人。解決お疲れ様でした。 Base64の方は当方の誤解だった模様。

AtomAPI対応はもうしばらくおあずけです。対応しても使えないのじゃ意味ありませんから...着手して見ます。
しかし、どこまでも付いて回るマルチバイトの罠。

Atom APIを使うと、カテゴリの取得、設定が曖昧(出来ないというかなんというか...)なのは分かります。 なんといってもまだ標準化されていませんから。ましてや独自実装でAPIの乱立はやはり避けたいし。

投稿者 BlogWrite担当 : 14:18 | コメント (6) | トラックバック

ライブドアBlogがAtom APIに対応

Livedoor BlogがAtomAPI に対応したそうです。これからBlogWriteのAtomAPI対応版に着手するかもしれません...。

って事はLivedoor Blogにアカウント取らねば...いったい幾つのBlogをもっているのか....10以上?

投稿者 BlogWrite担当 : 04:06 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月10日

XML-RPCでトラックバック付き日本語エントリーを投稿するとMTが壊れる

Movable Type 3.0 Developer Edition 日本語ベータ版の公式日本語サイトのバグレポート にトラックバックでバグレポートを出して見ます。

環境:Berkeley DB使用。他環境依存ではなさそうなので省略。
現象:表題の通りです。おそらくバークレイDBが壊れた。
確認MTバージョン:ver 2.661(UTF-8日本語化)、ver3.0開発者版(英語版)、ver3.0日本語ベータ版
確認方法:BlogWriteもしくは、ecto(Mac版)を使ってXML-RPC経由で日本語のエントリーを投稿。その際トラックバックのURLを送信する。
詳細:ver2.661では再構築できなくなります。Main Indexの再構築がされず表示されないが、エントリーは生成されている模様。
ver3.0では、「a~??a~??a~??a~?(c)a~??a~??a~??a~??a~??a~??a~??a~??a~?¦a~?¨a~?^(3)a~??a~」のような復帰不可能な文字化けしたエントリになる。削除も出来ない。 しかし、再構築は出来ているようで、他のエントリーは書き込める。
エラー文字列:
substr outside of string at lib/MT/Serialize.pm line 58.
Use of uninitialized value in unpack at lib/MT/Serialize.pm line 58.
Use of uninitialized value in substr at lib/MT/Serialize.pm line 59.
substr outside of string at lib/MT/Serialize.pm line 59.
Use of uninitialized value in addition (+) at lib/MT/Serialize.pm line 60.

投稿者 BlogWrite担当 : 01:19 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月09日

RSS 0.9x,1.0,2.0,Atom 0.3すべてに対応したXSLT

観測気球さんの所で、 index.rdf 用 XSLT 設置 というエントリーがありました。

ああぁこういう使い方もされているんだと、納得。

公開しても誰も使わないだろうと思って、特に公開していなかったのですが、 RSS 0.9x,1.0,2.0,Atom 0.3すべてに対応したXSLTファイルをつられて公開しておきます。 これは、配信されているRSSやAtomをこのXSLTを適用してHTMLなどに変換するためのものです。各種のRSS、Atomにまとめて対応できます。XMLの強力なパワーここにあり、といった感じですね。

どう表示されるかというと、HepCatで要約表示がこれにあたります。そのまんまです。 いままで、数千のRSSで検証してきましたが問題ないようです。

また、Slashdotなどは、拡張したRSSを頒布していて、コメント数や部門名などもRSSに埋め込まれています。それらを表示できるようにした専用のXSLTも、 HepCatの「Stylesheet」フォルダにすべて入っています。

ご自由にお使いください。

補足説明: XML形式で配信されるRSSやAtomのファイルをXSLTというスタイルシートを適用すると、HTMLやテキストなどに変換することが出来ます。 XMLファイルに関連づけると、XSLTに対応したブラウザーで開いたとき変換された状態で表示されます。 また、収集したRSSやAtomをデータベースに放り込みたい開発者などは、こういったXSLTを使って DBと相性がよいCSV形式などに落としてインポートすると、XMLに一切煩わされずにすむのではないかと思います。

投稿者 BlogWrite担当 : 21:28 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月07日

Plog、Plog、

同時に二つの記事が目にとまりました。

www.textfile.org経由、
MyRSS.jpが紹介する
blog の次は plog?という記事。

そして、ITMediaの速報、
Amazon、Plogのβテスト開始

同じ「Plog」、でも意味は違う。

前者は、
「plog の p は Project の pです」、つまり「Project Log」。

後者は、
「米Amazon.comが、買い物客に推奨商品や関連ショッピング情報のリンクを提示する『Plog』(パーソナライズ・ブログ)サービス」、つまり、「Personalized Log」。

だそうです。

名前の付け方の難しさは承知しているつもりですが、個人的にはどっちもどっちという感じ...。
今回はたまたま、タイミング的にもかちあってしまったのでしょうか。


HepCat 1.2b更新しました。

追記:
よくみたら、

MyRSS.jpさんの所で、フォローアップ記事、Plog が商標登録されてしまっていたがありました。ありゃありゃ。

投稿者 BlogWrite担当 : 09:23 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月21日

RSSリーダーでメール、RSSで映像配信

BulkFeedで発見、RSS < - > Email 経由、


MailFeed
MailFeed is a PHP script that checks a POP3, IMAP, or NNTP mailbox on demand and returns an RSS feed containing the messages in the mailbox.
(MailFeedとは、POP3、IMAP、NMTPのメールボックスを要求に応じて問い合わせ、メールボックス内のメッセージをRSSフィードにして返してくれるPHPのスクリプトです。)

RSSMail
Use RSSMail to access the contents of your IMAP inbox via RSS in an aggregator, web page, etc. Fill out the form below and RSSMail will check to make sure that it can access your mailbox and, if it can, will give you the URL of an RSS feed.)

RSSリーダーがメーラーを包含してしまう、という事を可能にするスクリプト。メーラーにRSSリーダーを統合するという従来の概念とはちょっとちがく。RSSリーダーの進化の余地はまだまだたくさんありそうです。(セキュリティ対策が大変だ)

同じページのO'reillyのサイトへのリンク先には、


「At the Walt Disney Company, we’ve seen aggressive adoption of RSS over a diverse set of applications, both internal and external.」
ウォルトデズニー社では、RSSは内部的にも対外的にも種々のアプリケーションによって採用されてきた。
中略ー
「Internally, we are also leveraging RSS as a means of collaboration and communication for our software engineering teams. All engineers maintain blogs and use NewsAggregators to track tasks, projects, and new technology. In addition, we are tracking changes on our Wiki via RSS.」
内部的には、全てのエンジニアはBlogツールを持ち、プロジェクトやタスク管理(工程チェック)に利用したり、Wikiの更新をRSSによってチェックしています。
中略ー
「Our most interesting use of RSS today is in its use as the backbone for the Motion content distribution network.
This network uses idle bandwidth to serve large media assets across the Internet for ESPN, ABC, Movies.com, and others.」
昨今の最も興味深いRSSの用いられ方として、動画コンテンツの配信ネットワークとしての用いられ方です。このネットワークはアイドル中の大域を用いて大容量のメディアをインターネットを通して、ESPN, ABC, Movies.com, 他などに配信されます。

なるほどなるほど...

投稿者 BlogWrite担当 : 09:05 | コメント (0) | トラックバック

2004年04月14日

お勧めリンク-(業種別blog百選)

非常に興味深いリンク集を見つけたので紹介させてください。

業種別blog百選—和尚さんから悪徳不動産まで—


業界別Blog百選、素晴らしいです。
Blogの一つの良い所は、普段世に出ない普通の方たちの以外な「語り部」的一面を見ることが出来ることだと思います。

普段知ることの少ない、業界の裏事情を知って、世の中の事がちょっぴり分かるようになるかもしれません。

早速、全部(*1)HepCatにRSSを登録してしまいました。

--
(*1)二、三RSS/Atomを配信していない所があるようです。

投稿者 BlogWrite担当 : 16:14 | コメント (0) | トラックバック

2004年03月30日

ブログサービスとHTML文法

おりしも、HepCatのユーザーの方から、
Exciteニュースが購読できないとのご指摘を頂いて、調べていた今日この頃、
ブログサービスのHTML文法採点、マイナス1111点を叩きだしたのは…
というBlogを見つけました。

マイナス1111点を叩きだしたのはエキサイトブログのエキサイトブログからのお知らせだそうです


確かに、以前から気になっていたのですが、HTMLだけでなく、ExciteニュースのRSSは、XMLとしてのエラーが頻発しています。正しいRSSを吐き出していないようで、XMLを解析する段階でエラーが起きてしまいます。

HepCatで読めない時は、正しくないXML(RSS)を取得して(当然ながら)解析できない状態が起きるためなのです...

FireFoxで開くと、

XML Parsing Error: undefined entity Location: http://www.excite.co.jp/News/xml/?source=excite_blog_news Line Number 1488, Column 25:

となります。

対処される事を望んでいますが、HepCat側でも何とか回避策を取れないか検討中です...

投稿者 BlogWrite担当 : 21:38 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月26日

HepCat feed:で登録

feed:http://hogehoge.com
のようなリンクをクリックすると、HepCatのFeed追加画面が立ち上がるようになりました。

設定で、関連付けの作業をする事でHepCatが立ち上がるように登録出来ます。


もう登録されてるかもしれませんが、
このサイトのAtomフィード
でお試しください。

このバージョンには、
報告いただいた、HTML表示のバグ修正も含まれます。(報告ありがとうございます)

投稿者 BlogWrite担当 : 08:02 | コメント (3) | トラックバック

2004年01月24日

Atom and Its API

--HepCatの開発メモ(ATOM)--

そろそろ、待ちに待ったATOM APIの実装に手をつけても良い頃だと思う。

RSS を利用した新しいサービスが次々と登場している中、
開発者達に注目されている次世代フォーマットのAtom だ。
TypePad (ニフティでも採用)や MovableType 2.65 で正式対応された。

また、大御所BLOGGERでも 正式対応が発表された。
AtomEnabled.org のサイトが立ち上がり、開発者の為のAtomに関する最新情報などが公開されている。

しかし、誤解が多いようなので、ここで簡単に説明したい。

ATOMはRSSやRDFの代わりになる物、というだけではない。
ATOM API という仕様一式が存在する。

Atom Project

 以下、AtomProjectのサイトより、引用&意訳

 ---ATOMの想定される目的-
 *Feed : Use for computer-friendly syndication (similar to RSS in functionality)
 (今のRSSのような物)
 *Editing : Use between atom-enabled clients and servers to create and update entries, comments, and either annotate or edit other resources
 (Atom対応のサーバーソフトとクライアントソフトを使って、新規にエントリーの作成や更新、コメントやその他の操作をする事が出来る。)
 *Archiving : Use for internal storage, import, and export of entries, comments, and other resources
 (内部的ストレージ、エントリーなどのインポート、エクスポート)
 *Commenting : Use to post comments to an entry
 (エントリーへのコメントのPOST)
 *Cross-linking : Use to notify one entry about another entry (usually external, similar to TrackBack)
 (相互リンク:TrackBackのようなもの)
 ---

さらに、現在のTrackBackの仕様にある「文字化けの欠陥」が、Atomの使用により根本的に解決する。

参考(
The Atom API
What is ATOM?
Atom as the New XML-Based Web Publishing and Syndication Format.
「Atom - 新しいXMLベースのWeb公開
The Atom Syndication Format (PRE-DRAFT)
Atom Feedの仕様(Preドラフトの段階)
Finally Atom

投稿者 BlogWrite担当 : 22:11 | コメント (0) | トラックバック