お問い合わせ
会社概要 ソフトウェア 開発ブログ サポート

2005年03月03日

解説:Atom

技術評論社の編集者の方より寛大なる許可を得て、技術評論社「Software Design」2005年1月号 第2特集「次世代Webテクノロジ:Atom基礎講座」オンライン版を公開したいと思います。

解説:Atom - Atomとは何か: RSSやXML-RPCとの比較、そしてAtomAPIの使い方まで

どぞ。

#草稿を元にXHTMLを生成したので、タイポやバグってる所があるかと思います。おいおい修正いたします。なお、執筆は2004年の10月頃のため、一部情報が古くなっている個所がありますがご容赦ください。これもおいおい余力が出たら更新いたします。
もし、記事に間違い、勘違い、誤解ありましたらぜひツッコミ頂きたく思います。m(_'_)m

投稿者 BlogWrite担当 : 17:42 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月04日

12月のメディア掲載

インターネットマガジン 2005年2月号 12月27日発売 
「BlogWrite」を紹介いただく予定です。

Yahoo! Internet Guide 2005年2月号 12月27日発売 
「BlogWrite」を紹介いただく予定です。

月刊SOHOドメイン 12月13日発売(http://www.soho-web.jp/)
「ビジネスブログ事例特集」の中でビジネスブログ構築事例として東横線賃貸デザイナーズのアマヤホームさんの紹介、その中でウィザシステムも紹介して頂くそうです。

Vectorで新着ソフトのレビュー
「HepCat」を紹介いただく予定です。

技術評論社 Software Design 2005年1月号 12月17日発売 
Atom記事執筆させて頂きました。

(以上順不同)

関係者の皆様ありがとうございます。
これからも頑張りますので、皆様どうか宜しくお願いいたします。

投稿者 BlogWrite担当 : 10:04 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月01日

フィードの数と情報過多

前の記事でのHepCatと登録RSS数の件にトラックバック頂いてコメントも付けましたが面白い話題なので、ちょっとずれますが少しばかり掘り下げたいなとか考えます。

 丁度二、三日前に、IT Conversationsが配信しているMP3を利用して、Bloggercon IIIのOverloadというセッションを聞いていました。

 これは、Bloggerカンフェレンスでの「RSSなどにより最新の情報が沢山入手できるようになった。がそれと共に、情報過多という新たな問題が起きている。いかに大量の情報を重要なものを振り分け、処理するか」、というブロガー達による議論でした。

 日々自分のしている作業も振り返り分析しつつ、微妙に考えをまとめて見たいと思います。

 このセッションの司会はMicrosoftのRobert Scoble。彼は、957のウェブログを購読してるそうです。なぜ彼はそんなに大量にRSSを登録しているかというと、「top of the world」に居たいからだ、と言います。つまり、いつも技術やトレンドの最先端に居たいからだ、という理由からだそうです。
 が、このように大量のRSSを購読していると日々大量の記事を処理しなければなりません。解決策は何か...

 「ソフトウェア的にフィルターをかまして、重複した話題やゴミを排除する」という意見。

 これに関して、PubSubというRSS検索エンジンの開発者(Atom支持者)が、システム的に自動で検閲してしまう事の危険性を指摘。(ここでRSSの第一人者Dave Winerがぶち切れる^^;)

 ソフトウェアがフィルターしてしまう事の問題点とは、自分がすでに知っているまたは注目している話題しか入ってこなくなってしまう、つまり新しい発見をする事が出来なくなってしまうという欠点です。さらに、重複した話題を扱っている記事でも、その重複しているという事自体に意味があり、例えば3人の人が話している話題はきっと重要であろう、などと判断する事が出来ます。
 Scoble曰く、「私としてはフィルターされた情報ではなく、生のあなたを知りたい」と。

 Dave Winerがぶち切れたせいで、ココで話題が技術的に解決する事から別の解決策の方へ移ります。参加者の人が曰く、「私は情報をフィルターするのに人を使っている、例えばScobleとか」と。

 つまり、Scobleのような情報通、早耳で頭が良い人の書いているBlogを購読することによって効率的に重要な情報を得ていると。個人的にこれ良いナーと思いました。

 そこで、Attention.xmlというのものに注目が集まるわけです。Attention.xmlとは、ある人が読んだもの、注目している事などを公開するための皆で決めてる策定中のXMLの規格の一つです。しかし、プライバシー的にどうかと思う訳で、自分が読んだものではなくて、いっそ逆に自分が読まなくなったものを公開した方が良いのではないかとかいう話...。

 他にも、Blog等の配信側に出来る事として、Blogのカテゴリーが役に立つと。カテゴリで整理した情報が読み手にとって必要な情報を得るために役に立つと。このBlogでも、BlogWriteやHepCatに関した専用カテゴリを設け、カテゴリ毎にRSSを用意しています。また、リンクBlogを用意して、自分が購読しているBlogのリストを公開する事によって自分がどれに重要度を置いているかを読者に提示することが出来ます。

結論

結局、自分と似た興味を持ち、かつ早耳で頭いい人のブログを登録しておく、というのが一つの方法かなと。「人」を利用した情報抽出ということです。その「人」を見つけるには結局多数のRSSを登録したり、検索しなければわからないわけですが、そのうちある程度の数に落ち着くのではと思います。
 例えば、Blog界隈のニュースを追いかけるにも、初めは全てのBlogサービスのRSSをそれぞれ取得していましたが、BLOG界の出来事のRSS一つで済むという事に気付きます。他にもあの人やあの人の情報を押さえておけば大丈夫、みたいな事があると思います。

 同じような事は、リアルな人間関係でも似たような感じで起きている事なんじゃないかなぁと思ったりします。

投稿者 BlogWrite担当 : 11:28 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月29日

BlogWriteIIとHepCatIIの検討

地味にBlogWriteII、HepCatIIの構想を練っています。

 BlogWriteIIは、今までのBlogWriteを元に、必要な機能は何かを検討しながら画面設計を一から見直し、将来を見越していかに内部設計をするかといった所で、検討中です。BlogWriteは常にNo.1にしたい、そう思っています。

 悩む点は、やはり画面UI。高度にすればするほど、パソコン初心者にとって操作が難しいものになりがち...。フローティングやドッキングのウィンドウなどは、間違って動かしてしまったり消してしまって戻せない、といったことをよく見かけます。

 HTMLなどを意識せずにパソコン初心者にも使っていただきたい、でも上級者にも満足してもらえる機能をつけたい、という難しい問題を抱えます。

 さらに、BlogWriteはBlogを書きまくる上級者と、Blog自体良く分からないという方でも「BlogWriteさえ使えば、Blog出来ますよ」というものであって欲しい。

 と、難しいバランスを考えながら、いかに使いやすい操作性を実現するかという事を中心に、一から作り直して見たいと思います。
(その過程でオフラインでの記事作成や様々な新機能も搭載する予定です)


HepCatII。HepCatはDBを使って記事数が数十万件になっても軽快に閲覧出来たのですが、いかんせん数が増えると更新が重たくなりがち。更新時、DBにあるデータを全部見てすでにある記事か、既読か等をチェックするためデータが増えると更新処理が重くなる...。
 他のリーダでは、RSSを沢山登録しておくと、操作自体が遅くなる...。例えば立ち上げるだけで8秒ぐらいかかってしまいます。過去記事等データを全てメモリ上に読み込んでしまうからです。これだと、メモリ上に読み込んだデータの更新は早いけれど、操作も極端に遅くなるし、メモリが少ない環境だとまずいです。

安易な解決策例えば、
 過去記事を残さない ー> やだ
 RSS・Atom(チャンネル)ごとにデータファイルを分ける -> まとめ読みや全検索が出来ない等、使い勝手が悪くなるらしい
と、使い勝手が犠牲になります。
 
 テストも兼ねて、HepCatで1800件以上のRSS・Atom登録してますが、正直な所、これを快適に閲覧できるRSSリーダ・アグリゲータにいまだ出会っていません。

 HepCatIIでは、この超難問の解決に取り組みたいと思います。

投稿者 BlogWrite担当 : 13:57 | コメント (3) | トラックバック

2004年10月30日

BounceがRSS配信開始

タワレコいった時(かれこれ五年以上昔の話...)、よくもらって帰ったのがBounceという雑誌...。結構読んでました。
このたび、RSS配信始めたそうです。リンクされてはいないのですが、RSSのアドレスはここ。これで、音楽情報もばっちり?

投稿者 BlogWrite担当 : 18:30 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月27日

Yahoo! News 検索結果をRSS対応に

Nick Bradbury氏のBlog経由:

Yahoo!の検索結果がRSSで取得できるようになったようです。(前から出来ていたのですが、今回をもって正式公開という事だそうです。HepCatのログには6月からの記事が残っていました) ちなみにRSS1.0だったのが、今回からRSS2.0だそうです。

例えば、この結果をみると、右側にRSSのリンクがあります。

そのすぐ上にあるのは、My Yahoo!への追加ボタン。My Yahoo!でお気に入りのRSSをまとめて見れるやつです。

以下、Yahooのブログ、Yahoo! Search blog: Search Tricks #2: News Searchより

高度な検索オプション:

ニュースソースは7,000以上、高度な検索もサポートしているようです。例えば、

source:bbc blair

とやると、BBCニュースに絞り込んだ、ブレア首相のニュースを検索できるとか。
他には、
場所 : iraq location:canada とやると、カナダのニュース配信社でイラク関連のニュースを検索
カテゴリ : cat:sports houston とやると、スポーツのカテゴリで、ヒューストンのホームチームに関連するニュースを検索
言語
ニュースタイプ : newstype:pr ibm とやると、IBMのプレスリリース
など。


日本のYahoo!まで辿りつくのは、早くて半年、一年後でしょうかね。日本のニュース配信社とのあれやこれやで、どうなるのか不透明な所がありますけれど...。

ニュースに限らず、本家Yahoo!は頑張ってます。こんなにRSSを配信してるんですから。さらに、いつからか正確に覚えていないですが、Yahoo! Groupsの投稿もRSSで配信されています。

投稿者 BlogWrite担当 : 19:06 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月19日

ゴッゴル

ゴッゴルとは何か、それは弊社が開発したソフトの愛称です。というのはウソ。ゴッゴルという単語をGoogleの検索結果の一番上にもってくるとかいうSEOコンテストがあるらしいですが、それは別として、ちょうど、Blog投稿を支援するソフトウェアのBlogWriteの無料版の最新版を公開するにあたり、名前を考えてたのです。

無料版とかいうのはとっても格好がよくないので、"ゴッゴル"という愛称で公開してみます....
BlogエディターBlogWrite無料版を期間限定で公開、その名はゴッゴルという。






とかして良いんでしょうか?(笑)

多分やらないですけど、これを読んだ他の人に似たような事をやられたら悔しいなぁ。 あとでどうするか考えて、決めたらここでゴッゴルを限定公開します。セコスギ...^^; まぁ、こういう手もあるぞとい事で勘弁ください(笑)






追記:(はてなダイアリー)というかグループが強いですね...人力SEO^^;というかなんというか...。そういう手もあったか...。現時点(20:04 2004/10/20)では、ここは9位につけてます。ただ書いただけにしてはぜんぜん悪くないですね。"ゴッゴル"って検索して、約3,860件中9番目。今後BlogWriteの無料版を"ゴッゴル"として公開するかはいまだ未定です^^。




(9:26 2004/10/21)今13位に落ちてますね、ここ。てか、"ゴッゴル株式会社"って何よ、みたいな(笑)。みんな気合はいっているな~。



第 1 回 SEO コンテスト

投稿者 BlogWrite担当 : 09:57 | コメント (5)

2004年09月22日

FireFoxでRSS・Atom自動発見ー>HepCatに登録...

IEのシェアを奪いつつあるFireFox。FireFox正式版一歩手前のRC版がでたので、ここしばらく自宅で使っています。大きな新機能といえば、RSS・Atom AutoDiscoveryに対応し(ページ内からRSSやAtomへのリンクを発見する仕様:HepCatもすでに対応済み)、「お気に入り(Live Bookmarks)」でそれを管理出来る点でしょうか。

「ライト」なRSSユーザーを対象とすれば、これはキラーアプリではないでしょうか。RSSに関する認知が広まり、RSSの配信と、RSSを利用するユーザーが増えれば素晴らしいと思います。

しかしこれは、HepCatとかち合うのではないか、というと、そういう訳でもなさそうです。個人的にそもそも普段のWeb閲覧はFireFoxでおこない、RSS・Atomからの閲覧はHepCatという風に目的別に切り分けています。ですので、普段の閲覧時に自動的にページ内からRSSやAtomを発見してくれると、新しいRSSなどを見つけることができて嬉しいわけです。FireFoxで発見したRSSやAtomを、HepCatに登録してあとでまとめて更新したり閲覧する、という用い方が出来ます。

そんな時に便利なFireFoxの拡張を早速作ってくれた方が居ます。

Feed Your Reader

これを使うと、FireFoxでページを閲覧中にRSSを自動発見した時にRSSをクリックすると、HepCatが立ち上がってRSSの登録画面が表示されます。簡単。
無敵です。

FireFoxの拡張というのは、FireFoxに拡張機能を付加するツール群を指します。
個人的には、以下の拡張を使っています。

adBlock(広告を遮断します)
All-in-One-Gestures(マウスジェスチャー)
Live HTTP Header(サーバーとのHTTP通信を覗けます)
Tabbrowser Ext(タブブラウザーの機能を大幅に拡張)
IE View(今みてるページをIEで開く。HTML作成時の確認に楽)
GoogleBar(Googleツールバー)
GooglePageRank(Googleのページランクが分かります)
EditCSS(見てるページのCSSをリアルタイムに修正できます。BlogのCSS作成に最高)
GmailNotifier(Gmailの受信通知)
User Agent Switcher(IEやOperaなどに身分を詐称できます。IEにしか対応してないダメなサイト用)

便利すぎです。

投稿者 BlogWrite担当 : 00:40 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月02日

HepCatとBlogWriteが10月号のYahoo!Internet Guideに掲載

10月号のYahoo!Internet GuideにHepCatを掲載していただきました。他にも、掲載いただいているのですが報告が遅れました。また、掲載予定だった雑誌が急遽廃刊。、。というハプニングもありましたけれど...「はじめよう! みんなのブログ」にも掲載していただいたような気がします。


BlogWriteに関しては.... 時代の先を行きすぎているようです。(嘘ですゴメンナサイ)

間違えました、BlogWriteも掲載いただいていました。見逃した...orz。P203で、旅行びと日記と共に紹介されていました。

「旅行びと日記」日記読んで気が付きました...(どうもご紹介までしていただいてすみません。)

投稿者 BlogWrite担当 : 17:34 | コメント (1) | トラックバック

2004年08月29日

「Feed リーダーはもっと便利になるべきだ」

方々で話題になっている 記事 「What's Wrong With: Feed Readers」

この記事は、現在のRSSリーダーを、単にRSSを見やすい状態に整形しているだけである、と切ってすてます。

曰く、

なぜ自宅で読んだ記事を職場でまた読まなければならないのか。既読未読をサーバー上に保存すればよいはずだ。
(親愛なるBloglinesのユーザーへ:黙れ!Web Appはクソだ。)
ベイジアンフィルターはどこへ行った?
なぜ、Googleのようなランキングシステムによって、記事の重要度を指定出来ない?
複数のフィードのアイテム間の関係をリンク出来ない?
カテゴリー別にランク付けできない?

まぁ、もっともなのですが...言うはやすし...

FeedDemonの作者はこれについて、

RSSの全ての概念を持ち込むとユーザーはとっつき難いと感じるであろう。しかし今後さらに機能は増やして行けるだろう。
ランキングや個々の記事のレーティングは実際的ではないと思う。
http://nick.typepad.com/blog/2004/08/whats_wrong_wit.html

ほかにもくだんのサイトでコメントなどによって突っ込みがされていたりしますが、個人的には、RSSリーダーはもっとサーバー上のシステムと連携を深める事によって指摘のあるような機能を実現すべきだと思っています。

例えば、(ホンの例えで)Bloglinesのようなサービスが、ユーザーが購読しているFeed一覧のOPMLと既読未読状態を含めたRSSを配信すればよいのです。そうすれば、Bloglinesのサイトでも、デスクトップのRSSリーダーでも同期の取れた情報を見れます。

またランキングですが、これもサーバー上のシステムで何人の人が読んだかなどでランキングをつけたRSSを配信できます。そして、閲覧に適したデスクトップのソフトウェアで表示すればよいのです。現状ではこれに近いのでは、ReadOneがありますが、よく言われるように、ReadOneはそれ自体で完結してしまっていて、クライアントに配信するレイヤーとしては動作しません。

サーバーのシステムとの連携で上手くいっている例は、BulkFeedsやFeedBack、FeedSterなどのサービスがあります。また特定のカテゴリのRSSを集めてRSSとして配信するサービスもすでにあります。

記事の閲覧する目的によって勝手にフィルターされたら困るケースもあるでしょうから、
個人的な使い方では、
・だれだれの記事は全て目を通すー>直接RSSを取得
・全Blogから特定のキーワードを追うー>BulkFeedsやFeedBack
なので、RSSリーダーは閲覧環境の充実をはかり、個々の便利なサービスを活用する方向が良いような気もします...

HepCatの方も基本的機能の充実を図っていくのは当然として何か独創的な機能をつけられないか検討中であったりはします。

追記:そういえばHepCatをUSBに入れて、持ち歩けばどこでも見れるんじゃん!という事を思いだしました...ヤッタ。

投稿者 BlogWrite担当 : 06:12 | コメント (1) | トラックバック

2004年08月23日

有名人のBlogなど

ここ経由[日経BPがTypePadで配信を開始]。
nikkeibp.jp - 楽天消費動向研究所 ちょっと面白そうです。

「今、ネットで一番売れてるものって何?」、「えっ? なんでこれが売れてるの?」――。

素朴な疑問と野次馬根性をベースに、インターネットでのモノの動き、消費者の行動を観察してみよう、というのが「楽天消費動向研究所」です。思わず買ってしまうときの不思議な消費者心理や、売れ筋商品にまつわる“ウンチク”にも言及していきます。

あと、以前紹介したかどうか覚えていませんが、有名人ブログ集【blog Celebrities】がたくさんの有名人のBlogを集めていらっしゃいます。また、有名人といえば、池田信夫さんのBlogを最近知りました。

さらに有名人といえば、井上和香さんのBlogが有名ですが、今日HepCatのユーザー様からメールを頂き、井上和香さんのBlogのRSSがエラー出ていると御報告いただきました。チェックした所配信されているRSSに問題があるようです。他のRSSリーダーなど(3っつほど)試しましたが全滅でした。さすがに井上和香さんに直接「RSSがバグってます」と言ってもアレだと思うので...^^;どうしようか悩んでいます...。Blogからリンクされていないので、HepCatのRSS・Atom自動発見機能を利用して見つける井上和香さんのBlogのAtomフィードをFireFoxで開くと、「XML Parsing Error: not well-formed」とエラーになります...。文字コードが変みたいです。

投稿者 BlogWrite担当 : 21:22 | コメント (0) | トラックバック

2004年07月03日

RSSリーダーと連携する検索エンジン

日頃から、HepCatのマニュアル等でも紹介させていただいている、Bulkfeeds さんやFeedBackさんの検索エンジンをHepCatから登録して利用させて頂いています。

HepCatは5分おきや15分おきに無闇にアクセスする行儀の悪いRSSリーダーではありませんが、やはり相対的にユーザーが増えてくると、アクセス集中時に 検索結果のRSSが取得できない時があります。

そこで、今日は FeedBackBulkfeeds 、以外の選択肢を幾つかご紹介し、負荷を分散する方法をご紹介したいと思います。

■未来検索 Livedoor
Bulkfeedsのライブドア版といってよいと思います。検索結果もほぼ同じ結果が得られます。

JUGEM に全文検索エンジン「シュリ検」
主にJugem内の検索結果が多そうです。

Goo Blog検索
他と違った検索結果が出るので重宝します。

投稿者 BlogWrite担当 : 21:09 | コメント (0) | トラックバック

2004年07月02日

HepCat 1.2.8b


Windows 98で、(少なくとも)数日前から受信日時が2007/02/04などとなってしまっていました。Windows 9x系でのみ起きます。
HepCat 1.2.8b
で修正させていただきます。ご迷惑をおかけしました。


BlogWriteが落ち着き次第、HepCatを大幅に更新したいと思っています。
HepCatちょっとRSS取得更新時に処理が重たい気がするので、何とかするつもりです。
数万件のデータが溜まっているので、そのせいかもしれませんが...

投稿者 BlogWrite担当 : 13:46 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月25日

HepCat 1.2.7b

HepCat 1.2.7b の更新です。

とりあえず今回は以下の重症気味のバグ修正のみとさせていただきます。

・ブラウザーを隠した状態で、設定画面を出してOKを押すと、記事タイトル一覧の上に 必要のないリサイズバーが出現してしまうバグ。

・JavaScriptなどでブラウザーが勝手に閉じてしまう時があり、HepCatが以上終了する時があるバグ。

HepCatへ頂いた、積もり積もった要望に関しては、今からしばらく取り組みます。

投稿者 BlogWrite担当 : 12:24 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月18日

HepCat 1.2.6b

HepCat 1.2.6b

プロキシの設定追加しました。

何も指定しなければ、Windowsの設定を読み込みますので、 インターネットオプションなどですでに設定されている方は 変更の必要はありません。頻繁にプロキシを切り替える方など ご利用ください。

あと、外部ブラウザーの指定で、エクスプローラーが開いてしまうバグも修正しました。

投稿者 BlogWrite担当 : 12:16 | コメント (2)

2004年06月14日

HepCat1.2.4b

HepCat1.2.4b

外部ブラウザーを指定できるようにしました。
記事タイトルリストを最大にし、ブラウザーを隠した状態を保存し、次回起動時に復帰するようにした。
チャンネルツリーで右クリックで選択可にしました。

投稿者 BlogWrite担当 : 14:15 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月12日

HepCat1.2.3b

HepCat1.2.3b

恥も外聞もなく、各所で触れられているHepCatについて勝手に要望取り入れています。

今日はここ。
  • 「[要約表示] にもJavaScriptや画像のセキュリティ設定が反映されるようにし」ました。
  • 「引用つきコピー」追加
  • 「内部処理速度&負荷のチューニング」
  • 「終了時にDBの最適化を実行」(オプション)

あと、
「[ツリーアイテム] のフォルダを選択したとき、[一覧表示] に記事を表示するかどうかオプションで選択できるように」 これは、ver1.2.1あたり(分からなくなっている...)で対応しましたが、オプションの文が分かりにくかったので、 「フォルダツリー」の設定で「選択フォルダ以下のサブフォルダの記事も一覧に表示する」という文に変えました。

「新規フィードを作るとき、[ツリーアイテム] のカレントのフォルダではなく、 RSS のショートカットをドロップしたフォルダ内に作れるように」しました。ver1.2.1あたりで..

まだ未対応な所もありますけれど...。 とりあえずという所で。 あとは、色々オプションなどを弄ってみてください。

投稿者 BlogWrite担当 : 17:50 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月11日

HepCat1.2.1b

最新のHepCatベータHepCat1.2.1bを公開します。細かくてもいいからバージョン番号を変えて欲しいという ご意見を頂いたのでVer番号をちゃんとします。

主な変更点は、

  • ツリーの新着未読の表示切り替え(オプション)
  • 記事のロック
  • 記事一覧のカラムをドラッグ&ドロップで移動
  • 要約がある記事にアイコン表示
  • タブのロックでブラウザーのページも移動しなくする(オプション)
  • マウスでタブ切り替え時にもアクティブなタブの色の切り替え(バグ修正:報告感謝!)

データベース管理ウィザードを付けたらやっとベータが取れると思います。 ただ、もっと更新時の効率を上げて更新スピードを上げられると思っているので、おいおいしなければと思っています。 あと、個別アイテム(チャンネル)の更新オプションが必須ですね…。

追記:
あと、BlogWriteとの連携と検索チャンネル!

投稿者 BlogWrite担当 : 19:27 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月08日

HepCat要望ランキングにお答え

この場をお借りして、 要望ランキング にお答えさせていただきます。

料金振込みを銀行振り込みだけでなく、もっと手軽にできるように(3)
はい、そうします。ただ、コンビニ支払いとかだと手数料負担が厳しい...のです...で値段の方へ跳ね返ってしまうかもしれません。

外部ブラウザにアドレス渡せるよう(2)
記事タイトル一覧で、「規定のブラウザーで開く」がご利用になれると思います。また、ブラウザーを隠す裏技を使って、規定のブラウザーで開くという方法もあります。 (ためしにグラデーションのかかったバーをダブルクリックしてみてください。)

Lunascape(IEコンポネート型のブラウザ)のようにお気に入りを完全にフォルダ単位までファイルとして管理できるようにして欲しい。(1)
元々、お気に入り整理ソフトとして開発されたと言うだけあって、お気に入りの管理の機能は素晴らしいですね。ただ、「フォルダ単位までファイルとして管理」というのが イマイチピンと来ないのですが...すみません。

6teen(1)
どうもありがとうございました。

blogへの書き込み機能。国内外のものに対応して欲しい(1)
こちらは、BlogWriteで対応させてください。 HepCatと一体化すると、色々どうかと思いますので、別ソフトでちゃんとした単体のソフトとして 完成させたいと思います。 現在HepCatをご購入の方には無料となりますので、ぜひ使ってみてください。 HepCatと連携ですが、HepCatで閲覧しているページから引用するための機能をHepCat側にちょっと追加するぐらいしか思いつきません...

他にもメールで、
「デフォルトでRSSがいくつか登録されていますが、登録する・しないが選択できた方がいい」
「要約と一覧のウインドウスクロールがリンクしてくれるとより使いやすくなる」
といった非常に貴重な要望を頂いております。
「要約と一覧のウインドウスクロールがリンク」の件に関しては、要約表示で記事をクリックすると、 記事タイトル一覧で該当する記事が一覧のトップにくるという風にしてみようかと思います。 デフォルトのRSSの方も対応するつもりです。

また、後日ABOUT画面に触れさせて頂く方からも非常に多くのフィードバックをいただいております。 皆さんのお陰でより良いツールになると良いと思っています。ありがとうございます。

投稿者 BlogWrite担当 : 22:03 | コメント (1) | トラックバック

HepCat1.2bの再更新

昨晩、お電話まで頂いたり、幾つか不具合をメールで教えていただいたりしているので(本当にありがとうございます)、 修正追加したHepCat1.2b更新アップします。

  • アクティブなタブの色強調(オプション)
  • 一つだけのタブを隠す(オプション)
  • タブのロック機能追加
  • 最大保存日数、最大保存記事数の設定
  • 記事一覧のフォーカス&選択のオプション追加
  • データベースの最適化メニュー

「データベースの最適化」について:
今回変更したデータベース、MS AccessのMDBは頻繁に追加、削除を行なうとデータベースが肥大化したりパフォーマンス が落ちてくるのが欠点です。(利点も沢山あるのですが...)そのため、たまにデータベースの最適化を行なわなければなりません。
とりあえず、「ツール」メニューに簡易最適化メニューをつけましたが、 後でデータベース管理&メンテナンスのウィザードに変更する予定です。

あと、特定の記事のロック(=フラグを立てる)と新着・未読の表示/非表示の切り替えはまた後日になります。

投稿者 BlogWrite担当 : 15:19 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月07日

HepCat 1.2b アップ

HepCat 1.2bが、バグのテンコモリだったため、Win98環境で鬼のようにデバッグをし、気合を入れてもう一度ベータ。
(やはり、徹夜で開発するものじゃありませんね…)

すでに、HepCat 1.2bを試された方は、新しいファイルに入れ替えてください。具体的な点は、Win98環境で更新中にHepCatを終了しようとするとタイミングによって落ちる、という致命的なバグがありました。他にも細かい修正がありましたので、ココロの平安のために更新してください。m(_'_)m

正式版に格上げするのは、もうちょっと様子を見てからにします。
ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

投稿者 BlogWrite担当 : 21:31 | コメント (0) | トラックバック

2004年06月06日

HepCat 1.2b データベース変更し高速化

HepCat 1.2bを 公開します。 HepCatの機能を向上させていく上で、最終的にデータベース機能が決定的に足を引っ張り始めたので、 内部的にデータベースの形式を変更することにしました。RSS等の設定データは引き続き取り込みますが、前のバージョンの記事ログは読み込まれません。 大幅な更新なので、まだ正式版ではありません。

今回記事を保存するデータベースを単一のMS AccessのMDBに変更しました。これにより、

  1. 要望の多かった、フォルダ内のサブフォルダも含めて全ての記事をリストに表示
  2. 検索及び、表示速度の向上
  3. スケーラビリティの向上
などが可能になりました。

またこれと共に、フォルダツリーのアニメーション表示を抑え、記事一覧(リストビュー)の表示方法を変え、 ツリーのダブルクリックの検知方法を工夫したので、体感速度は数倍~速いと思います。

細かい追加機能は、

  1. ツリーに、新着数に加えて未読数も表示させた。
  2. 記事リストにカテゴリーの欄を追加した。
  3. 要約の表示に、サイト名と受信日時を表示するようにした。
  4. 異なるチャンネルに重複する記事の新着、未読、既読の状態が連動するようにした。
  5. 記事一覧のソートを改良した。
  6. ツリーで、Ctrl+Down(矢印下)で、フォルダ内未読チャンネルへ移動

バグ修正は、

  1. いつのまにか、ブラウザーのプログレスバーが動いていなかった。
  2. JavaScriptの「close()」でなくて、「Window.close()」だとエラーが起きていた。
  3. ブラウザ内でタブが効いていなかった

もし、Accessをお持ちの方でしたら、クエリやレポートを作成したり、エクスポートしたり...とデータを色々 加工、再利用できるのではないでしょうか。ただ今の所、古い記事を削除していないので、どんどん溜まっていって しまう一方ですので、後了承ください....なるべく自動ログ削除機能を実装したHepCatを公開します。

なお、必要なくなった前バージョンでの過去記事のデータは、HepCatのフォルダ内の「Data」というフォルダにあります。必要なければ削除してください。

投稿者 BlogWrite担当 : 18:48 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月08日

RSSリーダー開発者の悩み

「不適切なRSS Feed」
という記事を見つけ、同じくRSSリーダーの開発者として興味深く読ませていただきました。

サポートフォーラムでの話題
と絡んでくるお話で、微妙で悩ましい話です。

HTMLでのタグの乱立から、ブラウザー戦争、変なHTMLページ乱立の後、標準化の動きが盛り上がったという歴史的経過から学ぶと、安易に仕様外の独自、または明らかな間違いに無理やり対処するのは結果として良くないのではないかと思っています。

ただ、短期的にみた利用者の利便性だけを考えると難しい所があるのですよね...。悩ましい...。

今の所、HepCatは記事中にあるいわゆる前者、


RSS Feedを厳密に解釈し、仕様に書いていない要素などは無視する

方針で、かつ、仕様の範囲内でならある程度カバーするようにしています(つまりちょっと緩め)。
また、取得するRSSのデータ形式(日付形式など)を信頼しすぎないようにもしています。


しかし現実的には、サポートフォーラムでの話題にもあるように、仕様を曲げて、利便性をとって欲しいといったご意見もあり...

あぁ、頭が痛いです。

投稿者 BlogWrite担当 : 15:30 | コメント (2) | トラックバック

HepCat1.0.7

1.0.7

今回までの変更点は、

・セキュリティのオプション追加
・フォントのオプション追加(お電話ありがとうございましたm(_'_)m)
・記事要約が無かったら記事一覧のシングルクリックでも、ページに飛ぶオプション追加
・他(マウスホウィ-ル回転でタブ移動の方向逆にしたとか...)、です。

Ver2 になったら、インターフェースをオーバーホールして、
内部的にもごっそりDBエンジンを変更するかもしれません。

投稿者 BlogWrite担当 : 12:47 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月02日

HepCat 1.0.1(コメントエディタ&履歴管理とか)

HepCatを1.0.1に更新しました。

内容は、

○コメント管理機能
コメントをしたサイトのアドレスと内容を保存、管理します。
(コメントエディタとしても使えると思います)
○古い記事は残さないオプション
一度に100件以上の新着記事あるようなサイトで、処理が遅くならないようにするため。
○新着件数を表示する
フォルダまたは、全更新をかけた後に新着記事数をPOPUPバルーンでお知らせします。
○ログ削除
アイテムのログを削除します。
○TreeViewのアイテムのドラッグ&ドロップ移動(上下移動)


などです。

投稿者 BlogWrite担当 : 15:01 | コメント (0) | トラックバック

2004年04月29日

HepCatの正式版の公開開始しました

長い間お付き合いくださいましてありがとうございます。

HepCatの正式版公開開始しました。

これにより、試用期間として2週間+αお使いになれます。
それ以降は、ぜひご購入くだされればと思います。

何故今、正式版の公開に踏み切ったかといいますと、HepCatは現段階で、基本的な機能はある程度網したと考え、今後、より細部に渡った使い勝手を追求してゆく準備が整ったと判断したからです。

具体的には、
1.キーワード追跡
  キーワードを登録して、マッチした記事を集約する。
2.コメント履歴の保存、管理機能
  色々なサイトで、コメントの投稿をした履歴を管理できる機能
3.リソースの管理機能(ウェッブページや画像等の取り込み、管理、編集)
  ネタ帖のようなもの。(例えば紙Copiのような)スクラップソフト。
4.個々のアイテム(チャンネル)の詳細な設定


それ以外にも積極的に要望などを取り入れてゆきたいと思っています。
まだ、開発が終わった訳ではありません。これからです。
ご購入された方、試用中の方に関わらずお気軽に質問や要望を頂けたらと思います。

さらに、HepCatをご購入いただいた方には、今後公開する予定のBlog関連のソフトなどの大幅な割引(もしかしたら無料)もさせていただく予定です。

投稿者 BlogWrite担当 : 14:06 | コメント (0) | トラックバック

2004年04月19日

HepCatバグ修正

個別記事の要約表示
 ブラウザーに個々の記事の要約を表示する際、エスケープ関係の処理でバグ。(画像やらリンクなどが正しく表示できなかった。)
 さらに、Content:Encodedがあれば、そちらを取得するようにしました。

ツールバーのツールチップ表示(保存アイコンのみ)が間違っていた。
 (印刷になっていた)

要約にiframeタグが含まれていた場合、メインブラウザーがiframeのページに
飛んでしまったバグ。


以上の修正を行ないました。
なお、 バージョン番号は変えていません。


ご報告&ご指摘ありがとうございます。m(_'_)m

投稿者 BlogWrite担当 : 03:08 | コメント (0) | トラックバック

2004年04月14日

HepCat b22

今回の更新内容は、検索機能の見直しです。

複数のワイルドカードで検索できます。
日本語が通ります。
前より早いです。
サブフォルダ含むか否かのオプション追加しました。

バグ修正:
HepCatのタイトルでURLまたは、ページタイトルを正しく取得でき無い時があったバグ修正。

ブラウザーを非表示にして他のペインもすべて非表示に出来てしまうバグ修正。

------
幾つかの雑誌から、付録依頼がきているので、5月号か6月号で雑誌の付録として収録、紹介されているかもしれません。

投稿者 BlogWrite担当 : 06:47 | コメント (0) | トラックバック

2004年04月09日

HepCat b21 マウスジェスチャ搭載

マウスジェスチャを搭載しました。

動作のオプションが少ないかもしれませんので、要望次第で追加したいと思います。

投稿者 BlogWrite担当 : 22:45 | コメント (0) | トラックバック

2004年04月07日

HepCat Beta 20 ....

今回の機能追加は、指定したFeedの更新通知です。

更新頻度は少ないけれど、見逃したくないサイトってありませんか?

ツリーアイテムの右クリックで「編集」ー>「新着があったら知らせる」のチェックをオンにしてみてください。

自動更新やフォルダ以下全更新をした後、もし新着記事があれば、通知ウィンドゥが表示されます。

投稿者 BlogWrite担当 : 10:33 | コメント (2) | トラックバック

HepCat beta19

テスターの方からのバグ報告により、検索窓(ペイン)廻りの修正。

追加機能として、オプションで、ブラウザー部に要約を表示するようにしました。

富豪的プログラミングで、必要なメモリの量の事は横に置いておきます...

投稿者 BlogWrite担当 : 06:51 | コメント (0) | トラックバック

2004年04月06日

HepCat Beta18

HepCat beta 18。

公認ベータテスターの方からの要望「BulkFeedsとの連携が欲しい。」
と言うわけで、検索窓(ペイン)追加しました。
お気に入りが表示される、サイドバーの位置に検索窓(ペイン)が表示されます。


同じく、テスターの方からの要望で、タブをミドルクリックで閉じられるようにしました。

他にも、幾つか細かい修正しています。

以上です。

投稿者 BlogWrite担当 : 22:33 | コメント (2) | トラックバック

2004年04月05日

HepCat Beta 17 更新

HepCat b17 に更新です。

一昨日、HepCat16を更新しようとした時、FTPサーバーが落ちて、HepCatのインストーラーを途中までしかアップロードできませんでした...
インストーラーが壊れてるとの報告いただき、ありがとうございました。
(来週にも、新しいサーバー会社に移行する予定です。)

今回のアップデートは、設定項目の追加とバグ修正と、細かな調整です。

投稿者 BlogWrite担当 : 08:57 | コメント (0) | トラックバック

2004年03月29日

HepCat beta16 - FOAF

HepCatベータ版第16回目の更新です。

今回は実験的にFOAF(”友達の友達”については... 注:末尾のリンク)
に対応しました。

閲覧中のサイトで、FOAF形式のファイルを発見すると、アイコンでお知らせし、クリックで分かりやすく表示します。

さらに、要望いただいていた、「FeedDemonのようにマウスカーソルのあることころを検出してクリックなしに、その下のウィンドウをホイールでスクロールしてもらいたい」...にオプションで対応いたしました。”ドコデモホゥィ-ル”と言います(嘘。


FOAFリンク;

FOAF Project(英)
XMLウォッチ: XMLとRDFによる友達の検索
FOAF(日本語)
FOAF -- メタデータによる知人ネットワークの表現(日本語)

投稿者 BlogWrite担当 : 16:37 | コメント (4) | トラックバック

2004年03月27日

HepCat b15...

HepCatベータ15です。

SharpReaderのOPMLを読み込めなかった不具合を修正。

一部のAtomフィードへの対応強化...(XSLTファイルの不具合)

以上です。

投稿者 BlogWrite担当 : 17:12 | コメント (0) | トラックバック

2004年03月25日

HepCat Beta 14

昨日更新したばかりですが、またRSS リーダーHepCatの更新です。

タブ関連の機能充実とXSLTスタイルシートのバグ修正です。

RSSやAtomの要約を表示するXSLT StyleSheetで、RSS 2.0に対応し忘れておりました。
(RSSの2.0を取得しても何も表示されない)

これで、RSS 0.9系列とRSS1.0、RSS2.0、さらにAtom0.3にも対応したはずです。

一つのXSLTで一通りメジャーなフィードをHTMLに変換できます。

以下のファイルを更新しましたので、独自にカスタマイズされた方は、お手数ですがバックアップをとってからバージョンアップをしてください。
Stylesheet\default.xsl
Stylesheet\default2Columns.xsl


XSLT StyleSheetとは、RSSやAtomなど、XML形式のファイルをブラウザーで表示するHTMLなどに変換するためのモノです。

投稿者 BlogWrite担当 : 07:24 | コメント (2) | トラックバック

2004年03月24日

要望「全RSSのヘッドラインをまとめて一覧表示で見たい」について

しばらく前から「全RSSのヘッドラインをまとめて一覧表示で見たい」という、要望をいただいているわけなのですが、HepCatの標準(デフォルト)の動作としては好ましくないのではないか、と考えています。
というのも、全RSSのヘッドラインとなると、場合によっては数千から万の単位のヘッドラインとなることがあります。
この場合、全てのデータを読み込むので、PCのメモリを大量に消費します。最新のマシンでメモリもたくさん積んでいる環境では問題ないかもしれませんが、場合によって古いマシンなどで問題がでてくる可能性があります。他のソフトにも影響が出かねません。
HepCatは常駐もできる、軽いソフトを目指しているのでなるべく、
”前ヘッドラインを一覧表示するのは避けたい”という所なのです。

もっとも、最上位のフォルダで”*”または空文字列で検索すれば、全RSSの一覧が出来上がります。
もし、さらに要望があれば、なんらかのオプションで設定できるようにするかもしれません(新着にみ一覧など...)。要望お待ちしています。

この件はちょっと残念ですが、今後も皆さんの要望に最大限応えて行きたいと思っています。

投稿者 BlogWrite担当 : 00:56 | コメント (2) | トラックバック

2004年03月23日

HepCat Beta13 に更新

HepCat更新しました。

ツールバーの配置を覚える。
ブラウザ部を1クリックで最大化&戻すボタン追加。
検索した場合、新着表示が消えないバグ修正。
ブラウザーのタブにサイトのタイトルとURLをツールチップ(ヒント)で表示。
検索条件指定時のバグ修正。
ページを表示時にRSSやAtomへのリンクを検出した場合(AutoDiscovery)ツールバーのとステータスバーのアイコンで知らせ、ツールボタンクリックでフィードを追加できる機能追加。
その他、多数改良。

検索の制限発見:
ダブルバイト文字で検索できません。つまり日本語NGです。(解決方法を探っています。)

投稿者 BlogWrite担当 : 23:37 | コメント (0) | トラックバック

2004年03月14日

HepCatに検索、絞込み機能

HepCatの開発、ちょっぴり更新に間があいてしまいました。

色々コメントを頂きまして、ありがとうございます。お返事が出来なくて申し訳ありませんでした。

#特に、お電話いただいた名古屋のK様、激励いただき感激しました。

さて、ご報告いただいた、
「要約一覧の表示欠落」および、幾つかの修正と、試験的に「検索、絞込み」機能を追加したHepCat Beta 11を公開させていただきます。

コメントいただいた、「小さいアイコン」、しばらく小さいので試してみます。

ツールバーの位置の保存とカスタマイズは、次回の更新とさせてください。

「Proxyを使えるようにしてほしい」とのコメントをいただきましたが、HepCatでは初めから対応しているはずです。HepCatは、Feedの取得をIE...というか、Windowsの設定でProxyを使います。
今一度、ご確認ください。

「ブラウザのアイコンに(ディレクトリの)上へを追加してほしい」
これは、...アイコンが出来次第、追加するかもしれません--


ご感想いただけたら幸いです。

#そろそろ、サポート掲示板を設置したほうが、良さそうです...

投稿者 BlogWrite担当 : 20:08 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月20日

HepCat 便利な機能~Tip1

要約一覧やRSSのツリー表示の立体的になっている部分、またブラウザーのツールバーの空きスペースをダブルクリックすると、レイアウトを瞬時に変更できます。
例えば、ツリー表示のバーをダブルクリックすると、要約一覧の表示・非表示を切り替えられます。
ツールバーの空きをダブルクリックすると、ブラウザー領域が大きくなります。

投稿者 BlogWrite担当 : 06:08 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月18日

HepCat Beta9 RSSやATOMで整形表示

RSS/Atom リーダーのHepCat更新しました。

要望頂いた、
content:encodedに対応し、RSSやATOMで段落表示や画像などが表示されるようになりました。

また、同じく要望頂いた「バージョンアップ時に登録したアイテムをデフォルトの登録内容で上書きしない」ようにインストーラーの設定をしました。(せっかく登録したのに、上書きで消えてしまった方、すみませんでした。)

あと、「はてな」や2chへの対応ですが、これはRSS/ATOMリーダーで対応するものではなく、何らかのレイヤー層で行うものであると考えます。

つまり、2chの場合、情報を取得してRSS形式に変換するサービスと連携してRSSリーダーでRSSを取得する、という形がベストと考えます。
あるいは、2chに特化した2chブラウザを使用するのが機能的にも満足できるものと考えます。
また、いつ2chがRSSを出力するか分かりませんし。

はてなのほうも同様ですが、すでに一部のはてなダイアリーではRSSを直接配信しているようです。

例えば、
ここなどで、HepCatのメニューの、「ツール」ー>「表示ページからフィードを探す」を実行してみてください。

投稿者 BlogWrite担当 : 18:35 | コメント (5) | トラックバック

2004年02月15日

Atom Auto Discovery テスト スイート

Auto Discoveryとは、通常のHTMLのウェッブページ内にRSSやAtomへのリンクを埋め込んでおいて、それを種々のアプリケーションが見つけて利用できるようにするための決まり事(仕様)です。

Atom autodiscovery test suite でこの仕様に対応しているかどうかテストできます。

HepCatは、XHTML1.0とHTML4のそれぞれ56のテストにすべてパスしました。
拡張子がRSSやRSF、XMLなどのリンクも探すので、これでおそらくまずほとんどのRSSとAtomフィードを発見出来るでしょう。

ただ、今回はXHTML1.1のテストは確認できませんでした。
というのも、IEの「MIMEタイプが『Content-Type: application/xhtml+xml』のものをダウンロード(保存)しようとする」という習性(バグ)のため。

「ツール」ー>「表示ページからフィードを探す」でAuto Discoveryを試すことが出来ます。

投稿者 BlogWrite担当 : 05:13 | コメント (0) | トラックバック

HepCat Beta8 公開

このままだと、Beta16
などとなってしまいそうですが、どうか辛抱強くお付き合いください。

今回の修正点、追加点は以下の通りです。

1.ヘルプを添付した。
インストールするとヘルプが入ります。まだ非常に簡単な物でしかありませんが、記事の閲覧方法やRSS、Atomの追加方法を説明しています。

2.表示中のページからRSSなどを発見する(Auto-Discovery)機能を大幅に見直し+α。フィードを複数検出した場合などに対応するため選択式にしました。

実際には、Auto-Discoveryだけでなく、ページ中の「.XML」や「.RDF」の拡張子で終わるリンクも対象にしています。

その他にも、細かいバグ修正をしています。

投稿者 BlogWrite担当 : 00:04 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月12日

RSSの添付と自動巡回とサーバー負荷

Hail2Uさんのブログ
RSSリーダーがRSSを取得する際、RSSの更新時間を元にRSSを新たに取得するかどうかのお話。
更新してなければ何もしないので、RSSを配信しているサーバーに余計な負担をかけない。

IM::Memo(InfoMakerさん)のブログ
RSSリーダ頒布時にRSSフィードをデフォルトで入れる事の問題点。

どちらもサーバーへの負荷への配慮についてです。

HepCat作成しながら、頭の隅で考えつつ、今回は特に考えさせられました。

実はHepCatに自動巡回の機能を未だに実装していないのはそのためでもあります。個人的にも好きではありません。

安易に自動巡回1分おきなどとされたら、ちょっと問題です。しかし利便性を考えると自動巡回もせざるを得ないので、最短でも30分間隔は置かないと自動巡回しないように作りたいと思っています。


RSSリーダー頒布時に大量のフィードを入れる事の是非ですが、これは難しい問題ですね。ユーザーの利便性を考えると...

とりあえず、RSSフィードは登録されてるが、デフォルトではオフになっていて意識してオンにしないとRSSを取得しない、などの工夫が必要かもしれません。また、OPMLファイルにして、任意に追加できるようにするのが良いかもしれません。

追記:
はてさて、トラックバックはどう送るんだっけ(笑

投稿者 BlogWrite担当 : 22:15 | コメント (0) | トラックバック

HepCat beta7

HepCat Beta7 公開。

そろそろ、Last-Modified をHepCatでチェックしても良いかな..と思ったので。今回ヘッダーにIf-Modified-Since を入れた。

ダイアルアップなど、通信が遅い環境では多少早く感じると思います。
あと、相手サーバーにすこし優しい。

RSSフィードをいくつか提供してもらってるHail2Uさんの所でも、
RSSにLast-Modifiedヘッダを付けてみる ともある。

しかし、Last-Modifiedを吐いてくれるところばかりではないのが...

(例えば怠け者の自分が作った某所のCGIとか)

投稿者 BlogWrite担当 : 10:30 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月07日

HepCat beta5

HepCat Beta5公開しました。
同じBeta5でも二回ほど更新してます。


追加、変更は新着記事数の表示まわり:
新着数を次回まで記憶等です。
あと、細かい所...

投稿者 BlogWrite担当 : 17:17 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月25日

Atom 0.3 形式のFeed

Atom 0.3 形式のFeedに対応。

MTの吐き出すAtomでとりあえず確認。

AtomのFeedには、HTMLのタグが含まれる。HepCatでは要約を表示させる時、HTML表示をする。
今回はそのままXSLT変換でHTMLにしているため、Atomに埋め込まれた画像などが表示される可能性がある。
また、スクリプトなども実行出来てしまうので、IEのセキュリティが甘い人は、
今一度セキュリティの設定を見直してほしい。

投稿者 BlogWrite担当 : 19:53 | コメント (0) | トラックバック