2006年12月05日

REPSとSEO(検索エンジン最適化)

不動産物件検索CGIのREPSを、よりSEO(検索エンジン最適化)に適した方法でご利用いただくためのノウハウをご紹介したいと思います。

SEOの基本は、1)他の多くのサイトからリンクされる事。2)検索キーワードを意識したページ作り。などがありますが、今回は、REPS固有の方法に限ってご紹介したいと思います。

REPSはカスタマイズが自由な為、ご利用方法やカスタマイズの仕方によって、よりSEO(検索エンジン最適化)効果が異なってきます。特に、検索システムという特性上、検索ボタンを押さないと物件詳細ページに辿り着けないため、検索エンジンにインデックス(ページが登録される事)されないという事があります。

検索エンジンにインデックスされるためには、ページを収集して回る、検索エンジンのスパイダーにも親切なサイト構成にする必要があります。具体的には、REPSの検索結果の一覧ページへのリンクを作っておくと、そのリンクを辿ってスパイダーが巡回して、個々の物件詳細ページを検索エンジンに登録してくれる事になります。

例えば、「ワンルーム・1LDK 」などのリンクを幾つか作っておくと良いでしょう。

さらに、物件詳細ページで、検索される事を意識した単語を物件の紹介にうまく利用する事も意識してください。具体的には、「宣伝文句」の項目を活用して、HTMLタグではH2などを使って強調します。

細かい点ですが、REPSをカスタマイズする際に、以上の点に留意していただくと、より集客効果があると思います。

投稿者 HepCat : 11:41